サバ州で「回復した5人が再感染」というニュース

これが困るんですよね~。

中国、韓国でも報告されていましたが、マレーシアも同じ。回復したはずの人が、後の検査で【陽性】ですと。

Five recovered Covid-19 cases in Sabah found positive in follow-up tests (The Star)

これって「一度罹患しても免疫を獲得できない」という意味になるので大問題なわけですが、まだ免疫ができていないのか、回復したと判断したけれど実は違ったのか、そのへんがわかっていない様子。

そもそも「回復」とはなんなのか。どう判断しているのか。

各国の感染者数を見る時に気がつくのは、「回復者の%」が国によってまるで違うということ。

どうしてでしょうか。

日本の回復者の%は他国に比べて低いですが、日本の患者は「治りづらい(11.13%)」と思います?それに比べてマレーシアの患者は「すぐに治る(60.74%)」?

検査もそうですが、この回復という判断にも問題があるんでしょう。

困ったことばかりですが、この問題もはっきり原因を探ってほしいですね。

場合によっては「集団免疫を獲得するのは不可能」ってことになりますし。

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ