竹田恒泰氏の【Xcoin(暗号通貨)を金融庁が許可】した

竹田恒泰氏がXcoinという暗号通貨、それもかなりの数の国の通貨と「ペッグ」されたものを作ったのは多くの方はご存知だと思いますが、日本の金融庁が許可を出したらしい。

ただし暗号通貨と言ってもビットコインを想像すると全く違うもので、このXcoinを持っていたら値上がりして利益が出るとか、そういう暗号通貨ではない。各通貨と「ペッグ」しているわけで、例えば米ドルが日本円に対して値上がりすれば、Xcoin(米ドル)も同じく値上がりするわけで、【形の違う通貨】であると考えればわかりやすいはず。

つまり、「デジタルマネー」と考えるべきなんでしょう。

ただし、「価値が上下しない」というのは「持つ方にしてみれば利点」であって、ビットコインのように価値が大きく変動するものは、私は「投機対象」とはなっても「日常で使える通貨とはならない」と考えています。

こう書くと、「ビットコインは実際に使えるよ」という人も多いと思いますが、ま、支払うにしても受け取るにしても「その価値が大きく変動するもの」を使うと何が起きるか想像できない人はここでは無視。

私としては「価格変動のない暗号通貨」こそがあるべき暗号通貨だと思うのは以前から書いてきましたが、これが実際に使える様になる日が待ち遠しいです。

まずは、両替所がどれだけできるかですね。そして竹田氏は前に言及していたと思うけれど、「オンライン両替所」が出来て、私達が持つ「銀行口座」との取引が普通に、「国内取引と同等」にできれば私はそれで良いと思います。

Xcoinの「相互交換手数料」がどれほどになるかはわかりませんが、基本的に今の世界では「キャッシュの交換の場合」は非常に手数料が高い、交換率が悪いのが普通で、これがFXほどにならないにしてもXcoinの交換手数料・交換率が低ければ、便利だろうと思います。ただし、もし交換手数料・交換率が思ったほど安くないとすれば、Xcoinの将来性はないかもしれない。でも送金・受領が簡単で、それを簡単にキャッシュにできるとするならば良いかも。

つまりですね、Xcoin同士の交換手数料・交換率が低ければそれだけでFXと同じで、それだけでも意味がある。そしてXcoinを一般的な通貨に現金化する交換手数料・交換率も安ければ、そして普通の銀行口座も使えればかなり面白いことになると思ってます。

何度も書きますが、「これを持っているから儲かる」とかそういうことじゃなくて、「為替交換の世界が変わる」ということでしょう。でも我々海外在住じゃなければ意味がないかもですね。せいぜい、海外旅行に行ったときに使う程度か。

でも「通貨と同じ価値」だとすれば、「一つの国の中でその国の法定通貨ではないXcoinが使われる可能性」もあると思う。世界には「銀行口座も持たない人たち」が多いと聞きますし。また日本みたいな普通の国の日常でも「個人間のお金の貸し借り、送金・受領」「食事の割り勘」みたいなのも簡単にできるんでしょう。今の時点ではキャッシュを使うか銀行口座を使うしか無いんですから。

あと私にはわからないのは、暗号通貨は「裏社会の人たち」は大好きなはずで、マネーロンダリングにしても「裏金のやりとり」にしても、どこまで規制が入るのか、Xcoinとしてどういう法的な透明性をもっているのかが気になります。この辺がちゃんとしないとこのての暗号通貨はいつまで経っても表舞台には出られないはず。

つまり、たとえば「お金の動き」の証拠として税務署が認めるのか、また税務署が特定の口座なりお金の動きを追えるような仕組みになっているのか。

もし「裏社会の人たちが【Xcoinは使えね~~~】という」ようになれば、それこそがXcoinが市民権を得る時だと私は思う。また「暗号通貨で一発儲けよう」なんて考える人達が【Xcoinは駄目だ~】というようになればばっちり。(笑)

楽しみだ~~。


 
 
 

No tags for this post.