そろそろ「引っ越し」を考えるか・・・・

マレーシアに上陸したのは2016年。

すぐにコンドを借りることはせずに、2ヶ月ぐらいでしたかね、あちこちの「住んでみたいコンド」を中心にAirbnbでウロウロしました。結局、何箇所に泊まりましたっけね。

Airbnbで泊まりながら、そのコンドそのもの、私達に合う広さの部屋があるのか、当然、コンドの近隣も調べまくりました。

(これから書くことは我が家の独断と偏見で、気分が悪いと思う方々も少なからずいらっしゃると思いますが、本音を書くことを優先させてもらいます)

細かいことは忘れましたが、印象的だったのはやっぱりパビリオンの上のパビリオンレジデンシズ。駐車場にはフェラーリじゃランボルギーニが何台も駐車してあって高級車のオンパレード。階下に降りればパビリオンですから便利なことこの上なし。でもやっぱり我が家とは世界が違うコンドだと思いましたわ。大きな部屋は家賃もかなり高かったし。

雰囲気としては良いなと思ったのがセントメリーレジデンシズかな。でもAirbnbで借りた部屋が最悪で、近隣のビルしか見えない部屋で、なおかつ設計ミスか?みたいな窓が一つもない牢獄みたいな部屋がある(メイド部屋ではない)おかしな間取りでした。それだけでテンションが下がってしまったのを思い出します。もちろん良い部屋もあるのは間違いないものの、結局、場所的に我が家には合わないと思った。

でもここのコンドを所有、あるいは住んでいる日本人はかなり多いと聞きました。良いコンドなのには間違いがない。変なユニットを選ばない限り。結局、売れない、貸せないようなユニットだからAirbnbに出すんでしょうね。

私の中ではかなり期待していたKLCCのK Residenceですが、場所的には完璧だと思ったものの、あの場所に合わないクオリティや間取りに納得ができませんでした。もしクオリティや間取りが良ければ、私はK ResidenceがKLのbest of the bestだと思う。スリアKLCCとは地下道で繋がり、地階はLRTのKLCC駅。

意外に家族みんなで高評価だったのが、モントキアラの西サイドにあるキアラマス・アユリア。体感気温は低いし、風通しも良いし、部屋から見える景色はジャングルだったんですが、なんとなく箱根の山にいるような錯覚があったコンド。コンドそのものもそこそこで問題なし。

モントキアラの一番端っこ。車がないとどうにもならないけれど、この地区は今でも良いと思う地区。この地区にあるDanaiというコンドが良いと不動産エージェントが言っていましたが、私達はAirbnbで泊まることは無いにしろ、Danaiの何部屋かは見せてもらいました。たしかに良いけれど、眺望などを考慮すると本当に良い部屋ってどっち向きだか忘れましたが、ある一角のある階数以上なのがわかった。当然、そういう部屋はレント物件として出ていない。

2016-10-25_23h31_03

気になっていたし雰囲気がゴールドコーストに似ていて空気も良かったデサパークシティですが、残念ながら私達が望む広さのユニットはなかった。ここの町並みって今でも好きで、マレーシアの雰囲気じゃないのね。ここに行くとなんだかホッとするような感覚があります。

その他、スバンジャヤとかモントキアラのワンモントキアラに近いコンドに泊まりましたが、やっぱり部屋数、広さに問題ありでした。

ああああ、KLCCのマークレジデンスも有力候補だったのですが、玄関の素晴らしさとエレベータを降りてからの落差が大きなコンドだったなぁ。部屋も古かったし。部屋はお金の掛け方次第で色々あるにしても、共有部分が気に入らない場合はどうにもならず(こういうコンドって結構多かった。薄暗く汚いとか)。

その他、どこに泊まりましたっけ。ミッドバレーのノースポイントも有力候補だったのですが、大きなユニットがないのと、ベランダがないのは受け入れられず。

で、ネットで検索した時にも良いなぁと思っていた今のコンドにAirbnb放浪の最後で泊まったのですが、すぐに「ここにしよう!」と決定。やっぱり最後にしたのは予感があったからだと思います。

早速、不動産エージェントに連絡をして空いているユニットを探してもらったのですが、高層階で4BR+1、家賃の値引きに応じてくれたし、即決定。住んでからもマレーシアあるあるの部屋の不具合も一切なかったし、AVルームがあってこれが我が家の仕事場としては最高でした。

でも1年目に、オーナーがそのユニットを売ってしまって出ることに。新しいオーナーが賃貸に出してくれれば・・と心底思いましたっけ。でもオーナー自らが住むと。

さて困ったとなりましたが、コンドそのものが気に入っているので同じコンドで部屋を探して見つけたのが今の部屋。前のユニットより階数は低く、調度品のレベルも低く、そして家賃は1割以上高かった。でもオーナーも良さそうな人なので、ま、いっかと思い決めた。

そしてそろそろ2年の契約も切れる。

私としてはこのままこの部屋を借り続けても良いと思っているんですが、ヨメさんが他に引っ越しすると張り切っています。

ヨメさんはマレーシアのコンド事情を全く知らないから、探せば良いところはいくらでもあると思ってるのね。でも「ロケーション(我が家ではこれが一番重要)」「広さ・部屋数」「クオリティ」の3つの項目で我々の希望に合致するコンドって意外に少ない。ましてや「賃料」が高いところは駄目だし(でもこの制限がないとすれば良いところは当然ある)。特に部屋数があって広いユニットってかなり少なくて、マレーシアで家族が多い場合、やっぱりコンドには住まないんでしょう。

でも我が家には絶対に無理な家賃が2万リンギット前後まで対象とすると良いところはそこそこある。この2万リンギットの家賃というのはマレーシアではかなり高い部類だけれど、東京やゴールドコーストとの比較で考えると間違いなく2分の1~4分の1のレベル。(シドニーでサラリーマンをやっていて、結婚したのを機に次男坊が引っ越しを考えている1ベットルームは、マレーシアならハイエンドコンドが借りられる金額だし、我が家がゴールドコーストを離れる直前に借りていたコンドは高級でもなんでも無い普通の120平米程度の3BRで30万円超え)

そんなことをヨメさんと話していたら、「狭いほうが良い」と。今のユニットは大きすぎるんですとさ。

確かに、大きなリビングなんて椅子に座ったことさえ数えるぐらいだし、入居する時にオーナーが買ったテレビも私はスイッチを入れた覚えもないくらい。つまりリビングスペースは完全に無駄になっている。

だったら狭いコンドでもリビングを潰して私と息子の仕事部屋にしちゃっても構わないってことなのね。お客がくる家じゃないからそれでも全く問題ない。

となれば、選択肢はかなり広くなる。でも3人家族だから最低3BRは必要。

どこがいいかな~~。

前に「良いけれど高いな~」と思っていた、KLCCのザ・トロイカとか、どうしても私の頭の片隅から離れないザ・ビンジャイ・オン・ザ・パークとか調べてみたらびっくり。なんと今住んでいるところと同じ様な金額で借りられる。でも広さは狭くなる。

私の中ではこのザ・ビンジャイオンザパークがKLでは一番のコンド。

2015-09-22_20h21_33

自室のベランダからのビュー。

ゴールドコーストに居ながらマレーシアのコンドを調べまくり、こんなビデオを見てうっとりしていたのを思い出します。こんな立地、4BRで200平米以上の部屋が月額50万円以下なんてオーストラリアや日本では絶対にありえませんから。

こういう部屋も安くなってきているのは間違いが無いようで、そうなるとまたその気になってきちゃうんですが、家族に聞いたところ、KLCCは嫌ですとさ。

ゴールドコーストみたいな田舎に住んでいた我々は都会に憧れていましたが、クアラルンプールに来てやっぱり都会って住みづらいねと確信した田舎っぺ。まず、あの自動車の混雑に耐えられない。そして間違いなく空気は悪いと思う。

困ったなぁ・・・・。

マレーシアに来て3年。我が息子もいっぱしに仕事ができるようになっていれば、こんなところを借りても良いのに・・。高いけれど、仕事場を別に借りることを考えれば決して高くはないのね。

バンサショッピングセンター近くのRhombus。

さてさて、来年の今頃はどこに住んでいるのかなぁ。

モントキアラに最近できたコンドはここより狭いけれど安くていい部屋があるよとエージェントから連絡。調べてみましょうかね~~。

でも私の本音は引っ越しはしたくない。面倒すぎます。仕事にも差し障りがあるかもしれないし、それがあったら本末転倒。

マレーシアに来る前は、毎年あちこちの良いコンドに住んでみたいなんて思っていましたが、こちらのコンドっていろいろ問題があるのが普通で、そういうのに一々対処しなくてはならないかと思うとうんざりするんですよ。

ストレスなく仕事に打ち込める環境が何よりも大事で、それが出来ないならマレーシアに来た意味が全くなくなってしまう。

やっぱり仕事は自宅でやりますし、仕事優先で行こうと思います。今の環境は全く問題がないし、もし万が一ネット接続が不調というだけで致命的なアウトなわけで、その他諸々、水が漏れるだの、異音がするだの、あれが動かない、これが動かないなんて経験は一切したくない。今のコンドなら全く問題ないし・・。

「仕事場の確保」が我が家ではロケーションと並んで最重要課題なんですが、ベッドルームとは別にそれを確保できるコンドって本当に少ないのね。ベッドルーム数が多ければ一部屋を仕事部屋にするという方法もあるけれど、我が家は私と息子と二人で並んで仕事をするわけで、小さな部屋だと駄目なのね。でもマスターベッドルームを仕事部屋にするのは無理。(笑)

ただ、今になってわかるのは、我が家は客が来る家ではないし、リビングを仕事部屋にしてしまうというのはアリだと思う。コンピューターやモニター類はパッと見た目は隠せるような仕切りをおけば問題ないような気もするわけです。ただそういう場所だと、仕事中にヨメさんが来て話しかけられたり、すぐ横でテレビを見たり、あるいはキッチンで料理をしているのが当然わかるわけで、仕事に集中できないことは簡単に起きるはず。

二部屋借りてしまうという手もあるのね。一部屋は普通の3BRであれば生活維持に全く問題はなくて、仕事部屋として同じコンド内で1BRを借りる。これもかなり検討したのですが、我が家の仕事は9時5時ってわけでもなくて、24時間営業みたいなもんだから、我が家の家庭は崩壊する危険性もある。

だから部屋数も十分にあって、仕事部屋に出来るようなスペースがあれば完璧なわけですが、そういう部屋ってほとんどがAVルームみたいなところなのね。リビングとは別にあって、来客中でも子どもたちがテレビ・映画を見たりゲームが出来るような場所。そういうスペースってリビングやダイニングと離れているのが普通で(騒いでもうるさくないように)、我らの仕事スペースとしては完璧。でもそういうスペースがあるコンドは非常に少ない。

ちょっと大きめの一軒家ならどうにでもなるのだけれど、一軒家の面倒臭さはもう経験したくないという思いが強いし、ヨメさんは絶対に嫌ですと。でももしヨメさんがOKすれば、大好きなBBQも出来るし、コンドでは絶対に無理な燻製も出来て私としては再検討の余地あり。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ