米国下院議長のペロシはすでにアジア(台湾)に向かって飛び立った ( ̄口 ̄∥)

アメリカの下院議長のペロシが台湾に行くの行かないので大騒ぎになっていましたね。

下院議長と言えば、アメリカでは大統領、副大統領、そして下院議長という3番めのおエライサンで、彼女が台湾に行くというのは中国としては絶対に認められず、かなり強硬な反対をしていましたね。ペロシが乗った飛行機を撃墜するぐらいの勢いで反対していたので、アメリカは空母打撃群を出動させるとかそんな話まで持ち上がっていた。

一体どうなるのかな?なんて思っていたんですが・・。

もうすでに彼女はアジアに向かって飛び立ったとのこと。

さて台湾に行くのかどうか。

バイデンは反対していたそうですが、あの半端じゃなく気が強いオバちゃんならやりかねない。

しかしイデン人気はガタ落ちで中間選挙では民主党の大敗予測もあるくらいで、ここでペロシが出しゃばるのはパフォーマンスでしか無いような気もします。

実際に台湾に行くのなら大したもんですが、なんじゃかんじゃ理由をつけて「非常に残念だけれど断念せざるを得なかった」なんてことになるんだろうと思っています。

でもこういうパフォーマンスって本当に危険で、中国にも跳ねっ返りの訳の分からない連中はいるわけで、まさかペロシや同行者に危害を加えるなんてことになったら本当に大変なことになる。

アメリカの原子力空母レーガンを中心とする打撃群はすでに南シナ海に入っている様子。

https://www.youtube.com/watch?v=dhpHV0ow-K8

ペロシが台湾へ行くというのは何を意味するのか。

この説明は「上念司氏」の説明がわかりやすい。

このユーチューバーの説明は的を得ていると思う。

この4つの動画を見れば、一体、今、何が問題でどうなっているのかがすべてわかるはず。

軍事衝突なんかなければよいですが、メンツとメンツのぶつかり合い。どちらも引くに引けないチキンレース。

どうなりますか。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ