旬鮮マーケットに予約した【(安い)A5和牛すき焼き用スライス】

何度かブログに書いていますが、旬鮮マーケットという和食材輸入卸であるJMGの小売部門が「リーズナブルな(本物の)和牛のすき焼き用スライス」を売っています。

Dabo's life in KL, Malaysia

いつも牛肉を探し回っている私ですが、そこそこ良さそうなものがあります。 和牛です。 ご存知のように、和牛と言ってもいろい…

ところが扱い量が少ないのか、ファンが多いのか、すぐに売り切れになるのね。

だから予約してみたのは前に書いた通り。

ただ予約だと「(画像さえも)見ずに買う」ことになるし、気になることは気になるのですが、私はJMG、旬鮮マーケットも信用していますし、ま、いっかと。

予約したのは

○ 「A5和牛のすき焼き用スライス」200グラムを5パック。
○ 「A5和牛のすじ肉」を1キロ。

来たのはこれ。

すき焼き用スライス。(部位はわからず)

すじ肉。

価格ですが、前に売っていたものを参考に「200グラム100リンギ前後であれば」とお願いしました。またすじ肉ですが、前はかなり安かったのに次のは結構良い値段で、「前の値段のようなすじ肉」があったらお願いしますとしました。(このいい加減な頼み方は失敗)

正直なところ、今回のすき焼き用スライスは、前に比べるとランク落ちの感じがします。でも単価は安く200グラムでRM80。キロ単価はRM400。この価格は前よりも安いし、(部位は別にしても)本物のA5和牛をこの値段で売っているお店を私は知りません。これはオーストラリア産Wagyuの価格ですね。

すじ肉ですが、これは私が想像していたすじ肉とは違っていました。私はもっと「(クズ肉みたいな)スジらしいスジ」が欲しくて、スープ取りにも使えて、なおかつ食べても美味しいのが欲しい。そしてそれに「そこそこ良い肉を足す」とかなり良いものが出来るのね。

でも今回のすじ肉は「煮込み用ではない」感じ。いや、煮込み用は煮込み用なんでしょうが、「何時間も溶けるほどまで煮込むタイプではない」。だから価格もそれなりでキロ単価はRM200。このRM200ってたとえ和牛だとしてもすじ肉はすじ肉だから私にしてみると「かなり高い」のね。だってB.I.G.でもオーストラリア牛でこの価格でそこそこ良い肉が買えるのですから。

私としては「え?それ捨てちゃうの?お金払うからそれを頂戴」というレベルの「クズ肉」「すじ肉」が欲しいんですよ。いわゆるスーパーで売っている「Soup Meat」ね。でもキロ単価がRM200じゃ、それをスープ取りに使うなんてことは私には出来ない。

でもま、これはすじ肉であってもけっして「クズ肉ではない」ので、これはこれでヨメさんが何かうまい具合に使ってくれるでしょう。意外に普通にカレーやシチューに使えばよいのかも知れない。でもカレーやシチュー用ならコラーゲンの多い部位で美味しい肉は他にいくらでもありますものねぇ。ショートリブ、オックステイル、頬肉、スネ肉とか。和牛である必要はないし「和牛香」が欲しければ、和牛の脂(見つけた時に買って冷凍しておく)だけ入れればオッケイ。

今回の肉はまだ食べていませんし、これらは全て冷凍します。

食べたらどんなでしょうね~。他店で売っているような「いかにも美味しそうな和牛」という感じではありませんが、価格としては半額以下。

「価格は正直だね」みたいな結果になるのか? (笑)

あるいはオーストラリア産Wagyuで良いよね?となるのか。もしそうだとしたら、もっと単価を下げることは可能だし、まだ買ったことはありませんが、オーストラリア時代によく食べた「Wagyu Oyster Blade」をキロ単価がこれの半分以下のRM165(ほぼ無印オーストラリア牛と同じ)で売っている店も見つけた。この店に関しては、買ってからレポートします。

Oyster Bladeって日本で言う「ミスジ」で、ものによっては十分しゃぶしゃぶで使えるような肉。

オーストラリア産WagyuのOyster Bladeってこういう肉。探せばリーズナブルな価格の美味しい肉っていくらでもある・・・はずなんだけれど。

これはオーストラリア産Wagyuですが、キロ単価2500円ぐらいだったんですよ。いわゆる「グラム250円」という激安。

RX100-0214501

最近、なぜか和牛、Wagyuを買うことが多いですが、実は「以前のバンサショッピングセンターのJason’s」を懐かしいと思うことがあります。Jason’sはなくなって、後釜に入ったのはB.I.G.ですが、やっぱり「牛肉の品揃え」が違うのね。バンサショッピングセンターって場所柄、「欧米人」が多いところで、売っているものも彼らが好きそうなものが多い。

牛肉も同じで、いろいろな部位のブロックを売っていたんですよ。で、欧米人ってリッチなローカルとは違って結構コスパにはシビアで、だから牛肉の品揃え、値付けもそこそこだったのだろうと思う。キロ単価がRM100ぐらいのブロックで美味しい牛肉があったり。

たとえば、ローストビーフには最適なサシの入り方のリブアイが、キロ単価RM110だったり。

このキロ単価RM110のリブアイも美味しかったなぁ。これはオーストラリアのブランド牛ですが、他の店ではこれを見たことがありません。

本当にバンサショッピングセンターのJason’sの牛肉は良かった。でも今は・・・・。

結局、「お金で解決できる」ってことなんですが、そういうのって全然、嬉しいとは思わない。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ