戦前と同じ状態

私は靖国参拝は良いと思うし、日本は日本の望む生き方をすべき。

でもねぇ、今の状態って戦前と似てるんじゃないかと思うんですよ。状況が似てるというんじゃなくて、日本を取り巻く諸外国の意識という点で。

かつてなんで日本が中国に入っていったのかだけれど、日本には日本の理屈があるじゃないですか。スタートはどこと考えるべきかは私にはわからないのだけれど、清が滅亡し、その後武漢に邦人保護の目的で軍を駐留させてからそれはそれは何度も何度もチクチクやられたわけで、でも当時のことは私としては日本は大陸に侵略したのは間違いがないと思っていて、日本は侵略国家ではないという言い方には違和感を感じています。しかし時代は大国による侵略合戦と言っても良いような時代。第一次大戦後は列強の中国共同支配体制になった。

蒋介石の時代に入っても、日本は何度も何度も小競り合いを仕掛けられてそれに対応し、事変、事件と呼ばれる私の頭では覚え切れないほどのことが連発。そして盧溝橋事件(後にこれは共産党が両軍に発砲した謀略だと周恩来が自慢げに言っている)を発端に全面戦争に入っていった。そしてまた大東亜戦争に向かっていくわけですが、この間の日本がやったことだけピックアップされて非難される。これが戦後レジーム、そして日本の自虐史観の大本になっていると思うのですが、ここになぜ日本はそうしたかという観点が完全に欠落しているんですね。とにかく悪いのは日本だと決め付けた。中国側が何を日本に仕掛け、日本を苛立たせ、怒らせたかは全く無いことになってる。それどころか蒋介石の上海爆撃が日本の仕業とまでなっていて滅茶苦茶。大東亜戦争も同じで、コミンテルンやアメリカが何を画策していたのかは一切論じられない。アメリカの大虐殺も一切論じられない。

では日本に悪いところはなかったのかというと、私は「やり過ぎ」「強過ぎ」という言葉で表せると思ってます。結局、時代は列強の帝国時代だと言っても、そこにはルールがあったろうと思うんですよ。でも日本はそのルールを無視したのか、強すぎたのか、一人勝ちしてしまった。南京攻略がその一番の例だと私は考えていて、戦争なんだから押せるところまで押して首都陥落まで行くのは当然という考え方があったのでしょう。この一途と言うか一生懸命と言うか、完璧主義と言うか、世界を見ずに突っ走っていった日本の姿があるように思っています。

満州鉄道に関してもそうで、アメリカが利権を欲しがって共同経営を申し出たけれど、日本はそれを一蹴した。

この辺に私は今でも通じる日本人の特徴を見ることが出来ると思うんです。真面目、一徹、完璧主義。だから強いんだけれど独りよがり。

なんか違うんだよなぁ、と海外には映るのだろうと私は思うんです。特攻精神もそう。

そして今の靖国参拝もそれに似たものを私は感じるんです。海外に仲間、理解者を作れていないと。

つまり、日本はプロパガンダが下手どころか、無視しているのか馬鹿にしているのか、世論形成をまずしなくてはならないとは全く考えていないように見えます。黙って俺について来い、みたいな古さが今でもある。不言実行が大事で細かいことを言うのは言い訳だと考える。私は日本の最大の欠点はここにあると思うんですよ。日本の美徳が日本の首を絞めてる。

その点、毛沢東はプロパガンダの天才だし、アメリカも世論操作がうまい。アメリカの戦争って、私の知っている限り全部が相手が悪いと国民が怒る、世界が納得する世論を作ってから戦ってる。第一世界大戦も、第二次世界大戦、ベトナム戦争、湾岸戦争、イラク侵攻、アフガン侵攻、その他、各地で政権を倒すのもみんな同じ。私はリビアのカダフィはアフリカの星だったかもしれないと思ってます。都合が悪いといちゃもんを付けて消すのがアメリカのやり方。蒋介石もそうで、アメリカ在住の女房と二人三脚で世界世論をコントロールした。

では日本は?

突然、暴れだすキチガイ(に見える)。

私としては防衛費の10%ぐらい巨額な予算をプロパガンダ、ロビー活動に使ったほうがはるかに安全保障上有効だと思うんですよ。もちろんNHKは再構築しないと駄目だし。

でもそれは洗脳、策略だと毛嫌いするんですよね、日本人は。で、作戦らしきものは何も持たない。その点、明治時代の日本人の方がはるかに世界に対して行動的で利口だったんじゃないでしょうか。

今年のいつか忘れましたが、麻生さんがヨーロッパに外遊して、円安に関してちくりと言われて帰ってきて、「他の国が自国の通貨が安くなるように誘導しているときに、俺達は何も文句を言わなかった。」と意気揚々として言うのには呆れました。

これが日本なんだと。

こんな考え方でやっている限り、もし中国が尖閣を取りに来ても日本は手出しができないんじゃないでしょうかね。もし反撃しても、日本から攻撃された、仕掛けたのは日本だと言うだろうことは間違いがないだろうし、世界も仕方がないだろうと思うんでしょう。日本の政治家がその時になって何を言おうが、国民が何を叫ぼうが、世界には届かず、また新たな自虐史観を押し付けられる。

この連鎖の根本にあるのは何かを知るのが大事で、誰がどうした、インチキだと相手のせいにしてもどうにもならず。日本が自虐史観を持たなくてはならなかったのは必然だと私は思うわけです。誰のせいでもない、日本のせいだと。

そしてその根本にあるのが日本の美徳。

その美徳は美徳として未来永劫持ち続けるのなら、相手のためにも相手を説得する必要があると考えるべきで、今のままで良い訳は無いと思っています。

今、フト前に書いた日記と紹介した動画を思い出しました。日本人と外人の大きな違い。日本の美徳は海外から見ると異常な部分がある。日本人って「黙っていれば調子に乗りやがって・・・・・」と思うシチュエーションって非常に多いと思うのですが、それこそが日本人らしくて、世界を舞台にしたらそれじゃ駄目だということ。世界では文句を言った方が勝つ。

日本人気質に関して書いた日記   ← クリック

尖閣と日本人気質に関して面白い動画だと思います。かつて韓国人が日本人を「八幡(パハン)」「海乱鬼(カイラギ)」と呼んでいた話は日本人を表すのにまとを突いていて関心しました。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ