デイトレも「トレンドフォロー」なら良いのに、この時期にFXで1億2500万の損切りをしたあるトレーダーに学ぶ

アイキャッチ

FXの話題ですが、Akiさんというデイトレーダーの事をたまに書きますよね。

発端はこのブログの読者に「こういうトレーダーがいる」と紹介されて見始めたのですが、私が彼の手法を見てどう考えたかを皆さん覚えていらっしゃいますか?

チャートの読み方ですが、彼の手法はオーソドックスで「誰しもが考えるやり方」なのは間違いがないと思います。そして「逆張りが多い」という点で、これも多くの人がやる手法。

つまり、一般的には「これで勝つのは難しい」という手法なんですね。でも「当たると大きいのでこの手法に拘る人も多い」のは間違いがない。でも彼は勝てているのだから、彼独特の【何か】があるんじゃないかと書いたはず。

彼のユーチューブチャンネルは登録していますので、彼が動画をアップロードすればすぐわかるわけですが、それの全部を私は見たわけではありませんが、たまに興味があって見ることがあります。

このコロナ騒動では、盆と正月が来たと喜んでいるトレーダーが多いはずですが、彼はずーっと苦労していた。含み損を持ち続け、どうしてもそこから脱することは出来ず、結果的に1億2500万円の損切りをしたと。


FXに限らずデイトレの手法に興味がある方は、ちょっと彼の動画を時系列で追いながら見てみたら良いと思います。

でも欠点を探すという意味ではなくて、「彼の良さ」、「彼のエッセンス」を感じ取れるかどうかが大事。そして当然、なぜ彼は結果的に損切りしなければならない様になったのか。ここを是非、見てもらいたいのです。彼の手法を見ながら、自分とどういう違いがあるのか、また自分ならどうしただろうかというそういう想定で見るのは良い勉強になると思います。

ただし、今から見るということは「結果を知りつつ過去を見る」わけですから、彼の行動は間違えだと断定して見てしまいがちですが、動画を見ながら、「その後はどう動くかわからない、知らない」という想定で是非見ていただきたい。

1億2500万円という金額は大きいですが、その大きさそのものに拘る必要はなく、12万5000円だって同じことなんですね。要はロットが違うだけの話です。ただ金額が大きいと見ている方も真剣に見ますから、そういう意味では良いと思います。

彼のように売買をオープンにしている人ってそうそういませんから、考え方の変化、心の動きも含めて、勉強になるはず。

ただ私としてはああやってオープンにして見せる必要がどこにあるのかわからなくて、「他人が見ているから慎重になって良いトレードが出来る」のかもしれませんが、私だったら「他人の目を気にしたら何も出来ない」と思うわけで、公開しなければああいう失敗もしなかったかもしれないと思っています。

トレードって孤独な戦いで、私は「敵は自分の中にいる」と思っていますし、その戦いを公開するなんて考えられません。見せることによって何のメリットがあるのかも全くわかりません。そういう意味でも、彼が公開したのは野次馬にとっては非常にありがたいことで、自分が彼になったつもりで「過去を振り返ってみる」のは大きなメリットがあると思います。

ま、野次馬の端くれとしては、彼が蘇ってくるのを期待したいと思います。

でもなんでトレンドフォローをしないのか。なんですぐ損切りをしないのか。それが私にはとっても不思議。ま、それも彼の動画をしっかり見れば理由がわかるのかもしれませんが、私はそれがわかるほど見ていません。

どちらにしても良い勉強になると思います。

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ