通販も簡単じゃないなぁ (いつもの雑談)

通販生活ばかりしている我が家ですが、この半年ぐらいは「どんどん通販を始める会社、扱い商品を拡充する会社」が増えてきて、結構ワクワクしていたんですよ。

ところがその通販の広がりは止まるところを知らず、あまりにも広がりすぎた感じがしています。

現物を見ることが出来ずに買うわけですが、「ある魚介類」買おうと思ってもその候補が5つも6つもあったり。中には魚介類専門店もありますが、総合商社みたいなものもある。それもかなり良さそうなものを取り揃えていたり。もちろん価格はバラバラ。

普通でも優柔不断の私はこういう状態だとパニックになるぐらい。(笑)

だからとりあえず、ちょっとだけ買ったりするんですが(魚の切り身を一枚とか)、それを見たヨメさんは「なんでみんなの分を買わないのよ~」と怒るわけです。逆に家族3人分+アルファを買って、それが美味しくなかった時には当然、私は責められる。(笑)

「だから最初は少量買うしかないんだよ」と説明しても、ヨメさんが納得するのはそれを聞いたときだけ。(笑)

正直なところ、私もどれが良いのか本当に惑わされています。

適当なところで妥協して、「我が家はこれで良い」と決めてしまうのが一番なのでしょうが、サバはサバでも新しいところから「見たことがないようなサバ」を売っているとどうしても買ってみたくなります。またネットサーフィンをしていると、どこにでもある「冷凍サバのフィレ」よりも「捕獲してすぐに船上冷凍した一匹物の方が美味しい」なんてのを見ますと、すぐにその気になってしまう。(笑)

そして和食店ではそういう一匹物からしめ鯖を作ったりすることも多いようで、「冷凍物ならアニサキスの心配もない」ことからやってみようかと思う。

牛肉は牛肉で、我が家が欲しい肉は一般的ではないので(和牛やWagyuのサシが少ない部位、あるいはグレードの低い肉)当然、「売っていない」のが普通で、見つけたとしてもそれはブロックで買わないとなりません。部位に寄っては4キロ前後になるのも普通で、なかなか決断できないのね。

ま、いつもこんなことで悩んでいます。(笑)

それと最近、大きな変化が自分に起こりました。

何度か書いていますが、私はラーメン好きではないし、特にインスタントラーメンが駄目なんですよ。小さい頃は大好きだったのにいつの頃からか食べられなくなって数十年。でもヨメさんも息子も普通にインスタントラーメンは食べるんですよ。

ある時ですね、「日清の【麺職人】」を食べてみたら、美味しさにびっくり。ウソだろと思ったくらい。これなら私も食べたい。

一体何が違うのかというと、私は「フライ麺」が駄目になっていたのね。昔はなんてことはなかったのですが、いつの頃からかフライ麺の匂いや歯ごたえが気になるようになりました。その転機はいつだったかよくわからないのですが、グアム時代(1970~80年代)だったような気もするんです。安くてわけのわからないインスタントラーメンばかり食べましたし(日本のインスタント麺は当時売ってなかった)、お世話になっていたグアム人の家庭では、普通にそのインスタントラーメンを使ってディナーも食べるのね。どうもあれがきっかけだったように思います。

でも私はインスタントラーメンにフライ麺とノンフライ麺があるなんて知りませんでした。興味そのものがなくなっていましたから。

でも日清の麺職人が美味しいと思ったのは、ノンフライ麺だったからなのがわかった。

となると私のノンフライ麺探しが始まるわけですが、マルちゃんと日清のラ王とノンフライ麺戦争みたいのもあったんですってね。

で、マルちゃんの「マルちゃん正麺」を食べたら、これも美味しいのがわかった。これからはラ王やマルちゃん正麺のノンフライ麺にすれば問題はないわけで、これで私の「インスタントラーメンは食べない空白の数十年が終りを迎えた」ような気がしました。(笑)

ところが~~~~~~~~~~~

マレーシアでそれらを手に入れるのは簡単ではないのね。

正直屋オンラインからかなり買っておいたのですが、そろそろなくなってきました。で、補充しようと思ってサイトを見ると・・・・、売り切れ続出。(┰_┰)

俺の人生っていつもこれなんだよな、なんて関係ないことまで考えて落ち込んだりして。

もっと大量に仕入れろよな~~~。彼ら、間違いなく大きな売上を逃していると思う。

でもま、見ていると、やっぱりたまに入荷しているようで、表示が変わる。

多くの商品種を揃えているのは私は正直屋しか知らないのだけれど、最近、売り切れが多い。マレーシアのロックダウンのせいだろうとは思いますが、皆さんが欲しい商品って同じなのねぇ。

正直屋のサイトを見ると、商品種の多さに驚きますが、欠品も多いのね。それは「買う」ボタンを見るとわかる。

「Add to Cart」は在庫あり。「Read More」は在庫がない。

そして在庫があっても買える個数が少なかったり。

そしてそして正直屋は毎度の問題があるのね。

配達されるのがとんでもなく遅いってこと。注文して10日以内に配達されたことって一度も無いんじゃないかなぁ。そしてですね、注文時には(データ上だけかもしれない)在庫があっても、「納品時には在庫切れ」なんてのが多発するのね。ひどい時には、注文したものの内の半分程度は「在庫なし」だったり。

これって困るんですよね~。買えたと思っていたのが10日も過ぎて、結局ありませんでしたなんて、ものに寄っては非常に困る。

だから正直屋に依存しないようにしようと思うし、早め早めに注文して在庫は十分に持っておくようになるし、他の店で売っているところも見つけておかないとならないのね。

そうそう、正直屋の商品送付にはまだ問題があって、「納品時の商品をチェックすると【足りないもの】」があったり。正直屋って自社で納品するわけじゃないから、配達時にチェックしても意味がないのね。配達してきたPOSのスタッフにそれを言ってもしょうがないし。

当然、「足りないものがありました」と会社に連絡を入れるんですが、これもまた面白くて、「はい、わかりました。返金します」と、まぁ、慣れたもの。(笑)

そしてそしてもう一つプラスすることとして、正直屋って価格が高いのね。伊勢丹みたいな。(笑)

かつては伊勢丹か正直屋に行くしかなかった頃の価格付けを今も続けている。

そんなこんなで正直屋っていろいろあって困ることも多いのですが、なぜか正直屋から買うことってかなり多い。大ファンです。(笑)

私は私で注文して、知らない間に息子は息子で注文していたりして。正直屋がないと我が家のマレーシア生活は成り立たない。

でも明らかに高すぎる、他で安く買えるものは買いません。いくらアホでもそこまでアホじゃない~~。

たとえば、揖保乃糸は伊勢丹とほぼ同じ価格。23.50リンギ。

私がいつもまとめ買いするのはFocal Marketingで同じものが15リンギ。\(^o^)/

Focalから買う方法はこの日記に書きました。

Dabo's life in KL, Malaysia

皆さん、カニカマってお好きでしょうか。 私は大好き。(笑) ところが美味しいカニカマを探すのが大変なんですよね。一般的な…

そろそろマレーシアに来てから5年になりますが、食材探しにはずーーっと苦労し続けています。前より明らかに「選べるものは増えている」のは間違いがないものの、ババを掴まされるのも毎度のことで、なかなかうまく行きません。

でもねぇ、マレーシアに来る前は思っていたんですよ。「食の天国だ」って。どこにでも美味しいものがあるし、クアラルンプールなら食事に困ることは一切ないと信じ切っていました。

でもそれってやっぱり旅行者の見方ですよね。

実際に住み始めてみると「あれもない、これもない」が始まりました。

「マレーシアでは何でも売っています」という人はきっと、海外生活が初めてか、あるいは海外でもかなり辺鄙なところに住んでいたんじゃないかと思うんです。

今どき、海外でも「味噌や醤油などの必需品」はどこでも売っているのが普通で、日本人、日系人が多い場所(カリフォルニアとか)、あるいはお金持ちが多い大都会では「日本と同じ様な大きな日本食専門スーパー」があるのね。サンマの時期には「日本から空輸された冷凍ではないサンマ」が売られていたり。

でも高いでしょ?って、そりゃしょうがないですね。値段も同じなわけがない。(笑)

でも何度か書いていますが、最近はネットで食料品もかなり安く買えるので、「それを海外に転送してもらう」ことをしても、驚くような価格にはならないのね。(でもやっぱり重いものはだめ。郵送料が高く付く。それと冷蔵、冷凍物はどうにもならず)

私は、昔(1990年代)は年に何回か日本に帰国していましたが、主目的は「買い出し」でした。でも当時も「日系スーパー」はゴールドコーストに3件あって、小さな店ではあるけれど品揃えは今のマレーシアのスーパーの日本食売り場よりも良かった。とは言ってもやっぱり「変わったもの」「良いもの」はないのね(でも注文すると仕入れてくれる日系スーパーもあった)。

だから日本への買い出しはやらねばならず、好きな醤油を二升持って帰ってきたなんて馬鹿なこともやっていましたが、当時は日本での買い物というと、スーパーとか御徒町なのね。インターネットもなければ、通販も珍しい時代でしたから。だから「日本で良いものを安く買う」のは難しかったのね。

今、思い出すと、昔から昆布や海苔は日本から買ってきていましたが、ろくでもないのを高く買っていたと思います。有名な御徒町も安いのはB級品だったり、見た目はよくても封を開けてみると中に変なのが入っていたり、これは今でも同じで、スーパーや御徒町ではなかなか良いものを買うのって難しいと思っています。

そもそも今の豊洲、前の築地にしても、御徒町やスーパーより高いことが普通にあるねの。でも物は確かで、安物買いの銭失いってことは殆どなかったり。

そういう意味で、今の時代は確かな生産者や卸業者からネットで安く買えるし、EMSの郵送料が掛かっても、「マレーシアで売っているものより良いものが安く手に入る」なんてことが起きる。

面白い時代になりましたね~。

私はそういうのを探すのが好きだから面白くて仕方がありません。

でも一般的にはそんな時間も暇もないのが普通でしょうし、皆さんはどんな基準でどこから何を買っているんだろうかと疑問に思うこともあります。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ