【新型コロナ】今までのマレーシアでの動きのまとめ 【備忘録】

今までのまとめみたいなもの。

このブログの画像はクリックすると大きく表示され、細かいところを見ることが可能です。

Noor Hisham Abdullah大臣のフェイスブックに載っていたもの。

元はマレー語で自動翻訳したものは意味不明のところも多いですが、そのまま転載しておきます。

マレーシアでのCOVID-19パンデミックウェーブの説明(データは2020年11月11日まで)
1. 年7月1. 日, COVID-19パンデミックがマレーシアに到着する前, 我が国のCOVID-19症例の′′ベースライン′′はゼロです(0)
新型コロナウイルス感染症の最初の2. 件は, 2020年1月25日に報告されました. これはマレーシアに到着したばかりの非国籍の4件です. このケースは第一波の始まりです. ファーストウェーブは2020年2月15日に終了し, 22件. これらのすべての事例は, COVID-19の流行(20件)とこれらのポジティブな人々への接触に感銘を受けた国への歴史を持っています.
2月16日から2月26日までの11日間, マレーシア3. 件のCOVID-19件の無料COVID-19件. 現在, COVID-19のケースの′′ベースライン′′はゼロ(0)に戻っています. これは′′プレパンデミックベースライン′′です.
4. 年2月27日, COVID-19の症例が再び報告され始め, 第二波の始まりです. UDAクラスターイベント, セリ花びら集会のクラスター, 入国管理囚人デポのクラスターと小型この波は2020年7月1日に1件しか報告されなかった時に終わると考えられており, この事件 が輸入されました. 海外からの個人が帰国するケースです. だから7月1日に地元の感染症例はありません.
5. 平成1年7月2020. 日から9月6日までの2020件, 平成39年9月7日の62件に増加する前の1件. 先日の68年以内に, 68日で報告された平均的なケースは11件でした. COVID-19の症例がマレーシアの環境にあるため, 疫病事件の敷居は2つの標準偏差(意味+ 2 SD)と混ざった平均的なものとして取られ, それは25. を与える ケースの数は, この価値の上にあり, その価値にとどまると, それは新しい波として取られます.
6. 2020年9月7日~ 19日の期間中, 毎日のケースは25件以上にとどまらず, 4日以内のケースは25. 件以上です.
7. 2020年9月20日, ケースは25件以上に増加し, 今までその価値を上回るままです. この日はサードウェーブの始まりとしてとられました.

来年の今頃、これを読み返して何を思うか楽しみです。