シドニーの花火

やっぱりシドニーは大都会ですねぇ。花火も規模が違う。

いつか見に行きたいなぁ。次男坊はシドニーで就職なんてことになるだろうから機会はありそ。

凝り性としては花火一つとっても気になるわけで、ちょっくら調べてみました。あの打ち上げ花火でさえどういう仕組みになっているのかわからないし。

○ 日本の花火と海外の花火の違い
○ 現代の花火とタマヤ~、カギヤ~の頃との違い
○ どういう種類があるのか
○ 打ち上げ花火の丸型の種類
○ 良い花火とは?
○ 最大の打ち上げ花火は4尺?
○ 水中花火とは?
○ 花火の見所、見方

調べてみると面白いですね~。一応いろいろと頭に入ってから長岡とか花火のコンクールの映像を見るとまた一味違う楽しさがあるのがわかりました。ただ綺麗ね~というのじゃなくて、コーディネーターや製作者が一体何を見せたいのか、何に拘っているのかもわかってきました。

好きな人は花火を見て製作者の違いまでわかるそうで、花火も凝ったら面白そうです。

確かに、昔はカギヤ~~~、タマヤ~~~なんて言っていたわけですが、その違いは見ればわかったのでしょうし、今年はタマヤの勝ちだな、なんて江戸っ子達は話をしていたのでしょう。

調べていて面白いと思ったサイトですが

日本の花火百科
  ←クリック

花火鑑賞のポイント ←クリック


↑のホームページはここでいろいろカテゴリーがある
 ←クリック

世の中には水中花火なるものがあるんですね。知りませんでした。

これも是非いつか実物を見てみたいです。

広島は宮島の水中花火大会

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ