債券の乗り換え思案中

私の資産運用のメインは債券投資ですが、今そのまたメインで持っているGEの債券があと半年で償還になるのでどうしようか思案中です。

このGEですが、豪ドル建てで利回り8%です。この数年、世界中が大騒ぎしている中で結構長く、そして不安も持たずにその利回りが確保できたのは本当にラッキーだったと思います。

で、それもとうとう償還を迎える。今後はどうしましょう。まぁ、こんな時期ですから利回りが高いものは危ない会社、危ない国ってことになるわけで、まぁ、一部をそちらに向けてちょっと冒険してみようってのならまだしも、本隊をそれにブチ込むのはまず不可能。でも世界的にローリスクハイリターンの債券なんかありゃしない。

GEですが来年の2月に償還です。その時まで持っていてもいいのですが、債券の値上がりで、現在値では今の残存期間の年率換算の利回りは5%まで下がっています。つまり、今、売っちゃった方が得ということ。

でも乗り換えるにしても利回り8%なんてのはない。

この前、モルガンスタンレーのを購入しましたが、今回は違うものを探しています。で、こんなのはどうかなと思うのが

○ ゴールドマンサックス 7.75% 豪ドル建て
○ イギリスのロイズ  7.50% 豪ドル建て

双方とも既発債で残存期間は5年と4年。この%ならいいでしょ?ってこの%は額面に対しての%で、現在値は104程度ですから実質利回りは当然下がります。多分7%前後。ロイズは7%を割るかな。

半分ずつ買ってみようかと思ったり。どうしよ・・・・

この%でも日本と比べたら、またアメリカ、マレーシアでもこの%はまず無理ですからずいぶん良い%だと思う方も多いようですが、私から言わせるともう一声欲しいところです。

あと1%欲しい・・・・

1%でグタグタいうのもみみっちいもんですが、この1%の違いが何十年の内には大きな差になるんですね。

かつてはなんだかんだと頑張って総資産に対して12%で回していた時期もあるのですが、この数年、パフォーマンスはどんどん下がるばかりです。

資産運用って結局仕事なんですよね。毎日モニターとにらめっこしているとすればそれは仕事であって退職者のやることじゃないと私は思うんですよ。退職者ってのは半年に一度くらい、資産、運用内容をチェックすればいいみたいな状態を私はイメージしています。

つまり相場じゃなんじゃと頑張って稼いでいるのは、自営業と同じだし、また勤め人も似たようなもんだと思うのです。それを止めれば収入が減る、その分は途絶えるという点で同じ。

やっぱり退職後の生活維持を考えた場合、それらからほぼ完全に開放された状態でありたいと思うのです。遊んでいようが寝ていようが、旅行に出っ放しだろうが確保できる収入。ただそういう種類の収入で今の状況だと7%以上を狙うのは私にとっては非常に難しい。ヘッジファンドにも手を出したいのですが、どうも性格的に難しい。でもKLに行ってから研究を始める予定ではいます。

まぁ、KLに行ったらまた相場いじりを始めるつもりなのはここでも何度か書きましたが、一体どうなりますかね。私の相場いじりは大きな額を動かしませんから、それで利益が出ても総資産の運用利回りはたいして上がらないんです。また、結局それがうまくいっても上に書いたように、仕事で利益を出しているのと同じで、その所得をあてにするようになるといつになっても退職できないってことなんですよね。

だからやっぱり放っておいて利回りの良いものが欲しい。そうなれば寝たきりになろうが、ボケようがどうにかなりますもの。(笑)

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ