マレーシアの運転は怖いと思ったことが無い私

マレーシアの運転は怖い、危ないと多くの人が言いますが、私はそういう思いを一度もしたことがないんですよ。

って、経験するほど長い間マレーシアに滞在したことがないってことなんですが、レンタカーで5日間走り回った時にも、「アジア~~って感じ」だなとは思いましたが恐怖を感じたことはありません。

今年の8月に行った時は自分では運転をしませんでしたが、移動はすべて自動車。やはり危ないと思ったことは一度もなし。どうしてなんでしょうね。オーストラリアも似たような事情ってことならそれもわかるんですが、全く違うし。

私が鈍感ってことかな?(笑)

また、マレーシアに行く度に、オートバイが減っているように感じます。

もしかすると運転する時間帯、移動する時間帯、行く地域によって違うのかな?

多分、私みたいに、「たいしたことないじゃん」なんてたかをくくっていると、突然恐ろしい思いをするのかもしれませんね。決して「怖い」「危ない」と言う人達だって常にそういう思いをしているわけじゃないんでしょうし。

私が「どうにかしてくれよ~」と思うのは歩く時です。道路の横断が簡単にはいかないのね。あれだけは不思議ですわ。どうしてあんな作りになっているのか。また歩行者優先じゃないってのが感覚的にわからないんですね。車は止まるはずだとどうしても期待しちゃう。

自動車で怖い思いをしたことって、そう言えばありましたわ。

姉はKL在住5年なんですが、毎日車であっちだこっちで運転しているらしいのですが、姉のクルマに乗ると怖いと思います。それは昔からそうなんですが(笑)、下手くそで怖いんじゃないんです。若い頃はラリーに参加するような姉で運転は上手いんですが、乱暴に感じます。

マレーシアでは日本にいる時よりそれがもっと凄いことになっていまして、(日本人なら)ブレーキを踏むところでも踏まないとか、相手に譲るべき時でも自分から突っ込んでいくんですよ。

なんでそんな運転するんだ?と聞いたことがあるんですが

「みんなと同じにすれば良いのよ」ですと。(笑)

私がマレーシアで気になるのは強盗かな。車上荒しも、道を歩いている時、家も同じ。

信号で止まっている車の窓ガラスを割って、一瞬に盗んでいくってのも恐ろしいですよね。ま、これは予防は可能だと思ってますが。

それと警察官への(強制的に払わされる)心づけも気になりますねぇ。(笑)

これは高速での出来事。組織的ですね。どうも速度違反だといちゃもんをつけている様子。

私はこういうことに関しては腹が立たないんです。文化であると思うだけ。税金を払ってまわりまわって彼らの給料、収入になるところをショートカットしているだけ。(笑)

そう言えば、日本で中国人が運転免許を取るのに、試験官に1万円を渡して捕まりましたが、あれも可哀想というか馬鹿だなぁって思うだけ。彼らの「心づけ」(笑)の文化が日本でも通用すると思ったんでしょうね。決して「賄賂」という意識はなかったんだろうと思います。逆に日本人が日本の常識でモノを言うと、海外ではクレーマーになるのと同じようなもんだと思いますわ。

マレーシアで車載カメラをつけている日本人の話って聞いたことがないんですが、私は絶対につけようと思っています。それどころか今、考えているのは前方はもちろんのこと、後方も録画できるようにしようかどうか。

確かシンガポールでは車載カメラをつけていると、車の保険料が割引になると聞いた覚えがありますが、動画って何よりの証拠だし、旅行に行った時の思い出にもなるし、良いと思うんですよね。

最近の車載カメラは映りが格段に綺麗になっているし、エンジンを掛けると自動で録画が始まるし、古い動画にはどんどん上書きされて更新されるから面倒なこともないし、そして1万円前後で十分良いのがあるのね。

私が持ち歩いているMobiusという超小型ビデオも車載に対応しているし、あれでも良いかなとか。7000円ぐらいだったはず。もちろん映像はハイビジョン。音もかなり良い。

モビウス。この動画は英語ですが、モビウスの全てがわかります。英語が苦手でも見ているだけでわかるはず。車載した場合の話は17:10辺りから。音質チェックは9:13辺りから。このMobiusを車に付けておいたらかなり利用価値があると思います。タイムラプスも撮れますし、取り外しも簡単ですから、旅行の記録にもばっちり。

2014-12-20_14h32_45

 

 
    

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ