長男が帰ってくる

長男がメルボルンから明日帰ってくることになっている。それは私もヨメさんも次男坊も知っている。

「何時に帰ってくるんだって?」

「朝の7時半ぐらいの飛行機らしいよ。」

「誰が迎えに行くの?」

「さぁ、しらない。」

これが我が家では普通のやりとり。で、しょうがないので長男に電話する。

「明日帰ってくるんだって?」

「うん、そう言ったじゃん」

「そうだけど、何時の飛行機なんだよ」

「7時半に着くやつだよ」

「誰が迎えに行くって?」

「ヒデ(次男坊)が来るはずだけど?」

「いや、行かないって言ってるぜ」

「うそーー、おかしいなぁ」

「迎えが来なかったらどうするつもりなんだよ」

「ま、その時はタクシーでもなんでも・・」

「しょーもないなぁ、じゃぁ俺が行ってやるよ。で、飛行機会社は?」

「えーと、なんだっけ」

「お前、自分が明日乗る飛行機の会社もわからないのか」

「いや、いつもと違うところで買ったから。ちょっとまって」

「ああ、ジェットスターだわ。7時半着ね」

「じゃ、迎えに行くから飛行場でな」

「はーい、すいません。よろしくお願いします」

と、まぁ、こんな感じ。

なんだかいつもマヌケな長男だけれど、やっぱり帰ってくるのは嬉しい。 \(^O^)/

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ