まだ続く我が家の「正月料理」

正月料理というより、年末に「正月用に買った食材」が残っているだけなんですが・・・・。

これは「冷凍いくら醤油漬け」と「冷凍ウニ」ですが、ウニが・・・・・・・。安い冷凍ウニですが、こんな風にまで溶けちゃっているとは思わなかった。決して美味しいわけじゃないし(まずいというべきか 笑)、また食べたいとは思わないにしても、変な味とかアンモニア臭がすることもないし、我が家は冷凍ウニだからと馬鹿にすることはありません。でもこのウニが元旦に出てきたら暴れたくなる。(笑)

冷凍ウニでも美味しく食べられるものもあるので、難しい所。これもいつかの冷凍もの。

でもウニは本当に難しいですね。値段も何倍もの開きがあるし、味もいろいろ。外れる時には大外れがあるし。

そういう意味では「いくら醤油漬け」も同じで、これも当たり外れがあるし業者によっても違う。本来なら「塩いくら」の良いものがあればベストですね。醤油漬けが欲しければ自分で漬け込んだら良いし。でも近年は塩いくらは買わなくなっちゃった。高い割には良いのに出会わないし。

これも正月用に買った「ホタルイカの沖漬け」。

いつも欲しいものじゃないけれど、たまに食べたくなるし、激安の日本酒でも格段に美味しくなる。(笑)

ホタルイカの下に「カイワレ大根」があるのがわかるだろうか。最近、またカイワレ大根の栽培を始めているのだけれど、やっぱり利用価値は高いと思う。これだと焼き魚と合わせても水っぽくなくて良い感じ。サラダに混ぜるのもありだし。

実は今回、一番美味しかったのは、個別の写真は撮っていないけれど、右上の「けんちん汁」。

ヨメさんの「ご機嫌次第」なんだけれど、やる気があるときにはちゃんと出汁を取るのね。やっぱり出来上がりの美味しさが全く違う。

さぁてまだまだ年末に買った食材で、全く手を付けていないものがいろいろあります。

やっぱり追加の冷凍庫があるって素晴らしいと思う。打ち出の小槌みたい。(笑)

年末に手に入れた海産物はほとんどが「日本食材の卸商」のものです。千里、旬鮮(JMG)、Sendoichi、Focalで、多くの日本料理店が使っているところね。最近はローカルの知らない業者(Lazada、Shopeeに多くある)は使わないようになりました。本当にギャンブルでどんなのが来るのか全くわからないから。その点、昔から有名で多くの日本料理店が使っている業者って、全てが全て高品質ってこともなくて、バラツキもあるのだけれど、「変なものはない」というか「足切り」はちゃんとしていると私は思っているので安心。でも10の中から良いもの一つを探すより、5つの中から一つ探したほうが良いってことでしかないのね。

こだわりのある日本料理店は彼らに「特注」を出しているわけで、私達に同じものが手に入るわけではない。でも私達も特注を出せるのかってこともあるわけで、まぁ、世の中いろいろな手がある。でも我が家にはそこまでのこだわりは(今のところは)ない。(笑)

郵便局のEMSも宅配便も【冷蔵、冷凍もの】を扱っていて、マレーシアも対象国。

でもそれに対応する日本側の業者はわからず。

いつかその辺も拡充したら面白いのなぁ。転送業者がやればいいのに。

でも楽天やアマゾンで買うとしたら、かなり高いものにつくのね。マレーシアの食材輸入商も頑張っていて、意外に楽天やアマゾンで買っても「私達がこちらで買えるのとほぼ同じ値段」なんてものが結構ある。楽天やアマゾンの価格の3割増しと考えたら、ほぼこちらで買えるものの5割はその程度の値段で収まっているかも知れない。決して、「こちらの日本産のものは、日本の価格の2倍3倍」ってことはないと思う。ものによる。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ