【必見!!】目覚めはじめた「韓国」の【反】反日主義者たち

韓国って本当にまぁ、昔から言いたいことを言って、あれもこれも全部日本が悪くて、俺達は被害者だから謝罪しろ、賠償しろの大合唱。

それも文政権になってから拍車がかかって、狂っているとしか言いようがないと思います。

でも、これっておかしいだろうよと考える「韓国人」もいて、反日に反対する【反】「反日主義者」の動きも大きくなってきたとのこと。

8月15日には反日(反安部)集会がありました(報道された)が、それを上回る10万人規模の【反】「反日」の集会があったとのこと(報道されない)。この10万人規模ってかなりすごくて、前のクネさん打倒の大規模集会以来の人数だとのこと。その集会ではアメリカの星条旗や日の丸も振られていたとのこと。

ただその人達が親日かというとそういう意味じゃなくて、反日ばかり叫び、嘘の情報、大げさな話を広げて、何が何でも反日だというのは「差別主義」でしかなく、それは「その考え方が韓国を滅ぼす」と。だから「韓国のために反日をやめろ」と。

そして「真実を知れ」と。

良いこといってくれるじゃないですか~~。慰安婦像も徴用工像も建てるな。徴用工への保証は韓国政府が行なえと。

この人達は「慰安婦」「いわゆる徴用工」に関しても、我々、多くの日本人と同じ考え方を持っている。それは事実を知ったからということですね。

この運動の中心人物の学者は、かつても「真実を知れ」と立ち上がったことがあったらしいけれど、周りに潰されてしまった。でも今回は「もうどんな脅しにも屈服しない」とやる気満々。彼が「史実を明らかにした」書籍を出版したというのは数ヶ月前に聞いていましたが、どうせ無視されて終わりだろうと思っていたのですが、そうではない様子。

彼の書籍「反日種族主義」は隠れたベストセラーになっていると。

この【反】反日の動きは日本では一切報道もされないけれど、こういう動きがあり、それが大きく広がりつつあるということを私達は知っておくべきだと思いました。

また反文政権の保守派もそれなりに頑張っているし、軍人OB達も文政権を倒そうと奮闘しているのは聞こえて来ていましたが、その動きが広がっているようで、なんと「反ムン・ジェイン」の「下野しろ」という署名が6月から始めてすでに300万人集まっているらしい。これを10月までに1000万集めて、12月には大規模集会を計画しているらしい。

その説明をしているのは、韓国・北朝鮮事情には非常に詳しく、そして「拉致被害者救出」には長年尽力している、現代朝鮮研究者。麗澤大学客員教授。公益財団法人モラロジー研究所歴史研究室長の西岡力氏。

1:23:20辺りから。

この中で語られている「韓国における反日の歴史」の内容が年代によって違うのも我々は知るべきだと思いました。かつては「なぜ日本は韓国の反共に協力しないのか!」という反日だったと。その後、「経済協力を得るため」に使われ、「大統領の支持率を上げるために」に利用され、そして今は「北に寄り添う左翼の扇動」に乗せられていると。


 
香港の運動にアメリカ、イギリスが関与しているとしたら、当然、韓国のこの動きも放置ってことはないでしょうね。「北との統一」を悲願とする左派と、自由民主主義を守りたいという保守派の戦いなんですから。

日本としても、「あんな韓国は放っておけ」ってわけにもいかないんでしょうねぇ。まさか38度線がなくなって「対馬」が防衛ラインになったら大変なことになる。ましてや核ミサイルを持っているんですから。ただ日本で「関係改善」を言う人達は、「左翼のそれ」と「保守派のそれ」とは全く意味が違うのも理解する必要があるんでしょう。

文政権には言いたいだけ言わせておいて、やることは粛々と進める安倍政権はまさに文政権の内部崩壊を待っているんじゃないですかね。だから今の時点で手を緩めることはあり得ないはず。安部さんがいやに強気なのも、文政権が「日米と手を組む気がない革命左派政権」であるのを確信したからだろうし、当然、その見解はアメリカと共有しているはず。

しかしまぁ、韓国国民って扇動に乗りやすい人たちだと思いますわ。熱しやすく冷めやすい。そして、都合が悪くなると自分たちが選んだ大統領を平気でこき下ろす。ただ、私は韓国が漢字を捨ててハングルのみになったのも大きな影響があると思うんですよ。漢字で書かれた過去のことは大学生でも学べないらしい。ハングルで書かれた現代のものは内容が・・・。

そもそも韓国の憲法前文に書かれている「国の成り立ち」が変だと思う。

悠久な歴史と伝統に輝く我々大韓国民は、3・1運動で建立された大韓民国臨時政府の法統と、不義に抗拒した4・19民主理念を継承し、祖国の民主改革と平和的統一の使命に立脚して、正義・人道と同胞愛で民族の団結を強固にし・・・・

 
でも日本国憲法よりは良いと思ったり。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。

 
これって(日本以外の)諸国には「公正と信義がある」という前提で、国際社会は「平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている」ことになっている。まさに戦勝国が「悪の権化の日本」に押し付けたのが丸見えじゃないですか。

つまり、悪いのは日本だけです、すいません。あなた達のいうことは何でも聞きますというのが我らが日本の「憲法前文」。

これって憲法であるからして、ありとあらゆる法律、その運用もこれに従っている。それが今でもそうなのが問題だと衆議院議員の松原仁氏は力説するけれど、真面目な人ほど「世界に従うべき」という考え方になるとのことで、公務員や教育者のなかにはそういう人が多いと。私達保守系が彼らのことを「反日」だと感じるのは大間違いで、彼らは単に真面目なだけなのかもね。

私は実は「9条」よりこの前文が問題だと思っていて、この大前提があるから9条もああいうふうになるんだろうと思っています。

日本人って外国人に弱くて、劣等感を抱いていつもヘラヘラするから、この憲法前文とは親和性があるのかもしれないなんて冗談じゃなくてそう思う。そして日本には幼児性が間違いなくあると思っていて、「悪いことをしてはいけませんよ~。みんな仲良くしましょうね~~」「は~~~~い」みたいな感覚ってあると私は感じます。

だからやっぱり「憲法改正」をして「日本が主人公の憲法」を作るべきだし、「東京裁判史観」を変えないと、私には日本の未来はないと思いますわ。

でも頼みの綱の安部さんも本当に憲法改正をする気があるのか怪しいし、前に言ってた自虐史観に関しては今はもう忘れちゃったみたい。

このままの日本が未来永劫続くんですかね~。

日本が戦争に負けて「日本という国が残っただけでも有り難いと思え」って、祖国を一時期消された韓国人に言われそうだわ。きっと朝鮮半島の全員、中国人もそう考えているのかもね。う~む、世界がそう見てる?口には出さないだけで・・・・。

日本のせいで多くの人が死に、他国も恒久的な障害を負わされたのと同じで、だから日本は未来永劫、反省し、謝罪し、世界に貢献せよってか?う~~む、そういう風に信じている人って多そう。鳩ぽっぽもそうだろうし。

だから日本が韓国に尽くすのは「義務」であって、彼らは決して「感謝」はしない。する必要もない「当然の権利」ってことか・・・。

そしてそれを利用するのが左翼運動家たちであり、左に限りなく傾倒してしまった日本のメディアなんでしょうねぇ。いつも「人権」だの「自由」だの大騒ぎするくせに、それは仲間内の場合だけで、保守系には平気で弾圧を加える。これも彼らに言わせれば「正義」なんですかね。どうしてそんなダブルスタンダードが通用すると思うのか、とっても不思議。

でもま、ちょっと前までは「国益」という言葉を使っただけで右翼扱い。でも今は「国益を考えるのは当たり前」となってきたのは、日本にも変化が起きているんだろうと思う。

-----(後記)-----

この【反】「反日」本である「反日種族主義」の著者が8月16日の「BSフジ プライムニュース」に出演したらしい。それに関するニュース。

これぞ韓国の「反日種族主義」の“病”か 異色研究者らが喝破した“隣国の歪曲”と新たな「革命的動き

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ