我が家のクリスマスイブの御馳走

クリスマスイブは皆さんいかがお過ごしでしたでしょうか。

我が家は平常通りで何の変化もありませんでした。

そもそも長年暮らしたオーストラリアでもクリスマスはお祭り気分ではなくて、遠くに離れていた家族が実家に帰ってきて、皆で静かに過ごすという感じでした。お祭り気分だったのは子供が小さいときだけ。

さて今年のクリスマスですが、年末年始もシドニーの次男坊が来るわけでもなく、いつもよりか静かです。予定らしい予定もなく、元旦には両親のところに行き、新年の挨拶をして、ご先祖様にお線香をあげるだけ。

クリスマスイブですが、どこかに食事に行く?という話も出ないし、毎日が日曜日の生活ですから世の中が騒がしい時にはじっとしているというパターンも定着し、全くいつもと変わりない生活をしています。

でもやっぱりクリスマスイブ。

ご馳走を食べたいわけじゃありませんが、本職のヨメさんが「何もしたくないモード」に入っていますので、私がなにか作るしかありません。

ということで、ダボ作、2018年クリスマスイブの我が家のご馳走は・・・・

ジャジャーーン。

これです。これ、(私の)一人前ね。(笑)

餃子は「完全食」だと思っていまして、これだけ食べれば野菜も肉も炭水化物もあって完璧。

他のものはいらないのだ!!

ということで餃子だけ。スープも無し。餃子だけでは満足できなければ各人、勝手に好きなものを作れというクリスマスイブ。

でも餃子。美味しい~~~~~~。

これだけで私は幸せ・・・・・。

手を合わせて「いつも有難うございます」と見えない何かにお礼を言ってみたクリスマスイブ。

 
 
 

No tags for this post.