春節の休暇が終わると「世界中に肺炎が広まる」なんてことはないんだろうか

2003年のSARSではかなりの人が亡くなりましたが、今回は?

こういうことがあっても「自分は大丈夫だろう」なんて思いがちですが、今回はなんだか気になります。SARSで大騒ぎをしたのに、相変わらず中国は情報を出し渋っているどころか「デマを流すと逮捕する」なんてことも当初、言っていた。




またタイミングが悪いですよね。だって春節の休みに入って「中国人の大移動」が起こる時期。

春節の休暇は「春節の前日から1週間」ということらしいですが、春節は1月25日だから「1月24日~1月30日」ってことですかね。

マレーシアにも「コロナウィルス感染者」がごっそり入ってくるんだろうか。あるいは中国に行ってもらって帰ってくるとか?

我が家はこの期間は「人が多く集まるところ」には行かないようにするつもり。Grabを使うのも控えようか。閉鎖空間が怖い。って、心配し過ぎだろうな。(笑)

去年の11月ですが、息子が彼の友人とブキビンタンで朝まで遊んで帰ってきた時に「風邪をもらってきた」様で、それが私にもヨメさんにも感染して酷いことになりました。ヨメさんは一ヶ月以上ゲホゲホやっていて、こりゃ病院に行ったほうが良いかな?と思った頃にやっと収まった。

昔から「香港には世界中の病気が集まる」と言われていて、それと似たようなイメージを私はブキビンタンに持っているんですよ。感染病が広がるとしたらあの辺りからだろうと・・。ホテルやショッピングモールは大丈夫なんだろうか。

そういえばSARSの時に「同じコンド内で感染した場合、【感染者の上下の階】に広がった」との話を聞きました。下水管を通して蔓延したんでしょうね。それも怖いので、排水溝があるところにはしっかり水を流して「U字管」、【S字トラップ】にしっかり水を流して貯めておこうと思う。

これの水が蒸発するとすぐ匂いが回ってくるコンドだし。(笑)


マスクは家にあったかなぁ・・・。
 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ