エイズ治療薬が「改善に役立つ」のを【日本でも確認】&その他の情報

タイで「エイズ治療薬」と「インフルエンザ治療薬」を患者に投与したら劇的な改善があったとの報告がありましたよね。

日本でも「エイズ治療薬」を投与したら【解熱・倦怠感改善】などの傾向が見られたと日本の国立化国際医療研究センターが報告。

今後の治療法として期待されているとのこと。


これは東京での医療関係者が集まった会合での発表。

巷にはいろいろな噂、デマも含めて情報が氾濫していますが、こういう専門家の集まりで何が話されているのかを知るのは大事だと思いました。

ただ私はへそ曲がりですし、「権威ある人の話し」をそのまま受け入れるタイプではなく、それも「多くの情報の中の一つ」としてしか聞きません。

特に今回はWHOと中国との関係がはっきり見えましたし、昨今言われている国連の問題にしても「事実」とは別に「政治が必ず絡んでいる」わけで、信憑性としては「巷の噂よりは良い」程度にしか考えていません。でも当然、無視するべきではないと思う程度。

アメリカは初動が早かったですが、もしWHOや中国の発表を鵜呑みにしていたらあれだけの動きはできなかったはず。

ではアメリカは何を基本に動いていたのかに関しては、2019年に専門家が集まったオープンな討論が可能なフォーラムで「南米から強力なコロナウィルスが世界に向けて感染が広まったらどうなるのか」、そして「どう対処すべきか」という話が徹底的に議論されていたとのこと。これの中心になったのは「ジョンズ・ホプキンス大学、ビル・ゲイツ財団」。

まるで今回のコロナウィルスの蔓延を予期していたような内容。英語です。


この動画はフォーラムで話し合われたハイライトで、詳しい内容は他の動画で5本出ています。「Event201」で検索すると出てきますが、このチャンネルです。(ここをクリック)

ジョーンズホプキンス大学は今回のコロナウイルスの蔓延状況をリアルタイムでサイトで出しているのは前に紹介した通り。(ここをクリック)

アメリカはこういう専門家によるシミュレーションを軽視せずに参考にしたと言われていて、「アメリカ独自で判断を下す」ところは大したもんだと思いました。これが「国、国民を守る政治力」じゃないんですかね。

私が見ている限りでは、日本は「専門家に丸投げ」のように感じます。政治家のリーダーシップがあるとは思えない。でも状況がひどくなってきた今、安倍さんもいろいろ決断をしていますが、動きが遅いような感じを受けています。

「責任を取りたくない」というのは政治家も専門家も同じで、そのしわ寄せは国民に来るってことだと思います。

この傾向は日本は強いと思っていて「権威主義」が蔓延していると思います。

だから専門家や政治家が言いたいことが言えない雰囲気は常にあるんじゃないかと。(中国に肩入れしているのが見える)WHOの動きを見ながら判断しているように思えます。その分、専門知識もない評論家が言いたいこと言ってそれが巷に蔓延しているような。

私が常にウォッチしている百田尚樹氏、有本香氏、上念司氏も好き勝手に「政府はああしろこうしろ」と喚き散らしている感じを受けます。

彼らはジャーナリストではなくて評論家であるから好きに言うも良いのかもしれませんが、「これが国民の心配することだ」というレベルを超えて、「政府にああしろこうしろ」と上から目線で、「自分は事実を元にそれを言う」という自信過剰さを感じました。「提言」のレベルを超えている。

では全く彼らが頓珍漢かというとそんなこともないわけで、彼らの意見も私は重視していますが、最近は「煽りすぎ」なのを感じます。

百田尚樹氏に関しては、「まぁ、彼の言うことだから・・」みたいなところはあるのですが、有本香氏に関しては近年、ちょっと行き過ぎなのを感じます。ま、皆さん「自分の頭の中に作ったストーリーを信じ切っている」という意味においては、同じなのかもしれないけれど、鵜呑みにしたらうまくないのはいつも感じています。

それとちょっと気になった「中国の動き」です。

今回のコロナウィルス蔓延で、中国が最高意志決定機関としての新たな部署を設置しましたが、そこに「医療関係者が入っていない」、「メンバーは公安、宣伝、外交」、そして「こういう部署のトップは習近平がなるのに、これに限っては李克強首相」とのこと。

この人選から、中国が考えていることがわかると。

わかりやすい説明動画を出しますが、この内容は他の中国ウォッチャーも言っていました。ただ「こういう見方もある」ということで留めるべきかと。判断するのは我々個人。


また驚くほどの短期間で作った病院は牢獄のようであるし、臨時に作った体育館などは病院ではなくて単なる隔離施設であるということ。ま、医療が崩壊している武漢、湖南省ではしょうがないのかもしれませんが・・。

病院が次々に出来ているような印象がありますが(政府は臨時病院を11箇所増やすと発表)、「ここは病院ではない。医療設備もない隔離施設だ」と責任者が民衆に説明している動画もありました。


そこに入っている人が出した動画。

中にはトレイも無いし(200メートル離れた外にある)、薬もない。助けてくださいと。


爆発的に感染者が増えればこうなるであろうことはどの都市、国でも同じでしょうが、マレーシアは大丈夫かな・・・・・

 
 
 

No tags for this post.