またもや生肉ユッケ:ソウルの有名店の真似をしてみた

タルタルステーキはやっぱりイマイチ。今までレストランで食べても「美味いっ!」って思ったことはなくて、まぁ、良いレストランなんか行ったことが無いからだとは思うのですが、やっぱりユッケのほうが何倍も美味しいと思います。

で、まだタルタルステーキの味をベロが覚えている間にユッケを作ってみようと思いました。

ユッケは自分流のやり方があるんですが、ネットで偶然見つけたソウルの「ペクチェ精肉店」のユッケを真似してみることにしました。ここは日本人の中でもかなり美味しいと評判のようで、ユッケには必需品の「梨」や「ネギ」がタップリと最初から混ぜ込んである様子。

ただ味だけは写真を見てもわかりませんし(笑)、ここまで梨やネギが多いのも多すぎると感じますので、梨とネギをちょっと多めに、そして味付けは韓国スーパーで「これが一番美味しい」と言われる焼肉のタレ(美味しいけれどやっぱり甘すぎる)をベースに、醤油、コチジャン、ごま油を入れて調節。そしていつもなら一緒には出さない生野菜も一緒にしてみました。ま、サンチュに包んで食べるのと同じようなものでしょう。

RX1R-03125

これを韓国流に全て「グチャグチャに混ぜて」食べるのですが、結構いい感じでした。やっぱり梨は高得点。

ユッケってやっぱり良いと思いますし、タルタルステーキはもう一生食べなくても良いと思うくらい。 (笑)

ところでユッケですが、日本はあのゴタゴタの後に食べられなくなりましたが、復活の兆しがあるそうですね。ある食肉メーカーがパック入りのユッケを作ったそうで、店ではそのパックごと出すらしい。

私もそうですが、焼肉屋に行ったらまずユッケって思う人は多いはずですし、レバ刺しもどうにか復活したら良いですね。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ