最近、話題になってる「Kenkori」の卵を買ってみた

最近、私の周りでも名前を聞くようになった「Kenkori」という鶏卵業者の卵を買ってみました。通販ね。

セニョームではこのような紹介がある。

ケンコリの新鮮な卵の特徴は、ふっくらと鮮やか、濃厚でクリーミーなオレンジ色の黄身!

ケンコリの卵は、長年の研究調査により、抗生物質、ホルモン剤、大腸菌、サルモネラ菌、金属などの有害物質が一切含まれていないことが実証されている、誰もが安心して食べられる、体に優しい卵なんです。日本の養鶏所と5年間提携した実績も。農林水産省が安全性を認めた、大豆、コーン、善玉菌、そして鮮やかなオレンジ色の黄身を作る天然色素「アスタキサンチン」を鶏の飼料に配合。インフルエンザ、サルモネラ菌や大腸菌から守るために定速ろ過水を使用、工場内の衛生管理を徹底しています。ところで、「アスタキサンチン」ってご存じですか? ビタミンCの6,000倍、ビタミンEの550倍、緑茶に含まれるカテキンの800倍のパワーを秘めており、アンチエイジング、免疫力アップ、眼精疲労や加齢による白内障、緑内障予防にも効果を発揮するんだそう。さらに、ケンコリの卵は未受精卵なので、一部ベジタリアンの方も摂取することができるのです。ケンコリの卵はマレーシア国内のオーガニックレストランや日本食レストラン、カフェなどでも多く使用されています。みんな大好き卵かけご飯や温泉卵にも最適!

卵大好き人間で、より良い卵をいつも探していた私としてはトライするしかないですよね。

この卵は日本語情報の「ハローマレーシア」でも「通販で買える」と紹介している。

Hello Malaysia

アスタキサンチン豊富な健康卵…

Kenkoriのホームページはここ。

Kenkori

Explore the natural organic farming ways of Kenkori and our …

フェイスブックはここ。

Kenkori Egg、Sungai Buloh - 「いいね!」422件 - ケンコリ We began in 201…

いろいろ調べてみると、確かに健康には良さそうな卵で、黄身の色も綺麗なオレンジ。そしてレストラン卸しでは「酉玉」や「シャカリキ432」でも使われているようす。

でも私が一番、卵に欲することは、実は「味」なんですよ。マレーシアの一般的な卵って味的に私としては不満があるんですが、味さえ良ければ健康的ではなくても、また黄身の色がどうでも構わないぐらい。(笑)

1パック10個入りで12リンギ。Whatsappでデリバリを頼む場合、3パック以上でデリバリフィーは5リンギで、合計41リンギでした。

Whatsappで注文をしたら、次の日の午前中にはデリバリ。良いですねぇ、早いのは良いこと。

こんなパッケージ。

12個じゃなくて10個入り。

見た感じ「小さいな」と思ったので、いつも買っている卵と比べてみることに。

いつもの卵はこれ。

小さいかなと思いましたが、いつもの卵と同じか、ちょっと大きいぐらい。右側のがKenkoriの卵。いつもの卵は「L玉」です。

まずは割ってみました。新鮮な卵のしっかりした感じはありませんが、黄身の色は良い色。でもま、黄身の色は「餌」でどうにでもなるわけで、私としては色では判断しません。

黄身を箸でつかめるか実験。でも全くつかめずに割れてしまった。残念。

今一度、平らな皿の上に慎重に割ってみましたが、白身や黄身がこんもりとした感じはやっぱりイマイチ。

生卵のまま食べてみましたが、残念ながら私の性能の悪いベロではこの卵の良さはわからず。

ということでゆで卵を作ってみました。

いつも網袋にいれて茹でます。

テーブルに置いた時に「ペキッ」と音がしたような気がしたのですが、やっぱり割れていたようです。白身がでているものがありました。(茹でる前に卵のお尻に穴は開けていません)

この白身が出てしまっているものをまず剥いてみましたが、簡単に綺麗に殻が剥けました。新鮮ならこれほどきれいに剥けないはずで、ちょっと残念。

でも美味しそう。

塩だけを掛けて食べてみましたが・・・・。これもまた私には違いがわからない。

息子は「ゆで卵臭さがない」と言っていました。

いや~~~、難しいですねぇ。

残念ながらこの卵の飛び抜けた良さというのは私には全くわかりませんでした。巷では美味しいと言われているのに・・・。

またセニョームでは「みんな大好き卵かけご飯や温泉卵にも最適」と書いてありましたが、Kenkoriのホームページを見た限りでは「出荷前の【消毒、洗浄】」に関しては記述がありませんし(日本では次亜塩素酸溶液で消毒洗浄する)、店頭に並ぶ鶏肉は「細菌(主にサルモネラ菌)に汚染されているのが普通」なのは日本も同じで、どうしてこの卵は「卵かけご飯に最適」と言えるのか、その理由が私にはよくわかりませんでした。でもま、そもそも「卵の中身が細菌に汚染されていることは稀」であることから、そして普通の市販の卵でも我が家では普通に生卵で食べますので、この卵も平気で生で食べました。でも「生卵でも問題がない」とセニョームが断言する理由は私にはわからず。Kenkoriのホームページにある「各種証明書」があるからでしょうか。

せめて「新鮮さ」が際立っていればなぁ。でもそれもまたタイミングの問題かもしれませんね。

私としてはこういうのを期待していました。

またこんなふうに白身がしっかりしていればもっと嬉しい。

味的には前にカンポンエッグを探していろいろトライした時に巡り合った「DQ Farm」や「Kampung Harvest」「無印Kampung egg」「Natural Tropical Farm」の方が良いかなと思いました。特に「Natural Tropical Farm」の美味しさは他に類がないと思った。

今回は期待し過ぎたかもね。

ただし「卵焼きにすると美味しい」とか「温泉卵はオッケイ」とか、同じ卵でも調理の仕方で感じ方が違うのは間違いがないようで、今回は3パックで30個買いましたので、それを食べる内にこの卵の良さが見いだせるかも。

でも今の時点では、期待したほどじゃなかったって感じかな。でもマイナス点があったわけじゃないし、もっと新鮮なら違うのかも。

あああああああ、水に沈めて、今回の卵の「新鮮度」を見てみましょう。

水に沈めばオッケイ。浮くようだと古い。

上部や中層に浮かぶようだと新鮮じゃないわけですが、この卵には問題なし。でも白身や黄身がしっかりしていないのは残念。それでも美味しい~~と感じることができればよいのですが。

ちなみに以前、卵探しをしたときの日記。

Dabo's life in KL, Malaysia

マレーシアの卵って美味しくないですよね。そしてデレ~~~っとしているのものばっかり。これって新鮮さの問題じゃなくて、そう…

Dabo's life in KL, Malaysia

まぁカンポンチキンとかカンポンエッグってのははっきりした規定もなく、売り側の言うままであって、一体それがどういうものなの…

卵って本当に難しいと思います。

時を同じくして私の姉もこの卵を注文したそうで、姉がどんな評価をするのか楽しみです。

 
 
 

No tags for this post.