ま、ま、まずくて食えない・・・

相変わらず「糖質制限食」の話ですが、ちょっくら真面目にやろうと考えて、今まで買ってその内その内と放置してあった「代替食」を試してみることにしました。

かなり前に日本から取り寄せた「大豆のパスタ」。

RX1R-03398

茹で上がりはこんな感じ。まずここで躓きますね。美味しそうじゃない。なんかこんな虫いませんでしたっけ? (笑)

RX1R-03399

味見をした感じは、美味しくないけれど「オエッ」となるほどまずくはない。どうにかなりそうな感じ。

でもソースで失敗です。

何を作ったかというと、ヨメさんがゲテモノ扱いした「海老の頭のスープ」から作ったソース。

ちょうど冷凍庫の整理をしていまして、段々と溜まった海老の頭が邪魔でそれをどうにかしようと思ったのが間違いの始まりでした。

まずはお約束のミレポア。バターで炒めます。

RX1R-03388

本来は小麦粉は使いませんし、糖質制限ではできるかぎり小麦粉は使いたくないのですが、少しぐらいなら良いだろうと・・・。これが間違いその2.

RX1R-03391

これを数分炒めてから、「海老の頭を煮込んで作ったスープ」を濾して投入。

RX1R-03390

煮込んでから(濃い)クリームを入れたのですが、トロミが全然足りないので本来の「米」を入れようと思ったのですが、それでは時間が掛かるので「Sticky Rice Flour」(餅米の粉)を水で溶いて入れました。これが間違いの3。

RX1R-03395

硬さもそこそこになりましたのでこれを掛けて「大豆のパスタ」を食べるのですが、ガーニッシュは何もないのでネギを刻みました。

RX1R-03402

一口目にこれならどうにか食べられそうだと思いましたが、二口、三口と食べるに従って段々と気持ち悪さが・・・・。orz

大豆のパスタより海老の頭のソースが駄目。やっぱりヨメさんの言ったことは大正解で、海老のソースというより海老の「ミソ」のスープというべきかなり強烈な味が強すぎて、生臭くて、具合が悪くなりそう。 (T_T)

そうなると「大豆のパスタ」も美味しく無いと感じるわけで、かと言って捨てるのは信条に反しますから、世界の恵まれない人たちのことを想像しながら、「感謝、感謝」と心で念仏を唱えながら完食。

はぁ・・・・・。疲れました。orz

血糖値は140.4mg.dl。これじゃ糖質制限になっていません。そもそも小麦粉を使ったのが大間違いで、その後にかなりの量の「餅米粉」も入れちゃいましたから、こんなことなら普通の食事をしたほうがよっぽど良いという結果。

ただ、小麦粉、餅米粉以外ではさほど糖質はないわけで、もし本物の小麦粉のパスタだったら170mg/dlぐらいは行っているはず。いや、もっとか。

そういう意味ではこの大豆のパスタは使えると言えるかもしれません。

でもどうしても「パスタじゃなければ食べたくない」ってほどの欲望が無い限り、この大豆のパスタを食べる必要はなさそうです。

あるいは「美味しい~~~~~」と感激するようなソースを使うか。

イマイチのパスタとイマイチのソースの組み合わせは最悪です。イマイチ+イマイチではなくて、イマイチXイマイチになるのが確認できました。 (笑)

でもさすがに大豆ですからお腹が張ります。食べ終わってから1時間経つのに、どんどんお腹が膨れてくる感じがします。

食べた量は乾燥状態で80グラム以下かもです。1袋100グラム入りを2袋茹でまして、長男と分けましたがまだ手を付けていないパスタが結構残っていますし。

こういう思いをすると「大豆パスタ」はもうやめよう、ではなくて「もう糖質制限なんかやめよう」という風になっちゃいますね。やっぱり手抜きをしては駄目だと痛感しました。