「普通のオージービーフ」を普通に焼いて食べたら美味しかった

冷凍庫の奥の方から普通のオージービーフのステーキ肉(サーロイン)が一枚だけ出てきました。価格的にはキロ単価120リンギぐらいの普通のステーキ肉。

解凍したら色も悪くあまり美味しそうでもないので、いろいろ手を加えることもなく、低温調理もせず、焼くのも普通のフライパンで焼いてみました。

薄かったのでうまく焼けていませんが、真ん中はレアって感じでしょうか。

普通に美味しかったです。全く問題なし。オーストラリアでこれまで普通に食べていたステーキと同じ。

これを食べながら思いましたよ。いつも肉がどうじゃの焼き方がどうじゃと書いていますが、それに拘るメリットってどれほどのものかと。

私は基本的にはこんなステーキで十分幸せになれるのを確認。(笑)

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ