【日本のコロナ対策】ってどうなってるの?

日本のコロナはどうなっちゃうんですかね。

そもそもコロナウィルスそのものも【変異したもの】が今、広がっているようで、その素性もわからないから「厳しい行動制限」をするべきなのか「放置で良いのか」も良くわからない。

少なくとも今の広がりは「若者中心」だけれど、若者はほとんど重篤化しない、死亡者も少ないという【過去のデータ】を元に考えて良いのか。また段々と「家庭内感染」も増え、「高齢者の感染」も広がっていて、これが【今の変異したウィルス】ではどういう結果になるのか。

でもそういうことを政府が考えているのかどうかもわからないし、そもそも一体何をしようとしているのかもわからない。

まず特措法というのがあって、それがきっちりしていないと自治体も動けないわけで、政府は日本中の地域の個別の事情までには口出しできないのだから自治体にまかせるしかないにしても、特措法がちゃんとしていないと自治体は動けない。

PCR検査が良いとは私は思っていないのだけれど、これが増えればやっぱり「陽性者数」は増えてくるわけで、でも広く検査を行ってわかることは「無症状の人が多い」ということ。でも法律的にコロナは「感染症の指定」を受けていて、その場合はああしろこしろという法律上の縛りがある。「入院、隔離」もそうだけれど、無症状の多くの人をどう扱うのか、この辺も柔軟に対応しないと医療現場が段々と大変なことになってきているのに国は動かない。

遅いよね~~、日本って何をやるにしても。

でも酷いと思うのは、「遅い」のならまだしも、政府は「何もしようとしていない」んじゃ話にならないんじゃないですかね。

マスコミの対応も悪いと思う。

こういうときこそ正論を前に出して「政治を変える」と声を出すべき野党もボーッとしている。

なんだかみんなで膝を抱いて座り込んで「嵐が過ぎるのを待とうぜ!」と決め込んだような。

今、私達家族はマレーシアに住んでいる。良かったと思う。

何もやらない政権、頭の悪いマスコミ、いま野党が何やってるか知ってる?? 国民のことを考えるまともな奴はおらんのか・・・【岸博幸慶應義塾大学大学院教授】


 
 
 

No tags for this post.