【トレード】市場の下げの原因は「コロナウィルス」だけじゃない

世界市場の混乱に注目している方は少なくないと思いますので、いろいろ書いていこうと思いますが、「現在の大暴落」はコロナウィルスが原因だと思うと見間違うと思っています。

私は市場がコロナウィルスに過剰反応していると考えているのは前に書いたとおりで、ヨーロッパがあんな状態でもそう思っています。

これに対して全く違う考え方もあると思いますが、ちょっとそれは横に置いといて・・・。

注目すべきは「原油」だと考えています。

サウジとロシアの喧嘩でとばっちりを受けるのがアメリカのシェールガスで、今の30ドルちょっとなんてレベルが続けばアメリカは「石油産油国」では無くなる可能性すらある。シェールガス企業の連続破綻が想定できますから。これはシェールガス企業の「株」ではなくて「ジャンクボンド市場の崩壊」へ繋がる。

WTI Crude Oil

そしてそれが「債券市場全般」に波及すると「第二のリーマン・ショック」となるはず。

コロナウィルスに関しては「人の移動」「物流」に問題があるわけですが、今は最高値の位置にある債券市場が崩れだすと「金融」がおかしくなって、コロナウィルスが終息してもどうにもならない。

どちらが怖いかと言えば、私は「金融市場」の影響のほうが怖い。そして前にも書きましたが、各国の中央銀行もリーマン・ショック時に出来たような「手当」が出来る状態じゃないということ。つまり、金利はこれ以上下げられない。金融緩和をするにもすでにお金は市場にジャブジャブあるわけですから。だからやるとなれば中央銀行じゃなくて、政府の減税ぐらいしか打つ手がない。

私はコロナウィルス以上の影響が「石油戦争」にあると「市場は読んでいる」のではないかと踏んでいます。

ですから世界のマーケットが戻るのを読む時、「コロナウィルスの動きを見る」のも良いにしても、「石油戦争の行方」をしっかり見ていないと駄目なんじゃないでしょうか。

今はトランプ氏は何も動いていないようですが、これをこのまま放置すれば「トランプ氏の再選はできない」可能性が出てきますから、必ずなんらかの動きが出てくるはず。時期は別にして減税は間違いなく出てくるでしょう。そしてそれの影響も見ないと駄目ですが、「石油価格を戻すためにトランプ氏は何をするのか」を注視する必要があると思われます。

もし何か効果的な動きが出てくれば、コロナウィルスの蔓延が広がっても「市場は落ち着きを取り戻す」可能性がある。また市場は「それを待っている」と言っても良いのかも。

私としては本当はこういうのも考えたくないんですよ。

毎日、毎日、その日中に区切りをつけてデイトレをする。明日は明日の風が吹くってのが一番楽なのね。気が乗らなければ遊びに行っても良いわけですから。

ただこれも何度も書いていますように、デイトレを長期間続けるのは若くて健康で「時間が十分にないとできない」わけで、いつまでも出来る仕事じゃないと思っています。だいたい世界を見渡してももうそろそろ70になるようなジジーがデイトレなんかしているのかと思うくらい。

そして世界は超低金利時代で、これからは債券を持っていても利回りは良くない。普通の年金生活者と同じ年収を稼ぐのに、何億もの原資が必要となる。

だからどうしても、中長期投資の世界に入っていかざるを得ないと思うわけです。ところがこれが難しいんだわ。

多分、そのリスクを取ること無く、デイトレが出来るならそれでもっと稼ぐ方法を考えるのが正攻法だと思うのですが、デイトレを長く続けるのは不可能。

嫌な時代になったもんだ。ったく。

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ