KLに旅立つ日がほぼ決まりました

まだ確定ではありませんが、多分10日になると思います。

それが確定するのははやり週明けの月曜日で、その日に飛行機やホテルを取ろうと思います。

今、住んでいるコンドの鍵は9日の夕方にマネージメントオフィスに渡しますし、8日と9日はどこかホテルを取る予定。そして10日にはホテルから飛行場、そしてクアラルンプールへ。

明々後日の日曜日には我が家の私物のほとんど全部をもらってくれる方々にお渡しする予定。

冷凍庫からオーブン、圧力鍋、フライパンやら鍋釜、フードプロセッサもジューサーも真空パック器も全て日曜日にはなくなるはず。でもこのユニットはフルファーニッシュトですから、シーツや枕、調理器具も(寂しい物)が一応そろっていますので、どうにかサバイバルは出来ます。でも寝泊まりするだけで、日曜日からは外食中心になると思います。

あと一週間でこのコンドともお別れ・・・・。

最初は自宅を売るまでの短期間だけ・・と思っていたのが結局6年も住んでしまいました。何をやっていたのか。

でもこの6年を振り返ってみますと、「機が熟す」ってことがやっぱりあるんだろうと思います。そして今がその時。

このコンドを借りようと思って見に来た時のことを思い出します。なんせ見晴らしが抜群で、皆で「うわ~~~~凄い」って声を出しました。ここから見える風景ってまさにゴールドコーストそのもので、それまでは住宅地の一軒家で地べたに這いつくばって生きていましたから「初めてゴールドコーストに来た気分だね」なんて話ていました。

ベランダから見えるある夏の日。

でも長年住んだ自宅はネラング川の本流に面しているウォーターフロントで、自分の家の桟橋から魚釣りも随分楽しみましたし(季節感がなく一年中、黒鯛とキス、コチしか釣れない 笑)、大きなマッドクラブはいくらでも仕掛けを入れておけば捕れましたし、結局はほとんど使いませんでしたが、大きめのプール、サウナ、ジムがあるような家で、ゴールドコーストの生活という意味では申し分のない自宅でした。

何年も放置し「現状」でボロボロの状態で売った時の写真。

RX1R-05436

でも手入れもちゃんと出来なくて、最終的には汚くなってボロボロのまま叩き売ることになったのは、我々家族4人を見守って育ててくれた我が家に対して本当に申し訳ないと思っています。

泣いたり笑ったりしながら毎日見て過ごしたベッドルームからのこの眺めも一生忘れまいと思います。

RX1R-05251

2015-11-16_17h34_48

KLに向かう前にこの家の前に行き、今までのことをしっかりお礼を言って、旅立ちたいと思います。嬉しい時も挫折してもう自分は終わりだと思った時も、いつも我々四人を暖かく包んで守ってくれました。

RX1R-05470

25年の年月ってやっぱり結構長くていろいろありましたが、子供たちはちゃんと成人し、一家離散なんてこともなく、また離婚話は何度出たかわかりませんがどうにか未だに一緒にいますし(笑)、我々は本当にラッキーだったと思います。

でもとうとうゴールドコーストの生活には見切りを付けるしかなく、巷では「ダボさんのところは都落ちだね」なんて陰口も言われているようですが、我々としては次のレベルに「上がるつもり」でマレーシアに渡ります。でもいつも書いていますように、ご褒美人生でもなければ、遊び三昧、旅行三昧して老後を楽しむつもりは全く無く、逆に今まで好きなように生きてきたからこそ、両親のこと、姉のこと、ヨメさんや子供、そしてまだ見ぬ子孫たちのことを考えると、「私としてやらねばならない」ことが山のように頭に浮かんでくるんです。

このまま自分たちの老後を愉しめば良い、なんてことは私は一切考えていません。逆に、今までラッキーだったのは世の中のおかげでもあるし、本当に好き勝手に人生を送って来ましたから、「私の人生はもうこれにて終了」でも良いと思うんです。もう十分、頂くものは頂きました。だからこれからは「自分以外のことを考えるべき」であって、まずは自分の家族、一族の現在、将来を考え、そして世の中への恩返しを徐々にやっていこうと思っています。

ゴールドコーストには本当に「有難う」というしかないし、家族皆で無事に人生を送れたのはやはり何か「見えない力」が働いたのかもしれない。少なくとも「良い縁」が無ければこうは行かなかったはずで、世の中の存在の全てに心からのお礼を言わなければならないと思っています。

ゴールドコーストのこの景色、そして空に、海に、太陽に、風に、そしてこの土地に住む人々、日本人もオーストラリア人も他国の知り合う縁があった全ての人にも有難うと言いたい。

どうも有難うございました。m(_ _)m

でも決して「さようなら」ではなくて、年に何ヶ月はまた戻ってくるようになるはずで(どこに泊まるんだ? 笑)、今までお世話になった方々、友人たちにはあえてお別れの挨拶はしません。

さてさて、我々にはかけがいのないゴールドコーストですが、これからマレーシアに行って、また一つ愛する国、場所が出来たと思えたら良いなぁ~~~~~。

どうなりますか・・・・・。

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ