「次のコンド探し」で部屋を見てきた

11月にはこのコンドを出ないとならないので新しい部屋探しをはじめました。

できれば同じコンドの同じ部屋タイプが良いので、まずはそれらを見てきました。二部屋とも同じ棟の階数違い。

一つの部屋は今の部屋より(センスが)良い感じなのですが、今よりずーっと低い10階。リビングやベランダから反対側の棟の部屋が見える。う~~~む。でも反対側の棟は12階だて(?)だから圧迫感はない。

もう一つは8階で、たった2階の違いですが反対側の棟の圧迫感はかなりある。こんな違うもんですかね。そして部屋が暗く感じます。直射日光がガンガン入る部屋は困りますが暗い部屋も悲しい。ここは朝日も入らないんじゃなかろうか。そして家具類がアウト。特にパッと見てわかるカーテン類が、なんというんでしょうか中東っぽい感じ。冷蔵庫も聞いたことが無いようなメーカーのもので「金をかけていない」のがすぐにわかる部屋。この部屋は借りようかどうしようか悩む必要もなし。

最初見た部屋ですが私達が見ている間に他の組も見に来ていまして、「もっと上の階の見晴らし、明るさ、風通しの良さ」を知らないなら「ここも良いね」ってことになるんじゃなかろうか。不動産屋もここは決まるのが早いだろうと言っていましたが私もそう思う。

その二軒だけ見て自分たちの部屋に戻りましたが、ああああ、やっぱりぜんぜん違うなぁと。やっぱりリビング、ベランダからの見晴らし、開放感がまるで違う。そして明るさ、風通しも。この風通しの違いって重要だと思う。

今の部屋を見つけられたってのはやっぱりラッキーなのかもだなぁ。

でも去年、決めるときですが、最初に決めようと思った部屋はもっと上の階だったんですよ。いいね~、ここ、と言いながら即決はしませんでした(レント代にビビった 笑)。でも次の日に聞いたらもう決まってしまっていた。

このコンドは結構人気らしく、ましてや高層階はすぐに決まるってのは今も同じ様子。でも今の時点では高層階の同じフロアプランの部屋にレント物件はなく、来週は4軒見る予定ですが、部屋の広さは今の部屋よりせまい。ネットでフロアプランを探して見てみますと「リビング」「ダイニング」「ドライキッチン」「ウェットキッチン」が狭いのがわかる。ダイニングとリビンが狭いのはかまわないのですが、キッチンが狭いのは問題かなぁ。でも部屋数は4BR+なのは同じで部屋そのものの大きさはちょっと狭い程度。

今の部屋を知らずにその部屋を見れば、今より10階以上、上の高層階みたいですし、「いいじゃ~~ん」なんてなるんじゃなかろうか。(笑)

これより見晴らしは良いってことなんだけど・・・。

でも今の部屋が一番良いなぁ。問題らしい問題は一切ないし。

とにかく部屋を見て、その時のインスピレーションを大事にしたいと思います。

早く決めたいぞ~~~~。

もしこのコンドに我々に合う部屋がなかったとしたら・・・・・

その可能性も考えて他のコンドを調べてみるかなぁ。

バンサ地区?KLCC?

もしモントキアラ地区だとしたら、一番西にある「キアラマス」のシリーズが良いと思ったり。周りがジャングルで自然の中にいるような感じ。Airbnbで泊まった「キアラマスアユリア」の部屋から見える景色は「ここは箱根か?」って思うくらいでした。多分温度も1-2度は違うはずだし。でも「人間の営み」が全く見えない、聞こえないってのも益々ボケそうな気がしないでもない。(笑)

あ、そもそもこの広さの部屋がないか・・・・。

夫婦二人だけでこじんまり生活するなら今の部屋の半分の広さでも良いくらいで、それならいくらでも良いコンドはあるんだけれど・・・・。

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ