(居酒屋)Makiのデリバリで買える「Wagyu薄切りカルビ」は使えるかも

デサスリにあるMakiという居酒屋がいろいろデリバリしているのは前に書きました。

Dabo's life in KL, Malaysia

モツ鍋って美味しいですよね~。 って私は関東人なので若い頃はその存在も知らなかったし、あまり食べたことがないのだけれど、…

「モツ鍋」が予想以上に美味しくて良かった。

そしてこのお店のデリバリって変わっていて、食材も扱っているのね。

で、我が家が一番楽しみにしていたのはこれ。オーストラリア産Wagyuカルビのスライス。

この値段ってメチャクチャ安いわけで、キロ単価はRM140。普通、オーストラリア産Wagyuってこの3倍以上でしょ。そして「薄切り肉」って殆ど売っていないし、【好きな厚さで切ってくれる】なんてサービスは無いと思っても良いくらい。ただ私のWagyu、和牛のオススメのお店はWmartなんだけれど、その店では好きなように切ってくれるけれど、それらは「しゃぶしゃぶ」「すきやき」用であって、いわゆる何にでも使える「コマ肉」「切り落とし」のたぐいじゃない。当然、価格も全く違う。

でもこのMakiの薄切り肉は、価格的にもコマ肉、切り落としみたいで半端じゃなく魅力があると思いました。

早速、試食。

見た目は「脂身が多い、サシの入った薄切り肉」で、これは決してカルビの部位ではないと思いました。でもま、脂肪分が多く、これをカルビと呼ぶのはわかりやすくて良いのかもしれない。

でも脂身が多すぎですね。

一般的に、「良い肉を上に置く」じゃないですか。だから全部、出してバットの上に並べてみました。

う~~む、全部同じ感じ。

「脂肪分が多い切り落とし」という感じ。

これで「牛丼」を作ってみました。いや、「焼き肉丼」ですね。フライパンでサッと炙って「自家製の焼き肉のタレ」をちょっとつけただけ。この試食で使った肉は1パック。300グラム。全部ペロっと食べてしまった。異常だ・・・。

う~~~む、この実験は失敗。

焼肉のタレの味が強すぎて、肉そのものの味が良くわからない。塩コショウだけで食べてみれば良かった。馬鹿だ~~~~。

でもこの肉、問題はないんじゃないかなぁ。

さすがWagyu、美味しい~~って感じはないのだけれど、まさに牛肉の切り落としで「何に使ってもそこそこ」じゃないかと。

間違いないのは、私がいつも買う「ローストビーフ用のオーストラリア産無印牛」の薄切りよりは美味しいと思った。

例えば、前に「電動スライサー」の実験のために切った牛肉ですが、これはオーストラリア産アンガス牛で、キロ単価がRM285の肉。この価格帯の牛肉ってほとんどがアンガス牛のGrain fed(出荷前の一定期間、穀物を食べさせた牛。普通はその期間も表示する)で、Wagyuではないオーストラリア牛としてはかなり高い方。部位はリブね。

薄切りにしてみた。

塩コショウでさっと炙ってみた。

この肉はリブだし、価格も高い部類だし、「かなり柔らかい」とは思ったけれど、味としては「普通のオーストラリア牛」で、Wagyuや日本の和牛とは全く違う。

美味しくないと言ったら語弊があって「食べ方が違う」、この肉にはこの肉にあった料理法があると思うわけです。

でも薄切り肉として、どちらに軍配を揚げるかと言えば、私はMakiの「脂肪分が多すぎる」にしてもキロ単価RM140の方が良いと思いました。RM285のアンガス牛のスライスより使いみちがある。安いにしてもWagyuはWagyuだと思ったし、日本人向けだと思う。

でも何度も書きますが、味の濃い焼き肉ダレで食べたのは大失敗で、肉そのものの味ははっきりわからない。

でもそこそこ美味しかったのは間違いがない。それとも焼肉のタレが美味しいから?少なくとも、こりゃ駄目だという感覚は全くありませんでした。硬いなんてこともないし、赤身の部分がパサパサする感じもない。

そして「脂が多すぎる・・・」と思ったのも間違いがない。(笑)

でもこれ、いわゆる煮込む牛丼だったら良いんじゃないかなぁ。あるいは「肉うどん」とか。しっかり炒める炒めものも良いかもしれない。厚めに切ってもらって、カレーやシチューも良いかも知れない。うーーむ、それなら無印牛のショートリブ、オックステール、頬肉の方が良いか。

そして、しゃぶしゃぶには無理があるって感じでしょうかね。

ただし、今回は5パック買ったのですが、どのパックも同じかどうかはわからないし、「同じではない」のが普通だと思います。

そしてもし、これ以上、脂肪分が多いと問題ありかなとは思う。

でもま、コマ肉、切り落としみたいな牛肉が欲しいと思っている人には、これは良いんじゃないですかね。

ただグルメな人にはオススメはできないし、そういう人はこれの8~10倍の価格はするけれど日本の和牛の薄切り肉を伊勢丹あたりで買うのが良いと思う。

そんなのは高すぎるとするならば、私のように、安い部位のWagyuや和牛を探すしかなくて、それなら今回の肉の2倍~程度の価格でそこそこ美味しいものが手に入る。

どちらにしても、この肉は「普段使いには全く問題がない」という我が家の結論。

もしこれほど脂身が多くなければ、もっと幸せになれるんだけどなぁ・・・。

そういう肉なら、多少高くても良いわけで、お店に相談してみましょうかね。

Makiのサイトはここ。デリバリの注文もここから出来ます。

Maki Meat Delivery

Maki Meat Delivery Menu…

-----(追記)-----
早速、お店に連絡をとったのですが、他の肉も手に入れられるかどうかを調べてみますと。今の時点では「ヒレ」はあるけれど、「リブロース」「ストリップロイン」はお店で使ってないのですと。また牛たんですが、ブロックが欲しいならブロックと備考欄に書けばOKですと。

牛たん丸々一本、下処理なし(タン先、タン下もついているということ)の場合、キロ単価はRM37ですと。安いですね~。それも小売でこの値段って信じられないぐらい。

でも1本が700グラムぐらいですと。随分、小さい。二本買って約1.5キロ。美味しいところだけ300~400グラムは「厚切り牛タンネギ塩ダレ」にして、残りは全てシチューなんて良さげ。牛タンが丸ごと2本。1.5キロでRM56って考えられます?

それともこのレベルの部分だけのブロックにして、キロ単価RM80ってのもありかもしれない。その方が良いかも。こういう部位だけのタンシチューって贅沢だと思うけれど、それを大量に作って冷凍しておくのも良いなぁ。美味しいタンシチューが「湯煎するだけでオッケイ」なんてまるで天国。(笑)

随分、安いと思うけれど、もしかしたらオーストラリア産でもなくて、南米あたりから入っているのかな?(インド産だそうです)

冷凍庫に空きが出来たら買ってみます。(買った冷凍庫はすでに満杯 笑)

ん?

豚のタンって今までに食べた覚えが無いのだけれど、これのシチューも興味あるなぁ。

1キロでRM40。安っ!

豚タンってどんな味だかわからないから、「豚タン煮込みカレー」なんかに人生初挑戦も面白そ。そっちを先にやってみるかなぁ。最近、カレーを食べていないし。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ