【緊急事態宣言とは?】高橋洋一が解説 わかりやすい動画

安倍さんはなぜ宣言しないんですかねぇ。

で、宣言すれば、地方自治体もそれに沿って動ける。

宣言が出ると何が変わるのか。何が出来ないのか。


この高橋教授の話の中で出てくる「財務省が・・」というところが気になります。

宣言を出せば、政府・自治体には必ず「保証」が絡んでくる。つまりここでどう保証するかが決まらないと、宣言を出すことが出来ないんじゃないですかね。宣言すれば、国民はもちろん、野党も「保証はどうするんだ」と大騒ぎになるのはわかりきったこと。野党はそれプラスお得意の【強権による人権侵害】のことを言い出すはず。

その安倍さんと財務省の話し合いが難航している可能性もあるんじゃないかと。野党との調整もあるのかな?

最近の財務省連合軍の活発な動きを見ると、こうやって話を伸ばして安倍さんを追い込んで、「辞任と交換条件」に持っていこうとしているような気さえしてきます。あるいは「消費税減税をする、しない」が絡んでいるのかもしれない。

どちらにしても、宣言より「解除」が難しいのはマレーシアもどこでも同じで、「解除が遅ければ経済停滞の責任を問われ」、「早ければ、蔓延が続いたときの責任を問われる」のは間違いがないわけで、「その時には辞任する」という「安倍さんの言質を取ろうとしている」可能性もあるんじゃないかな~。

そうじゃなければ、宣言を出さない理由がない。「感染確定者も増え、感染経路がわからないケースも多くなっているのは明らか」なんですから。

私達は「コロナの蔓延」ばかり気になりますが、政治の世界で何が起きているのか、財務省がどれほどの実権を持っていて何を考えているのかってのも想像するのは大事じゃないですかね。

なんでもかんでも安倍さんのせいにして、「アベノマスク」を嘲笑しても、本当は何が起きているのか全く見えないはず。

私としては、「安倍さんのやりたいようにやらせるべき」だと考えていて、我々国民が選んだわけでもない財務省が実権を握ってああじゃこうじゃコントロールしようとするのは絶対に許せない。でも岸田宏池会、麻生派、二階派も財務省連合軍だから、どうしたって安倍さんは弱い。でもここで安倍さんが白旗を揚げて彼らの軍門に下ると、コロナの保証に関しても、その後の経済再建に関しても、そして日本の将来のためにも良いことはないと思っています。

コロナも瀬戸際だけれど、安倍さんも瀬戸際の交渉をしているのかもしれない。

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ