日本からのEMSだけれど、やっぱり日本で止まったまま

コロナでややこしいことになった時期である3月、4月と何度か日本からEMSをマレーシアに送りましたが、今、改めてその時の動きを見てみると、やっぱり1ヶ月近く掛かったんですね。でもそれは「日本で時間がかかった」のであって、マレーシアに着いてからは従来どおりだったのは重要なところ。

これは2020年3月31日に日本から送ったEMS。

これは4月6日に送ったEMS。

どちらも日本で留め置かれた日数はほぼ同じの21日間程度。減便された航空機の順番待ちにこれだけ掛かったということでしょうか。(国際交換局が目一杯で、引受局でも止まる)

マレーシアに着いてからは従来どおりすんなり処理されていますが、3月31日に送付した分は「課税」されることになり、それのやり取りをE-mailでやったこと。そしてその小包はセントラルのPos Lajuに送られ、そこに取りに行くことになりました。受取時に税金とPOSの通関代行料金を払う。

これは4月6日分も同様で、自宅への配達は無く、同じくセントラルのPOS Lajuに取りに行きました。

これに関しては「取りに来てください」という知らせはなかったのですが、トラッキング上に「配達局で保留」というのがでましたので、取りに行った。そして2つの小包がセントラルに着いたのはほぼ同じ日。

また受取は私の都合があって、10日ぐらい遅れて行きました。

重要なこと

トラッキングをするサイトっていろいろあって、日本側では郵便局、マレーシア側ではPOSを使うことが多いと思いますが、私は「17Track」というサイトをいつも必ず使います。このサイトに表示されるのは早く、そして内容が細かいのね。

例えば、「課税するのでE-mailでインボイスを送れ」というメッセージも、この「17Track」にはでましたが、日本の郵便局にも、Pos Lajuにもでていませんでした。今の時点ではこの過去を調べてみるとそのメッセージはPOS Lajuにでていますが、4月の時点ではシステムが不安定でそのメッセージがでていないどころか、「該当番号はない」というようなことも起きていた。

これが3月31日に送付した分の「17Tack」での表示。

POS Lajuのシステムって私は全く信頼していません。何度もおかしなことがあったし、使うたびにでてくるメッセージが違っていたり、それは「改良を続けている」のかもしれませんが、信頼性を疑うには十分な動きばかり。

ただ、「17Track」にはちゃんとデータが早く、正確に出ると言っても、当然、そのデータはPOS、あるいはEMSの世界統合データベース(?)から受け取っているはずで、POS Lajuの「サイト」に問題があるのかもしれませんね。

どちらにしてもトラッキングには「17Track」を使うのはオススメで、EMS以外の「中国からのわけのわからない小包」も早く表示されるし、良いと思っています。

絶対に駄目なのは「郵便局のトラッキングのみを使う」ことじゃないでしょうか。日本国内の動きを見るには良いですが、荷物が海外に出てからは、当然、その国ので見るべき。でも「17Track」を使えば何の問題もなし。

17TRACK is the most powerful and inclusive package tracking …

ちなみに今回、7月30日、8月1日に日本からマレーシアに送った2つのEMSは、本日8月4日時点では日本で止まったまま。それも一つは海外向けEMSの集荷場所にあり、もう一つは受付郵便局で止まったまま。これも不思議ですね。

私はアホで、この時期になっても状況は変わっていないのは考えればわかるはずなのに、なぜか「すんなり届くようになっているだろう」と思ってしまった。これはマレーシア国内の通販には全く問題が起きていないから、勘違いしたのでしょう。

こうなるのがわかっていたら、DHL、FedExでも使えば良かった。(T_T)

国際郵便を送る方法っていろいろありますが、私の場合はあちこちから購入し、それをまとめて送ってくれる「転送業者」を使うことが多いので、「その転送業者が扱う送付方法」しか選ぶことが出来ません。

でも例えばアマゾンから購入し、海外直接送付が可能な商品ならDHLで送って来ますし、個人的に送るのなら「ヤマト運輸」なども良いのかもしれませんね。

ああああ、そういえば7月にアメリカアマゾンからキッチン用品を買ったのですが、それはDHLですぐに届きました。これがあったから日本からもすぐ届くと勘違いしちゃったのかもね。

 
 
 

No tags for this post.