居酒屋「雄」で会席料理?

日本から友人母娘が来ておりまして、昨日は皆で食事に行くことに・・。

サーファーズパラダイスにある「居酒屋【雄】」で好きなものを食べながら飲もうという話になりました。皆、飲兵衛ですから。

ところが「雄」に電話をして予約をしようと思った所、雄では会席料理を始めたとのこと。へ~~~、どんなんだろう。居酒屋だからといってバカにしては駄目で、この「雄」のオーナーの大野さんはゴールドコーストにゴマンといる和食料理人の中でも「正統派」の人で、腕前はトップ3に入るのは間違いがないのでそれを頼むことにしました。

料金は一人60ドルからということらしいですが、いろいろ変わったものもあるようなので100ドルでお願いしました。

まずは記念撮影。だらしがないジジーが約一名。恥ずかしいけれどしょうがない、これが現実。(笑)

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

最初に出てきたのがコレ。自家製ごま豆腐にウニ、そしてエビ。ワサビは本わさびなのが嬉しい~。このエビが美味しいけれど、こんなエビ、どこで売っているんだろう。これがあれば家での料理も楽しくなるはず。

DSC_0001_1605

そして刺し身。本マグロの赤みと中トロ。私は赤みが嬉しい。そしてヒラマサにスキャンピ。スキャンピが美味しかった~。

DSC_0004_1605

まぁ会席料理と言ってもここは居酒屋。そこら辺は納得しないとしょうがないし、中身で勝負ってところですね。

刺し身が出てきたのでビールはやめて日本酒に。ゴールドコーストでも(日本で話題になっている)「獺祭(だっさい)」があったのにはびっくり。

DSC_0006_1605

私が感激したのはこれ。鯖寿司。これってゴールドコーストに25年いるけれど、初めて食べたかもしれない。鯖はシドニーからとのこと。幸せ・・。大好物なんですよ、これ。ホタルイカの沖漬けだけれど、え~、沖漬け~?なんて思ったのは間違いで、ちゃんと手を加えてあって美味しかった。

DSC_0007_1605

そして日本酒を変更。一番の辛口だという「水神」に。でも私には辛すぎ。獺祭のほうが良いと思う。

DSC_0008_1605

この辺でお酒は焼酎も頼んで、イイチコが参入。酒盛りが本格的に・・・。

この焼き魚はなんだったっけ。ぱっと見た目は「銀だら」みたいだけれど、聞いたこともない魚。まぁまぁ。タコが美味しかった。これは家でも作ってみたいなぁ。多分、RealFishで買ったミズタコの生(冷凍)で作れるはず。さっと湯引きして酢味噌・・。

DSC_0009_1605

アワビが出てきた。煮てあるし量も多いけれど、ちょっと味が惜しかった。何故か一緒に出てきた「さよりの天ぷら」が美味しかった。この魚っていつも敬遠してきたけれど(昔はよく食べた)、かなり大型で肉厚なんでしょう。コレは良いわ。

DSC_0010_1605

もうここらで大食いの私でも(少食のヨメさんから分けてもらったし)かなりお腹いっぱいになってきた。でもまだ続く。和牛と柔らか煮してある牛たん。

DSC_0011_1605

これを焼いて食べる。こんな一人前の焼くための鉄器なんて珍しくて、日本の旅館に行った気分。(笑)

DSC_0012_1605

その後は大きな土鍋にショウガ味で美味しく炊いたご飯がごっそり。これはお持ち帰りで、明日の朝、おにぎりにする。(笑)

いや~~、結構飲んだし、大満足でした。「会席」なんて聞くと期待しちゃうというか勘違いしちゃうけれど、居酒屋でこういう物が食べられるのは嬉しい。今度、家族で行く時には私としては「刺し身」だけがあれば嬉しいかな。事前に電話を入れて確認をしてくれとのこと。

私がこの居酒屋「雄」で一番好きなメニューは「レバ刺し」。これって日本でも食べられないし、ゴールドコーストでもこの店しか置いている店を知らない。息子と行くと、これを最低2皿づつ頼んで飲みまくる我が家。

ちなみに、酒代を入れて全部で800ドル超え(5人)。これがゴールドコーストの現実。シドニー、メルボルンはもっと高いと息子の弁。

マレーシアに行ったらどうなるんだろう。酒代が高くて文句タラタラいうことになるのは同じかな・・・。

ゴールドコースト You Japanese Restaurant 口コミ・写真・地図 – トリップアドバイザー

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ