【新MM2H】内務大臣の国会答弁 (9/14)

MM2H

新MM2Hに関する「内務大臣の国会答弁」をブログに紹介するのを忘れていました。これがなければ流れがわかりませんよね。失礼しました。

この動画はいつもの「Hajimechannel-JP」さんが国会中継の新MM2Hに関する答弁の場所に【日本語訳】を付けてくれたものです。

 

皆様はどう思いました?

私は内務大臣はMM2Hプログラムそのものを重視していないと思いました。

新条件ではMM2Herが減って経済的打撃があるという主張に対して、「そもそもMM2Hホルダーは多くはない。【たった】の34347人で、銀行に預けている額は9億2100万リンギット(約240億円)でしかない」と。

でも彼は不動産の購入なり生活費でどのくらいのお金をMM2Herが落としているかに関しての言及はしない。本当はここが大事じゃないんですかね。定期預金はマレーシアのものじゃないし、観光客をどの国も誘致したいのは「使うお金を当てにする」からでしょう。

大したことはないというのなら、「たったこれだけだ」とMM2Herが実際にマレーシアに落とした金額(試算)を出さないと説得力がないと思います。

そして質問で追求されていましたが、「安全保障上の問題があるケースは、国家安全保障法で取り締まれば良い」と。これって正論だと思いますが、時間がないのか議長がそこで止めた。( ̄口 ̄∥)

新条件なら安全保障上の問題は生じないのか?と突っ込んで欲しいところでしたよね。

今まで長い間、ハードルが低いままだったのも問題だとは思いますが、その低いハードルでも「たったの34000人しかいない」わけで、「真にマレーシアに貢献できる上質の人を呼ぶ」のも良いですが、どれだけの数字を考えているんですかね。

どんな企画でも「試算は非常に重要」なのはどんな分野でも世界共通のはずで、「儲けが少ないから値上げをすれば良い」的な発想はどうしても理解できず

でも思ったんですよ。

池の中にわけのわからない雑魚が泳いでいるのが許せないんだろうと。どうせ泳がすなら、数は少なくても良いから【一尾1億ぐらいする錦鯉】を泳がせようと。

イヤミに聞こえるでしょうが、内務大臣の答弁は論理的ではないし、MM2Hそのものを受け入れたくないんだろうと思うわけです。

でもそれなりに新規で申請しマレーシアに渡ってくる人たちもいるのだろうとは思いますが、当然コスパを考えるはずで、「それならマレーシアではなくて・・・」と考える人は多いんじゃないですかね。私も、これから新規の申請だとすればそう思う。

「なぜ外国人はマレーシアに住もうと思うのか?」「ハードルが高くても来ると思うのか?」の大事なところを内務大臣に聞いてみたいです。

私はそれさえも内務大臣はわかっていると思うんですよ。でも雑魚がそこらへんにウロウロしているのが嫌なんだろうとしか思えない。

もし「マレーシア滞在」という【商品】を外国人に本当に高く売りたいとしたら、全く違うアプローチをするはず。

今までの低いハードルでさえ34000人しかいないのに、ハードルだけを上げてMM2Hホルダーには新たに付与される権利も特典もない。

内務大臣って世の中はギブアンドテイクだってのがわかってないんじゃないですかね。

あるいは「マレーシアという商品はとんでもなく素晴らしいのに、今まで不当に安売りをしてきた」と怒りを感じる愛国者なのかもね。もしかしたら内務大臣に賛成する国民や議員も多いかもしれない。

ここのところは私も理解できるところがあって、今の日本の「どうぞ、皆さん、日本に来て住んで働いてください。永住許可、市民権も出します。」という方針には断固反対ですから。なんで安売りをしてまで外国人を増やしたいのか?って思いますもの。たとえ外国人がいないと経済も回らない、少子化の問題も解決できないとしてもです。

う~~む、この旧MM2H問題と全く同じプログラムが日本にあったとしたら、「廃止しろ」、「あるいはハードルを何倍にも上げろ」と私も思うはず。特に、見せ金でビザが取れて、なおかつ一度それを取れば一生住める、みたいなビザなんてとんでもないと思いますもの。そしてそれが日本の安全保障にも関わると私も思う。

こう考えると内務大臣の言うこともごもっともみたいな気がしてきます。

サラワクやサバのMM2Hも統合すべきという考え方があるのはわかりましたね。ま、当然でしょう。

半島のビザが駄目なら、サラワク、サバのMM2Hビザを取れば良いと考える人も多いと思いますが、私はこれは多分駄目になるんじゃないかと思っています。

半島と、サラワク、サバはイミグレが別々だとしてもですよ。半島に出入りする人を管理するのは誰ですか?半島のイミグレでしょ。決定権は半島が持っているんじゃない?

つまり、半島のイミグレは、サラワク、サバのMM2Hビザで半島に出入りできないと決めてしまえばそれで終わりじゃないんですかね。内務大臣だってそういうこともせず、サラワク、サバのMM2Herが大手を振って半島で生活を続けるなんてのは「内務大臣はピエロと同じ」ってことになるじゃないですか。

私は内務大臣が真剣に新MM2Hを推し進めるなら、それぐらいのことはやると思う。

それともそれは出来ない「協定」があるんですかね?

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ