肉をがっつり食べたい時には「安い肉でローストビーフ」

MCOに入ってからローストビーフはやったかなぁ。

肉をガッツリ食べたくなったのでB.I.G.でローストビーフ用の肉を買ってきました。

オーストラリア牛の「Grain Fed」のサーロイン。キロ単価105リンギ、2.3キロ。

サシはうす~~く入っているだけですが、肉をガッツリ食べたい時にはこの程度が良いと思います。

脂がしっかり付いていますが、脂身は適度にあったほうが良いですし、多すぎれば食べなければよいだけのこと。しかし2.3キロは大きい。

いつものように塩コショウ+にんにくパウダー+スパイス適当をしっかりまぶして真空パック。

今回は55度で5時間ほど低温調理しました。

そしてしっかり焼く。我が家ではグリルで焼いたようにしっかり焼きます。日本人的には「焦げてる~~」ぐらいが丁度いい。

いい感じに出来ました。

今回はワサビ醤油で食べましたが、まぁまぁだと思います。

でも正直なところ「ガッツリ食べたい欲」は満たされますが、もう少し美味しい肉がいいなぁとはやっぱり思う。この肉は「Grain fed(穀物飼育)」でキロ単価が105リンギってのはB.I.G.ではかなり安いほうだと思いますが、B.I.G.だとキロ単価200リンギ以上じゃないと美味しい肉はないかも(Wagyu、和牛は別ね。オーストラリアWagyuでもこの5倍以上の価格)。

この肉はお店では「ステーキ用に切って並べてある」肉ですが、ステーキで食べると物足りないと思うはず。でもま、安い肉は「ソースで食べる」のが我が家の食べかたで、ちょっと味の濃いめのマシュルームソースとかダイアンソースで食べれば全く問題ないはず。でも和風で食べると物足りなさが出るんじゃないかなぁ。

食べ過ぎた~~~。ご馳走様~~~~~~~~~。

 
 
 

No tags for this post.