中国製ワクチンが「日本の富裕層に出回っている」という報道

こんなことがあって良いんですかね。

中国から持ち込まれた中国製ワクチンが日本の富裕層の中で出回っていると。(違法の可能性あり)

毎日新聞

 中国で製造したとされる新型コロナウイルス感染症の未承認のワクチンが日本国内に持ち込まれ、日本を代表する企業の経営者など…

 中国で製造したとされる新型コロナウイルス感染症の未承認のワクチンが日本国内に持ち込まれ、日本を代表する企業の経営者など一部の富裕層が接種を受けていることが明らかになった。2020年11月以降、既に企業トップとその家族ら18人が接種を受けたという。ワクチンは、中国共産党幹部に近いコンサルタントの中国人が持ち込んでいる。個人が自分で使う以外の目的で海外からワクチンを持ち込むのは違法の可能性があるが、中国側がワクチンをテコに影響力拡大を狙っている姿が浮かんだ。

「提供したい相手が決まっている」
 12月12日土曜日の午後6時半過ぎ、東京都品川区にあるクリニックを大手IT企業の社長と妻が訪れた。休診日の診察室で待っていたのは、院長と中国人男性。「本当に安全なんですか」。初対面のあいさつもそぞろに、妻が不安そうに2人に尋ねた。背を向けたまま机上のパソコンのキーボードをたたき何も語らない院長に代わり、中国人男性がうなずきながらほほえんだ。

 中国人男性は日中間を仕事で行き来しており、20年の付き合いがあるこの社長に新型コロナウイルスのワクチン接種を勧めた。

 「副反応(副作用)なら安心してください。注射した部分のちょっとした筋肉痛とか、ワクチンを打った時によくあることばかりです」。中国人男性はそう答えながら、社長夫妻にクリップボードに挟んだ「予防接種同意書」を示した。病歴やアレルギーの有無などを確認する設問はなく、文字通り同意を得るだけの内容だ。…

これから先は「有料記事」なので転載できず。

本当に今の世の中ってあっちもこっちも「自分さえ良ければ良い時代」になった感じがします。そしてそれを推進しているのが目立つのは道徳も倫理も関係ないあの人達。

お金の力には歯向かうことが出来ない弱い人達に人参をぶら下げて近づき、そして健康も同じで、飛びつく人達がいるのをわかっていてそれに近づく。

こうやってあの手この手で自分側に取り込み、そして賄賂やハニートラップも同じでがんじがらめにすると言われている。あの高橋教授が言っていたけれど、彼が大蔵省官僚だった頃、中国に出張したらハニートラップを仕掛けられたと。夜にホテルのドアをノックされて、開けてみたら自分好みの絶世の美女がいたと(彼は自分の好みも調べていたようだと言う)。彼は「私でさえそういう経験があるのに、他の多くの人たちが何も言わないのは本当に不思議だ」という。だから海外出張に行く時には「夫婦同伴で行く」と。一人で行くのは「宜しくおねがいします」と判断されることもあるから、要職についている人は注意せよと。

こういう話に疎い人って多いと思うけれど、私が若い頃は東南アジアに行くと、「女の子は必要ですか?」なんてホテルのボーイに聞かれるのが当たり前だった時代もある。フィリピンでは警察官がポン引きをしていたり、未だに売春は文化の国、地域っていくらでもある。かつての台湾、韓国、フィリピンもそうで、私よりちょっと上の世代は「韓国や台湾に男同士で旅行」するのはそれが目的だった時代がある。半端じゃない数の日本人男性はそれを経験しているはず。でも口には出さないだけ。だから中国のハニートラップなんてのも、だろうな、ぐらいにしか思わないはず。

また私の世代でも、日本国内の普通の接待で「金、物品、女」なんてのは普通にあった。ただ今の時代はどうなっているかは、私は知らない。

私が中国共産党の何が許せないかというと、「生きている人たちから臓器を抜き出して、移植をしている」という【事実】。まさかと思ったけれど、あまりにも多くの関係者の証言も調査結果もそれを裏付けていて、西欧諸国では事実認定され、アメリカではこれに対する制裁法案も出る様子。

でもこの事実を隠そうとする人たちも多い。

なぜなら、「自分たちがその客である」ということらしい。日本人も上顧客で、多くの日本人がこのシステムを利用して臓器移植を受けているそう。これって「臓器提供者は殺されている」ことには目をつぶり、「なんだか知らないけれど、すぐに自分に合う臓器が見つかるシステム」というところでそれ以上のことは詮索しない。

この臓器を抜き取られる人たちは、当初は「死刑囚」という話だったけれど、数の辻褄が合わない。結局、中国ではカルト集団と決めつけられ弾圧を受けている「法輪功の信者」が犠牲になっているのがわかってきた。

最近はウイグル人からの臓器摘出も増えていると。飛行場には「臓器運搬優先通路」まであるのがネット上で確認された。

なぜ多くのイスラム諸国はこれに対して声を上げないのか?

ここにも同じ答えがある。「臓器移植を受けたいイスラム教徒は、イスラム教徒の臓器を望む」ということ。つまり、ウイグル人からも臓器摘出をするようになったのは「ニーズに応える」形で始まったと言われる。

国によっては「海外での臓器移植を禁止」したり、それに対抗する手段を講じる国もあるけれど、日本のように「知らん顔」の国も多い。そして国内では「橋渡しをするブローカーが暗躍している」と言われる。

賄賂、ハニートラップ、人を殺して臓器移植、なんでもありの世の中になっちゃいましたよね。

こういう現実を目にした子供たちがどう育つかなんてのは簡単に想像がつく。親がいくら隠そうとしても子供は気がついてしまう。

「親父もお袋もやっているんじゃないの?」なんて思うかもしれない。

あるいは、

「なんで自分の得になるのに拒否するの?」なんていうのか。

まさかと思うかもしれないけれど、これも環境で子供ってすぐに順応しちゃう。

ゴールドコースト時代に、郵便受けになぜか5ドル札が入っていたことがあるんですよ。これってなんだかわけがわからなくて、もらっちゃうわけにも行かず、警察に行くべきか郵便局に行くべきかどうしようか悩んでいた時のこと。

次男坊が「パパ、ラッキーじゃん」って言ったんですよ。

当時、次男坊は小学生だったと思うのですが、「じゃぁ、お前、道に財布が落ちていたらどうするんだ?」と聞いた所、「そりゃ、ラッキーだからもらっちゃうよ」というんですよ。

嘘だろ~~~~~~~~~と思って聞いてみると、「そんなのは常識だよ」という。

私はびっくりして、それから次男坊をコンコンとお説教して、「もしお前が平気でそういうことをするなら、俺は本当にお前を殺すぞ」と真顔で脅かしました。

こういう私の行動を批判する人もいるでしょうが、「人は環境で変わる」恐ろしさを感じた一瞬でした。

それ以来、私の子供たちはそういう彼らの環境の「常識」を私には言わなくなりましたが、彼らの本音として何を考えているのかはわからない。

ただ、今ではシドニーの監査法人で公認会計士として生活している次男坊ですが、中国の話をすると、「中国抜きで経済を語ることは出来ない」と断言します。でもそれ以上の深い話はしない。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ