ネット上の「あらゆる動画」をスピードアップしてみる拡張機能(Chrome)

これに関しては、関係ない人は全く関係ないですが、助かる人も多いと思ったので書くことにしました。

ユーチューブを見る人って多いと思いますが、普通のスピードではなくて「1.5倍とか2倍」のスピードで再生して見る人も多いはず。音楽をスピードアップして聞く人って変わり者だと思いますが、私はニュース、対談、あるいはバラエティものでもほぼ全てをスピードアップして見る癖がついています。

これって昔からある「速読、速聴」と同じで、最初は聞き取れなくても【慣れると全く平気になる】のね。1.5倍ぐらいなら多分誰でも問題なく聞き取れるはず。これって本当に便利で、特にニュースとかテレビで主に放映されるような内容って「ゆっくり喋る」のね。昔からそうだったかはわからないのですが、きっと【年寄りや子供でもわかるように】という配慮だと思うのですが、これがイライラするんですよね。

「もっと早く喋ろ!!」といつも思う。(笑)

でも再生スピードを好きに変更できれば「ややこしい話はゆっくり」「簡単な話は早め」にするとか時間短縮にはばっちり。これも慣れてくると2倍速ぐらいは全く問題なく聞けるようになりますから「早く見終わる」「倍の情報を見れる」ことになる。

そしてですね、これって年寄りにはかなり良い訓練になると思うわけで、【頭の回転も早くなる】のね。ボケ防止には最適だと思います。

私はユーチューブでは【Enhancer for YouTube】というのを使っていて、再生スピードだけではなくて様々な機能があり(広告も消せる)、それを簡単に操作できるようになる優秀な拡張機能だと思います。(日本語対応)

ところがですね、ヤフーニュースがそうであるようにユーチューブ以外でも動画がありますが、私はその場合のスピードアップ方法を知らなかったんです。無理だと思っていました。だからチンタラ話すのをイライラしながら見ていました。

ところが~。

あらゆる動画で再生スピードを変化させる拡張機能があることに気がついた。【Video Speed Controler】です。これはユーチューブでも使えますし、ヤフーニュースの動画、TwitterでもFaceBookでも、あるいはアマゾンプライムの様な映画でも使えます。本当に便利。

中にはゆっくり見たいものもあるわけで、そういう時にはスピードを戻せばよいだけのことで、場合によっては3倍、あるいはそれ以上の速さで再生できる。

かつて速読や速聴が流行った時に、私もそれに乗りましたが、本当に人間って不思議で、何倍もの速さになってもちゃんと認識できるようになっているのね。本人が「そんなことができるわけがない」と思っているだけ。特に速読は目の訓練が必要で結構難しいと思うのだけれど、【速聴の場合は聞いているだけ】だけだから簡単なんてもんじゃない。で、それに慣れると「速読もできるようになる」のね。ま、これは言い過ぎでしょうが、速読の障害になるのは「私たちは黙読する癖がついている」というのがあって、「黙読を止める」のが非常に大事。でも早いスピードで聞くだけで「黙読を止めるようになる」し、あるいは「黙読のスピードも上がる」のは間違いないと思います。

ユーチューブでは【Enhancer for YouTube】が他の非常に便利な機能もあるから良いですし、他の動画なら【Video Speed Controler】がどの動画にも対応している(ユーチューブも)から良いと思います。

本当に便利。時短になりますし、劣化しつつある脳みその訓練にもなる。(笑)

ただし、問題がなくはなくて、これに慣れてくると「自分の喋るスピードも上がってくる」のね。普通の会話でも「もうちょっと早く話してくれないかな」と思うようになってくる。これって他人から見ると「良い印象は受けない」はずで、そこは注意が必要かなと思ったり。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ