ココナッツ油を初めて揚げ物に使ってみたけれど・・・&豚の背脂が欲しい

今までブログには書いていませんでしたが、「様々なオイルを使って調理する実験」をこの1年ぐらいやっています。

昔から使っていたのは「カノラオイル」か「オリーブオイル」ですが、その後「ピーナッツオイル」「米(ライスブラン)オイル」あとは何だっけ、特徴がないので忘れた。(笑)

で、ココナッツ油も買っておいたのを使って、初めて「いつもの鶏の唐揚げ」を作ったんですよ。

でも揚げながら思ったことは

「美味しい匂いがしない」

ってこと。揚げている時の匂いが全く違うのね。変な匂いってほどじゃないにしても「慣れない匂い」で決して食欲をそそる匂いではない。

そして揚げている状態の「シャバシャバ」が延々続く感じ。シャバシャバも多い。

こんなことってあるんですかね。

そしてさほど大量の唐揚げを作ったわけじゃないのに、揚げた後が「かなり濁る」のね。

揚げた量はこれだけです。

で、揚げ終わったらこれ。もう捨てたくなる状態。こんなもんですかね。

でもこれって汚れじゃなくて、小麦粉のはずで、時間が経てば沈殿するんでしょう。

沈殿した。(笑)

今回は「骨付きの鶏肉」で「ケンタッキー風の唐揚げ」にしました。

私は唐揚げにも実は凝っていて、素揚げから竜田揚げまで、「素材の味付け」、「衣」、「ソースを絡めたり」、粉は「小麦粉、片栗粉、コーンスターチ、米粉」をそれぞれ混ぜたり、単独で使ったり。また衣は「バター液」にしたり「粉をまぶすだけ」にしたり、「バター液+粉をまぶす(ケンタッキー風)」にしたり。

その都度、油の汚れ方が違っていて、「米粉だけのバター液」で揚げると「パリっとする」し【油の汚れが殆どない】、コーンスターチの「硬く揚がる」のも良いから、「小麦粉は少量もしくは使わない」ことが多いんです。でもケンタッキー風では「小麦粉+卵+牛乳」でバター液をつくり、それに小麦粉をしっかりつけるやり方です。(これを二度浸けすると衣が厚くケンタッキー風に近くなる)

で、「小麦粉をまぶす場合」は【油が汚れやすい】のはわかっているんですが、今回みたいに少量の唐揚げであれだけ汚れるのは初めての経験。

私の勘違いじゃないと思うのですが、どうなんでしょうか。

そして「油に投入」してから、最初は「シャバシャバ」するのは何でも同じにしても、それがずーっと続いたのが不思議。

「粉をまぶす」と汚れやすいのは当たり前ですが、今回のような経験を過去にした覚えがありません。これって後に沈殿する、取り除くことができるにしても、「揚げ続けていたら【焦げる】」んじゃないですかね。

ココナッツオイルで粉はまぶさずにバター液だけで揚げたらどうなるのか実験をしようとも思うのですが、「なんとなく違和感がある【揚げている時の匂い】」を思うと、あんまり使いたくないなと思ったり。

食べてみたら風味が違うのかどうか、これが大事ですが・・。

全く問題がありませんでした。ココナッツの風味があるのかと思ったらそれもなさそう(私はベロも鼻も性能が悪いにしても)。

ココナッツオイルって使い回しがうまくできなければ高いものにつくし、「衣はバター液」ならあそこまで汚れないにしても使い分けなんか面倒。

多分、今後ココナッツオイルを使うのは「買った2リットル」を使い切ったら、もう無いかな。

ヨメさん?

私がココナッツ油で鶏の唐揚げを揚げている最中にキッチンに来て、「良い匂いじゃないわね」というのは言っていた。でも食べて「美味しくない」とは言っていないし、私も美味しくないとか、違和感があるとは思えず。逆にニュートラルな味じゃないかなぁ。

でも結局はコストは高くなりますがオリーブオイル(バージンオイル、エクストラバージンオイルは使わない)で揚げるとさっぱり揚がるし(天ぷらも美味しい)、米油(ライスブランオイル)は身体に良いそうだし(製法にもよるらしい)、ピーナッツオイルは「高温に強い」し「うっすら良い香りもつく」「栄養価も壊れず高い」らしいし、私の場合は「調理実験で高温を使う」こともあるので必需品。

ということで我が家での【揚げ物に使う油】は

1 オリーブオイル
2 米油(ライスブランオイル)
3 ピーナッツオイル
4 カノラオイル

で決まりかな。

ココナッツ油が駄目ってことじゃなくて、私の場合は「他の油より良いところが見いだせない」というだけのこと。

実は今、「身体には悪い」にしても「ラード(豚の脂)」を使うと炒めものも美味しいので、それを揚げ物にも使って「とんかつ」を作ってみたい。でもどうせなら「背脂」の方が「ラーメンの背脂チャチャッ」も抜群に美味しいし、脂が抜けきった「カス」も美味しい食材になるので、背脂を入手したいのだけれど、これが簡単には行かないのね。

「TTDI」に行けば簡単に手に入ると思っていたのだけれど、「背脂」という文字、「写真」も見せて注文したのに「普通のお腹の脂」だったんですよ。あのマイケルのお店ね。ちなみに背脂は皮下脂肪、腹脂は内臓脂肪。

あのロースにくっついている「固めの脂、背脂だけが欲しい」のだけれど入手法がわからず、我が家では殆ど使わないロースに脂がしっかり付いているものを買って、脂だけ切り取ろうかなんてバカなことさえ考えています。

ロースに脂が付いているけれど、こういうのも「分厚い背脂の部分を掃除しているはず」で、それが欲しいのだけれど・・・。単に「背脂」というより「皮付きの背脂」と聞いたら良いかな?皮はあとで剥がせば良いし、皮は皮でクラッカーが作れるし。

どなたか「背脂の入手」に関してなにか情報、アイデアはありませんか?

 
 
 

No tags for this post.

コメント

  1. goto より:

    ブログのエントリとはカテゴリ違いの質問になってしまい申し訳ありませんが、daboさんにお聞きしたことがあります。トレーダーって一体なんなのでしょうか。

    私は最近、情報収集のためにTwitterを始めたのですが、煽り煽られの感情の渦巻く凄まじい世界でおどろいています。日次、月次、年次などの成績を公表し、負けているトレーダーを養分や凡夫とこき下ろし、より稼いでいるものがより偉いという歪んだ図式になっているように思います。負けているトレーダーがいることによってトレードが成り立つのは確かなのですが、アイデンティティの一つとして負けトレーダーを認識する必要はないように思うのです。

    このブログでも度々取り上げられているakiさんも彼らの目やアンチを気にして「もっと上手い人がいる中でヘタクソな僕が他人に教えることはなにもない」と開校していたトレードスクールを辞めてしまいました。トレードとは飽くまで個人ごとであり、等身大なものだと思うのですが自分より上手い者を見て卑屈になる必要などあるのでしょうか。そういった方が非常に多いように思います。

    また、彼らはお金を稼ぐことによっていろいろなものが手に入ると錯覚していることも気になります。トレードとは飽くまでお金を稼ぐ手段であり、どれだけ稼ごうとも自分に魅力がなければ女性にはモテませんし立場も変わりません。いくらチャートに向き合ってお金を稼いでいても自分は何も変わりません。そこらへんを勘違いしているトレーダーが非常に多いように思いますがdaboさんはどう思いますでしょうか。

    まとまりのない文章で申し訳ありませんが、ぜひdaboさんの意見を聞かせてください。

    • dabo_gc より:

      gotoさん、いらっしゃいませ。コメントを有難うございます。

      この話は哲学の話と言ってもいいくらいですね。

      トレーダーがどうあるべきかですが、「そんなことはどうでも良い」というのも「こうあるべきだ」というのも実は同じことじゃないんですかね。同じ紙の裏表というべきか。それはお金もそう。

      価値観は「人の数だけある」と私は思うし、「トレーダーとは」という答えも同じ。そして「手法」も同じ。そして【どれが良いのか】は他人にはわからないんですね。【価値とは自分で決めるもの】だと私は考えています。

      ただし、「他人の話を聞くと【自分との違い】はわかる」んですね。ここが重要で、それによって「自分が一歩前に出ることが出来ればそれで良い」と思っています。でもその一歩も「自分にとっての一歩」であって他人には関係ない。また「自分が一歩進んだ」と思っても【ただの錯覚だった】なんてことがあとになってわかったり。

      でもそれもまた人生で、「良いか悪いかわからない」けれど【変化を続けるところに意義がある】と私は考えています。

      gotoさんがから見て「おかしなように見える人」も同じ様に「変化を続けているはず」で、「ある瞬間」を見てその人達を判断してはならないかもしれない。

      負けているトレーダーをこき下ろす人がいるんですか?私にはそのへんはよくわかりませんが、少なくともゼロサムの世界では「負ける人がいるから勝つ人もいる」わけで、負ける人にはお礼を言わなくてはならないはず。負ける人をこき下ろす人って「意外に勝てていない人」かもしれないと思います。自分の苛立ちを「負けてる人」にぶつけているだけじゃないかなぁ。

      勝てる人なら「負ける人には申し訳ない」という気持ちがあるはずだし、「大負けしている人」には「そこまで負けない方法を教えてあげたい」という気持ちも湧くんじゃないですかね。

      Akiさんがトレードスクールを開講しているんですか?それは知りませんでした。そしてそれを止めてしまった?もったいないなぁ。

      Akiさんみたいになんでも公にする人って本当に貴重だと思っています。ただ、トレードスクールというと「勝ち方を教える場所」と考えがちですが、神様はいないわけで必ず誰でもミスをする。Akiさんも同じで「なるほど、こういう手法、読み方があるのか」と思うところは【誰の手法でも】学べる部分ってあるのが普通だし、逆に「Akiさんの【ここがおかしい】から負けるのかもしれない」とそういう意味での参考にもなるんですね。

      私はAkiさんを深く知っているわけではありませんが、基本の逆張りを見ていると「危なっかしいなぁ」といつも思うわけです。そして私は「その良さを取り入れよう」ではなくて「私はあのようにはしない」と、Akiさんが手法を公にしてくれるからこそ「自分の手法が固まっていく良さ」も感じています。

      gotoさんが、世間のいろいろを聞いて「気になる」のは【gotoさん自身が何か問題を抱えている証拠】みたいな気もするんですが、いかがでしょうか。

      ま、世の中いろいろいますし、人それぞれで「何が正しいか」というのはなかなかわからないし、皆も「発展途中」だと思えば、そして自分自身も「おかしな考えを持っていた時期」もありますから、あまり気にしないほうが良いんじゃないですかね。

      それよりトレードに関わっている自分としては「どんな自分」「どんな世界」を【理想と思うか】ってのがあるはずで、それだけ見つめて歩いていけばよいのだろうと思っています。

      ちなみに私としては、「負けている人がいるから勝つ人もいる」というより、「トレーダーは【相場という化け物と戦っている】仲間」という意識を強く持っています。そして友人同士で力を合わせ、ノウハウを共有して【その怪物を倒す!】という考え方。でも仲間内で負けるのもでてくるのは【戦う世界の受け入れるべき常識】であって、「自分も負けないように」「友人も負けないように」、いかにして化け物を倒して、「あとで祝杯を上げる」ことを私はいつも夢見ているんですよ。

      ですから「わけのわからないことを言う人」は好きにすれば?としか思わないし、仲間でもなんでも無いから勝とうが負けようが私には関係のないこと。

      また「お金」に関しても私は「夢を叶える手段、道具」だとしか思っていませんが(トレードは単なる入り口)、「お金を儲けて何をしたいのか」というところも話し合える仲間が欲しいですね。「皆で儲けてXXXXを興そう」なんて夢物語も良いですし、それだからこそ「やる気」もでてくるはずなんですね。

      これはトレードとは関係なく、単にお金とか生き方の考え方ですが、「お金は追うと逃げる」と私は考えています。そして「お金そのものを人生の目的とすると幸せにはなれない」というのを67年の人生で実感しております。でも「お金を自分から距離をおいてみる」事ができると「お金が寄ってくる」と思っています。

      実際にトレードでも「恐怖と欲望」のコントロールが何よりも難しいと私は常日頃考えているのですが、その根本は上に書いたことと同じで、「勝とうと思うから負ける」と思っています。そしてそれがわからないとなかなか勝てるようにはならないんじゃないかと。

      ま、トレードと言うか人生観の話になってしまいますが、「自分はお金を稼いで、それをXXXの為に使いたい」という夢、大志があれば、そしてそれが価値あることだとすれば【天は見捨てない】ぐらいに思っているんですよ。

      だから今回gotoさんが書かれたようなことは一切考えないし、ごちゃごちゃ言ったりやっている人は「どうぞお好きなように」「私とは生きる世界が違う」ぐらいにしか感じないのです。

      私の中では「トレード」の世界にも【相場道】みたいなものがあるわけで、私はそれを見極めたいと思っていて、そんなものは関係ないような好き勝手なことを言い、やる人には興味がないのです。

      前にも日記に書いたことがありますが、「坂の上の雲」というドラマを見て感動しました。日露戦争の物語ですが、皆が大志を抱いて一生懸命に動き、勝利を手に入れた。それも夢みたいな勝利を。この原動力ってなんなんだろうなと思っていたところで気がついたのが「坂の上の雲」という題名でした。

      良く「山の頂上を目指す」とかいうじゃないですか。「坂の上を目指す」のも同じ。でもあのドラマでは「もっともっと上にある【雲を見ていた】のだ」と気がついた。「大志を抱け」ってこういうことなんだろうと。

      私は「トレード」を通じて「夢を叶えたい」のです。これに邁進しないとならないのが今の私ですから巷での多くの人の雑音は私には全く気にならないのです。

      このレスも答えになっていないと言うか、わけわからないと思います。申し訳ない。

      • goto より:

        daboさんの言葉には重みがありジンとくるものがあります。

        自身の内面を磨くために他者を見ていたつもりが、他者のあり方にフォーカスしていた気がします。トレードとは飽くまで個人ごととしておきながら自分に集中しきれていなかったのだと改めて気付かされました。他人にトレーダーとしてのあり方を無意識に押し付けていたのでしょう。

        目が覚めました。ありがとうございました。

        • dabo_gc より:

          結局ですね、トレードにしても「生きることそのもの」にしても、「個人競技」みたいなもんだろうと思うんですよ。

          ライバルも居る、敵も居る。でも「皆が仲間」みたいな。

          「裸で生まれて裸で死ぬ」「自分のケツは自分で拭く」のが人生ですが、そのなかで素晴らしい出会いがあるのも人生。一人ひとりが自立して、そしてそういう者同士が集まって「一緒に夢に向かっていく」のが人生だとしたら面白いじゃないですか。トレードも同じ。

          トレードの先にあるものを常に見つめて一緒に進みませんか。

  2. タッタカ より:

    daboさん、こんにちは、
    我が家は健康の為ココナッツオイルメインですが
    無味無臭、無特徴ですよね
    揚げ物は出来ないキッチンなので(四方がガラス張り通気性悪し)
    問題無いですが、
    オリーブオイルの揚げ物・・・考えただけでも美味しそうです♡

    豚の背油ですけれど、
    私はミッドバレーのAEONBigで豚の皮を大量購入して、
    皮と背油を剥がして
    皮は焼いてカリカリオツマミ
    背油はここの動画作り方を見て
    作った事があります。
    (どうしても背油ちゃっちゃラーメンを作りたくて(笑))

    【自宅で作るプロ顔負け】「背脂チャッチャ」の作り方

    背油という概念がこっちだと無いのかもしれないですね
    TTDIではまさに豚皮とその周りの油と説明すれば
    Get出来そうな気がします。

    • dabo_gc より:

      はーーい、タッタカさん。コメントを有難うございます。

      へーー、タッタカさんのオタクはココナッツオイルがメインなんですか?ああ、でも揚げ物はしないのね。

      ココナッツオイルって、オリーブオイルの代わりに使うのが良いのかもですね。

      私も「健康目的」ではココナッツオイルを常用しています。でも料理用じゃなくて健康補助食品。(笑)

      豚の皮に背脂付いてます?

      前にクラッカーを作ろうと思って豚の皮だけ買ったのですが、背脂は【数ミリ】ついていただけでした。せめて1センチ付いていれば良いですね。

      「皮付きの背脂」とTTDIで言えばどうにかなりそうですね。

      背脂、良いですよね~~~。冷凍庫に常備したいです。

      • タッタカ より:

        以前は私も健康補助職として大匙一杯を1日1回飲んでたんですが(鼻をつまんでw)
        無臭ならこっちで補助だと変えました。油としての旨味はゼロなのが難点です・・・
        AEONBigの豚皮は凄く雑で(笑)
        毛の処理も雑だし、背油も結構付いてるんです(大体5~8mmですが太い場所だと1cm近いものも)
        毛を焼いたり皮と油を剥がしたりで面倒ではありますけど
        臭みも無い背油チャッチャ出来ました。
        もしミッドバレーに行く機会があったらGetしてみてくださいまし^^
        TTDIでゲットしてお作りになられたらブログでUPしてください楽しみにしております♪

        • dabo_gc より:

          なるほど、了解です。

          AEON Bigに行ったら買ってみますし、TTDIでは「皮付きの背脂」と言ってみることにしますね。

          近いうちに・・ということは無いと思いますが、買ったらレポートします。

  3. Takayuki ONISHI より:

    ラーメン屋でラードだけ買ってました(2kg)豚バラは塊で来ていたので自分達で余分な油は掃除してました
    あのラードだけが背脂をさすのか脂肪全体をさしているのかは分かりません。
    ココナツオイルを毎朝大さじ一杯飲むと言う健康法があり気功の先生に勧められるままやってましたが、
    独特のココナツの風味と飽和脂肪酸が身体に悪いとか言われ出した時で(どっかの教授がココナツオイルはこれ以上ない毒と言った時期)私には合いませんでした。
    一番のやめた理由はココナツオイルがあまり体内に吸収されないのか肛門からオイルが漏れてる状態だったのでやめた
    と言うのが一番大きな理由です(白マグロButter fish 食べ過ぎた後みたいな状態)

    • dabo_gc より:

      ラードは「豚の脂全て」をいうわけですが、商品としてのラードは、「脂だけ溶かして、固まったもの」じゃないですかね。だから溶かすと透明な油になる。だからそこには背脂も腹脂も混ざっているんじゃないかと。

      私が欲しいのは「溶かしていない背脂」で、溶かせば当然、「カス」がでる。だからこそ「ラーメンの背脂チャチャ(この場合はお湯で煮て潰す)」になるんじゃないですかね。ずーっと火を通し続けて(水は使わない)「パサパサの茶色くなったカス」もそれが食材として使えるし、良いと思うんですけどね~。

      私もココナッツオイルが「アルツに効く」という世界を巡った大ニュースを見てから飲むようにしましたが、ココナッツオイルよりMCTオイルが良い(100%中鎖脂肪酸。ココナッツオイルは60%)とのことで変えました。これはすぐに肝臓で分解されて【ケトン体】となると。ダイエットする人には有名ですね。また「癲癇」の人も良く使うらしい(彼らはケトン食を食べる人が多い)。

      これも「大さじ一杯」程度ならどうにか飲み込めるんですが、これが良いならもうちょっと多めに・・なんて思うと気持ち悪くなるし、下痢もするし、まさにオイルフィッシュ(バターフィッシュ・バラムツ)を食べたのと同じ状態。(笑)

      それから飲まなく(飲めなく)なったのですが、まだ在庫があるし、ケトン体には未練があるし(笑)、少量ずつ使おうかと思案中。

      皆さん、似たような経験をしているんですね~~~。(笑)

  4. Takayuki ONISHI より:

    僕たちが買ってたラードは溶かしてない脂身でしたね。ラードオイルだけ欲しい時は(チャーハンとかに使用)温めて作ってたんですが、脂かす出てましたね。
    ウエットマーケットレベルの肉屋じゃ量が足りないかもしれませんね。
    肉屋に卸す肉屋じゃないと背脂ラードは手に入らないかもです、上記ですが
    2kgがミニマムロットでした。
    2kgも注文したら奥さんに怒られますね間違いなく(笑)

    • dabo_gc より:

      なるほど。

      スーパーで売っているパックに入った「脂身」ですが、サイコロ状に切ってあります。あれは自作ミンチを作る時に使っていますが、脂身が柔らかいんですよ。だから腹脂だろうと思っているんですが、でも背脂も入っているかもしれない。

      無いよりは良いわけで、あれを背脂だと思ってちょっくら実験してみることにします。

タイトルとURLをコピーしました