パーム椰子農園投資に関して

前に書いたマレーシアのパーム椰子農園投資に関して販売代理店からパンフレットをもらいましたので紹介します。

全部で22枚の画像を、一枚約5秒で一つの動画にしてあります。ですので、しっかり見たいページはポーズボタンで止めて見てください。

全部で4プランあって、それぞれ投資金額(日本円で一口15万から180万)(大口は口数を増やす)、配当(8-10%)、年数が違う(6-8年)。また全プラン元本保証、配当保証、投資期間終了後購入価格と同額で買い取り保証。

ま、良い事尽くめに見えますが、私はこういう投資に手を出したことがありませんので、何に注意するべきかもわかりません。またこういうパンフレットを見ても何に注意してチェックするべきかということさえわかりません。全くのド素人です。

こういう投資って販売代理店との繋がり、信用が大事だと思うのですが、それって日本的な発想できっとそういう考え方は駄目だろうとも思っています。やっぱり自分できっちり問題点を洗い出して必要があれば弁護士を通して調べてもらうことも大事じゃないでしょうか。で、結果は自己責任ってことなんでしょう。

保証、保証と言葉が続きますが、それを保証できるだけの母体なのか、母体はそもそもどんな企業なのかその辺が気になります。また火事だ津波だで被害が出たらどうなるのか、どんな保険が掛かっているのかもわかりませんがそういう自然災害もカバーしているのか、あるいは放火とか暴動ではどうなのか、農園そのものが消滅することがあっても配当は継続するのか、また投資家が取らなければならないリスクとはなんなのか、それの限度はどこまでなのか、それが全くこのパンフレットでは見えてきません。多分契約書にはその辺も書いてあるのでしょうから、こういうパンフレットにも良い事尽くめじゃなくて想定できる投資家サイドのデメリット、リスクの範囲などを代理店はしっかり説明するべきですよね。そういう事は連絡を頂いて・・・ってことなのかもしれませんが、私としてはこういう良い事尽くめのパンフレットって基本的に好きじゃありません。テレビのCMじゃないんですから。

代理店は会社側の良い話ばかりを伝えるんじゃ代理店の意味がありませんよね。それなら会社から直接買っても全く同じことになってしまう。代理店は客の立場でどう考えるかの助言をするべき立場なのに、このパンフからはそれがまるで見えてこないのが残念です。

ま、ただ興味を引く為だけのパンフレットと思えば良いわけですが、今の様なスピード感が重視される時代なんですから、これを読めば投資するかしないか決められるぐらい内容の濃いパンフレットが欲しいと思いました。金額も手ごろな金額からありますし、申込書(契約書)も同梱で良いかもですよね。また、日本語に翻訳した契約書を契約してくれた客にはプレゼントってのも変な話で、日本人の見込み客にはどんどん出せば良いのにって思います。

文句ばかり垂れてますが、私はこれには多少投資しても良いと考えていますので、追加情報があればまた紹介させていただきます。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ