下僕としての生活

腹立つ~~~~~~~~。

もう台所が使える状態じゃないので出前を取ったり、テイクアウェイの物を買いに行ったり、そして食べに出たり。

で、本日は和食屋さんにお弁当を頼みました。ところが、何時にどこそこへ取りに行って来いという女帝からの指示があったのみ。その時間に私に予定が入っていようと関係なし。

普通なら、どこそこのお弁当を頼もうと思うんだけれどどう?とか、時間は何時にする?とか聞きますよね。ところが我が家は一切それは無し。頼んだから取ってこい。これだけ。

出かける直前に、日本酒も頼んでおいたからね、の一言。これで私はブチ切れました。

良いんですよ、テイクアウェイ用の値段なら。でもそうじゃないですから。酒がないからって普通の料理屋に酒を頼むバカがどこにいるんだろうと思いますわ。まぁ、世の中には高級店の板前を家に呼んで何から何まで用意させて料理をさせる家があるようですから、料理屋から酒を買ってくるぐらい可愛いものかもしれませんが、私はそういう育ち方をしていません。

あーーあ、これからどうなるんだろうか。指示を出す者とそれを受けるのみの者。旦那が指示を出すという家はまだいくらでもあるだろうけれど、我が家みたいなのは珍しいんじゃないかなぁ。それとも言い方は優しくても結局女房の言うとおりに動く家庭もあるのだろうか。

言葉一言で受け方も違うのに、当たり前のように指示を出す女房ってバカですね。ってそういうバカを女房にしたあんたはもっとバカだとヨメさんに真顔で言われたことがあります。ああ言えばこう言う。今思えばヨメさんが乾癬になったのも理由がわかるような気がします。マレーシアへ行くぞ、なんてね、行きたくもないのに家の事情でそんなことになったんですから。乾癬になる大きな原因の一つにストレスがあると。

しかしまぁ、こういうことの積み重ねで復讐心のようなものが芽生えて、それが段々と大きくなるって事を鬼は知らないんでしょうか。

それとも私は復讐されているんだろうか・・・。多分、そうだ。(笑)

----------------

小さなお弁当ぐらいで私のブラックホール的なお腹が満足するはずもなく、あとで回転寿司でも行って来よう。もちろん内緒で。

立った今、お腹が空いたらこれを食べれば?と私の好きな韓国製のインスタントジャジャ麺の袋を鬼が持ってきた。でも自分で作れとさ。

回転寿司、決定! \(^O^)/

-----------------

ということで回転寿司に行ってきました。イカ、中トロ、大トロだけ。小食です。(笑)

で、やっぱり鬼に何か買っていってやろうとサーモンアボカドロール、鉄火巻き、納豆巻きをテイクアウエイ。

いや、優しいんじゃなくて、鬼嫁をどんどん甘やかしたらどうなるかそれの実験中。昔のタマゴッチみたいなもんで、史上最強の鬼嫁育成中。\(^O^)/

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ