石油の先物(CL)6月限の「19日の価格」に注目!

石油の先物(CL)の6月限ですが、5月19日(アメリカ時間)が取引最終日。

どうなりますかね~~。

先月の5月限は「マイナス40ドル」という史上初の価格をつけました。そしてそれの説明は「石油を備蓄するタンクに余裕がないので、売り方は買い方にお金を払ってでも買ってもらいたい」という説明を多くの専門家、評論家がしていた。

こういう馬鹿げたことを専門家、評論家がシャーシャーと言うんですからおかしな世界だと思います。

もし本当に「石油の備蓄タンクの余裕がない」とするなら、そんなことは何週間前からもわかるわけで、なぜ「最終取引日」まで価格は下がらなかったんですかね。当日までそれがわからないなんて、石油業界は馬鹿ばかりですか?

でも私はそうじゃなくて「狩りが行われたのだろう」と書きました。「石油は安すぎる。必ず上がる」と思った「買い方」は素人を含めて多くいたんでしょう。そしてプロは彼らを「狩った」。いわゆる仕手戦などでよく行われる「買い残が多い銘柄を売り浴びせて、【投げさせる】」ってやつですね。値が下がって追証が掛かるから【投げ売り】をし、そして自動ロスカットも動くから「市場は【売り一色】で値がつかない」。

買い方は「まさかマイナスの値がつくなんて想像さえしていないのが普通」ですから、「安心していた」買い方は多いはず。だからこそこの「狩りは大成功」となったんじゃないですかね。それでマイナス40ドルまで下がったのだろうと今でも思っています。

もし「石油を備蓄するタンクに余裕がない」というのなら、この一ヶ月で需要が大幅に増えたわけでもなく、一ヶ月で備蓄タンクを大幅に増やせるとも思えず、「今月も同じことが起きる」と見て良いんじゃないですかね。

でも私は起きないだろうと思っています。

Crude Oil 6月限のチャート。

先月、マイナス40ドルを付けた5月限のチャート。

「狩り」とはどういうことか知らない方もいらっしゃると思いますが、そういう方は前の投稿記事を読んでみてください。

 
 
 

No tags for this post.

コメント

  1. そら使い より:

    こんにちは
    妙佛 DEEP MAXさんは中国銀行のロールオーバーの失敗と解説していますね。
    この方の中国情報は良く参考にしています。

    • dabo_gc より:

      そら使いさん、コメントを有難うございます。

      DeepMax氏のこの動画は前に見ましたが、半分あっているという感じかな。彼の中国情報は私もかなり有用だと思っていつも見ていますが、先物暴落に関してはちょっと疑問に思っています。彼は中国台湾の情報をそのまましゃべっているわけで、彼自身が先物の世界に深い理解があるわけじゃないのは話を聞いてもわかりますね。

      彼は半端じゃない勉強家だけれど、トレードの世界に詳しいわけじゃないと思います。そして彼の言う中国の「石油宝」ですが、似たようなのが韓国にもあるようですが、いわゆるCFDと同じで、実際の「売り手と買い手の売買はない相対取引(OTC=Over the Counter)」ですね。で、先物には限月があるけれどCFDや石油宝にはない。だからロールオーバーが必要ということですが、ここは違うと思います。そもそもOTCだからロールオーバーも本来は関係ないわけです。でも業者は先物(CFDの原資産となるもの)でヘッジをすることもありますから、全く先物に関係ないとも言えない。

      ただ彼の話の中にもあった、最終日にごっそり先物のロングポジションを持っていてロールオーバーをしようとした、ある意味、間抜けな業者もいたのかもしれないとは思っています。だとすれば、まさに彼らがターゲットになったとも言えますね。業者も客の買い物以上のつなぎ投資をすることはまずありえませんから、業者を通してやっぱり客が狙われたというのが正解だと思います。「ロールオーバーの失敗」というのもはずれではないのでしょうが、「失敗するように仕掛けられた」ことだと思います。

      でも私は「石油宝」があの暴落の原因だとは思っていません。彼らも、彼らの顧客も被害者ではあると思いますが、そもそも「業者がロールオーバーが難しいようなポジションを持ち続けることは【ありえない】」じゃないんですかね。素人じゃないんですから。そしてもし彼らがヘッジで先物を買っていなければ(その可能性のほうが高いと思う)、彼らも大儲けしたんじゃないかと思っています。でも客は大損。

      ブルームバーグも80ミリオンの損失を出したと言っていますが、それは「石油宝の顧客」の話ですね。では儲けたのは誰かと言えばOTCの売り手である業者じゃないんですかね。でも業者が先物を実際に買ってヘッジをしていれば業者も大損したんでしょう。

      どちらにしても、当日になって「備蓄タンクがない」とか「ロールオーバーが出来ないほど大量のロングポジションがあった」というのは、「プロならありえない話」だということです。とにかくあちこちで「巨額の損失」を出した投資家が存在する。そしてその巨額の利益を手にした人達がいる。この利益を出したのは誰か?どうやって?とそちらの方に注目しないとあの出来事を理解するのは不可能でしょう。

      そもそも「ロールオーバーに失敗」とはどういう意味なんでしょうか。ここもしっかり考えるべきですね。「まずはロングポジションを解消できなかった」というのならそのとおりでしょうが。そして、ではどうして「売れなかったのか」と考えていけば、答えは出てくるわけです。「売れないように仕掛けられた」ってこと。「膨大な【売り】」を誰かが出した」ってこと。それがなければ通常通りにロングポジションの解消なりロールオーバーは【いつもの通りに】できたのかもしれない。

      こういうのは仕手株に詳しい人ならすぐピンと来るはず。あるいは昔の日本の「商品相場」も同様。

      でもそういうことが相場の世界では時々あることを知らない人は、経済評論家でもあるいはDeepMaxさんもそうだけれど、「一見辻褄が合っているようだけれど、考えてみるとおかしな点ばかり」の解説となってしまうんだろうと思います。またこういうことはFXの「狩り」もそうだけれど、「業界の信用」にも関わるから、「狩り」のことを知っていても知らんぷりするのが暗黙の了解なのかもですね。

  2. そら使い より:

    daboさん
    長文の解説ありがとうございました。
    よく考えてみるとその通りですね。
    だれが巨額の利益を手にしたのか!?
    頭の良い人たちがいるものですね。
    やはり長期投資は何が起こるかわからないので
    要注意ですね。

    • dabo_gc より:

      長期投資は本当に難しいですね。日本でもアメリカでも2月の高値を買った人は大勢いるわけで、どうなっちゃたのかと思います。

      でも3月の下落でヘッジファンドが大儲けして、その後の下げの反動の「上げ」で損失を出しているところもあるそうで、短気も難しい。

      だからやっぱりデイトレが良いという結論に「私の場合」はなります。

      あの5月限の大暴落もデイトレをやっている人は利益を出しているはず。ただ「マイナスの値」が着くとは思っていないでしょうからその前に利食いをするのが普通じゃないですかね。ただし「トレンドフォロー型の手法」の場合であって、「逆張りが好きなトレーダー」は【即死】だったはず。でも一般的なデイトレーダーは、最終日のあの時間までトレードする人は少ないんじゃないですかね。多くのデイトレーダーは6月限を見ていたはず。

      これって株でもなんでも同じで、「その日の始まりと終わり」って変な動きをすることが多いから【手を出さない】トレーダーは多いじゃないですか。それと全く同じで「最終取引日」に手を出すトレーダーも少ない。だからあの下げは「素人が中心に狩られた」と思うわけです。「そろそろロールオーバーしようかな~」なんてぼーっとしている連中が皆、狩られたのかもしれない。

      ここもポイントで、「史上初のマイナス」ですが、「先物はマイナスの値もありうる」ことを知っていた人たちが【仕掛けた】のであろうことが見えてくるわけです。

タイトルとURLをコピーしました