なぜ「10万円給付」は「手を上げた人だけ」になるのか。理由は簡単

めちゃくちゃな内容の30万円は中止。良かったと思います。

そこで出てきたのが「一律10万円給付」。これも良いんじゃないですかね。でも決まった過程には問題が残る。あの公明党が「連立離脱も匂わせて」安倍政権に迫ったと。これは明らかなルール違反。良い内容なら良いじゃないかなんて理屈は通らない。

でもま、国民から見れば30万円より良いと思う。

ところが「全員ではなくて【手を上げた人のみ】に給付」ですと。

笑い話ですよね。そしてまた安倍批判が始まる。でもそれって「安倍さんが何でも決めている」と思ってる人、「テレビの朝のバラエティばかり見る人」の考え方じゃないですかね。

でもこのブログの読者ならもうおわかりのはず。

安倍政権の中には派閥あり、重鎮もいて、それぞれの意見を聞かないとならないのは毎度のことで、決定事項は「安倍さんの責任」なのは間違いがないけれど、一体裏で誰がどう動いたのかを知らないと、我々は何も知らないのと同じじゃないですか。

ケチな財務省の大親分で、なおかつ副総理で、財務大臣である麻生さん。

この人がすんなり「10万円?良いですねぇ、やりましょう」というわけがない。

そもそも「一律給付」の話が出た時に、「それは俺がやって全く効かないのはわかったじゃないか」と反対しましたよね。彼がやった一律給付はたったの1万2000円ですが、麻生さんはそう偉ぶる。

そしてその背後には一律給付なんて絶対にやりたくない財務省がいる。そして岸田さんは経済対策を一任されたことになってて、その岸田さんも財務省派。

「欲しい人は手を上げてください」となれば、ほぼ国民全員が手を挙げる。でも手を挙げない人も少しはいるんでしょう。

つまり、この方法を取れば「一律給付ではない」という言い訳が立つ。そして歴史、実績にも「一律給付はしなかった」と残る。なによりも「前例を作るのが嫌な人たち」が考えそうなこと。

これで財務省側も麻生さんも面子は一応保たれる。

そもそも、「要望のある人だけに配る」と発表したのは誰です?

安倍さんが言うべきことだと私は思うのだけれど、それを発表したのは麻生さん。

やっぱりね~~~と思いませんかね。

「要望のある人に」なんてこんなバカなことを言えば、また安倍さんが嘲笑の対象となるけれど、今は安倍さんもニヤニヤ笑いながら麻生さんたちの動きを見ているんじゃないですかね。

今、メディアもテレビのバラエティも野党も「安倍辞めろ。安倍を降ろせ」の元に動いている。だからなんでもかんでも安倍さんのせいにする。でもま、しょうがない。リーダーなんですから。

でも私達が気をつけないとならないのは、逆に政府はとんでもなく素晴らしことをした時にも「みんなは安倍さんが決めた」と考えてしまうはずだってこと。実は大反対したのは安倍さんだったなんてこともあるのにです。

良いことも悪いことも、裏で動いているのは誰か、どういう思惑で動いているのか、力関係はどうなっているのかってのを見ないと、政治は全くブラックボックスになってしまうんじゃない?

自民党の内部に「各種政党があって、連立も組まれていて、無視されてる少数野党いる」と考えてみたら良いんじゃないでしょうか。国会がそうであるように、自民党の中でも各派閥、各長老が出てきて「丁々発止やっている」。

当然、足の引っ張り合いがあったり、謀略もある。そして取引もある。

こういうのは「安倍が~~」ではなくて、政界ウォッチャー、専門家は少なくないですから、やっぱり彼らの情報、永田町事情を知らないと、「何もわからない」のと同じじゃないですか。そしてそれは政治家がしゃべることをちゃんと聞いていれば、いかにあの世界はカオスなのかも見えてくる。

でも「そんな時間、暇はないよ」と誰しもがいう。

だからこんな日本の政治になって、次期総理は石破だとか小泉だとか、とんでもない名前が平気で有権者の中から出てくる。

でもま、「橋本総理は好き。いい男だし」なんてのが日本の有権者なのは昔から同じで、安倍さんをバカにして大笑いするのも良いのかもしれませんね。

でもこのブログの読者は、今回の件で経産省はどう動いたのかとか、あの100人以上の若手はどう反応したのか、また絶対に一律給付はしたくない財務省が折れたであろう理由はなんなのか。その辺をしっかり見ていきましょうよ。

私は、当初は「消費税減税も視野に入れる」と言っていた安倍さんと、取引をしたんじゃないかと思っています。消費税減税は封印するという約束の元、一律給付を財務省側は飲んだ。でもそうだとしたら、あの100人の自民党若手議員たちが納得しないはずで、なんらかの動きが出てくるのかもね。

取引ができていたと思うのは、10万円の話をしだしたのが【二階さん】だから。本来は反対派に回るはずの二階氏が言い出したということは、取引は成立して「定額給付」の方向性が決まってから、【俺の影響力だと言いたいでしゃばり二階さんの登場】だと私は勘ぐっています。

どの重鎮たちもあの30万円より、10万一律給付の方が国民は喜ぶのはわかっているわけで、「私は国民に寄り添っています」という態度に切り替わるのは当たり前だと思います。

でも自分は大政治家、裏のボスだぐらいに思っている麻生さんとしては気に入らない。「押し切られたのか?」と財務省の仲間内にも思われたくない。だから何が何でも「一律給付は駄目だ」と【どんな理由をつけても反対する】。「俺がやった時もだめだったろうよ」という意見も変えられない。

そういう麻生さんに、「じゃぁ、要望のある人だけ」ってことにすれば良いんじゃないですか?と誰かが折衷案を申し入れたんでしょう。

これなら全てが丸く収まる。

それだけのことでしょう。で、それを発表したのは安倍さんではなくて、麻生さん。ミエミエじゃないですか。安倍さんも「こんな(恥ずかしい)ことを私の口からは言えない」なんて麻生さんにバトンを渡したのかもね。

でも「要望のある人だけ」みたいなバカなことを決めたのは安倍さん、ということで世論は動いていくんでしょうね。

ジジババが好んで見る、朝のバラエティ番組で、どうやってまた安倍さんをこき下ろすのか見てみたい気もします。(笑)

 
 
 

No tags for this post.