子供も危ない新型コロナ 「小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両脚を切断」

新型コロナの重症者、死亡者は年寄りと持病を持つ人達がほとんどだと思っていましたが、子どもたちにも「コロナが原因と思われる」病気がある様子。

この記事の一部を転載します。

<この新たな病気にかかった子どもの99%は新型コロナに感染している。子どもや若者は新型コロナにかかっても無症状か重傷化しにくいと言われていたのは誤りだったのか?>

ミシガン州在住の10歳の少年が、両手と両脚の切断を余儀なくされた。原因は新種のまれな病気「小児多臓器炎症症候群=MIS-C」で、新型コロナウイルス感染症と関連していると考えている。

デシュン・ジャミソンという名のこの少年は、新型コロナウイルスの検査で陽性と判定されてから間もない2020年12月にMIS-Cと診断された。

そして今年1月15日に右脚を切断。さらに2月22日には左脚と両手を切断した。

MIS-Cは、小児や若者を襲う新たに発見された症候群で、アメリカ国内での症例報告は現時点で2060件とされている。この症候群により死亡したとされる事例は30件にのぼる。

この症候群についてはまだ専門家も多くを知らず、何がこの原因かもわかっていない。だが、これまでにMIS-Cと診断された患者の99%は新型コロナウイルスに感染しており、残りの1%は新型コロナウイルスの感染者と接触していた。

この子供が罹る病気が注目されたのは2020年12月。初めての死者が出た。

一部を転載。

<さまざまな臓器に炎症が広がるこの病気は、アメリカではなぜかラティーノと黒人の子供に多く症例が出ている>

今週ロサンゼルスで、新型コロナウイルスの関連症状「小児多臓器炎症候群=MIS-C (Multisystem Inflammatory Syndrome in Children)」によって1人が死亡したことを、カリフォルニア州の保健当局が明らかにした。

この患者は、ロサンゼルス子供病院で治療を受けていたが、MIS-Cの合併症によって死亡した。患者には「複雑な、心臓病の持病があった」と病院の広報は説明している。

地元紙ロサンゼルス・タイムズによると、これが新型コロナに関連するアメリカ初の子供の死亡例と見られている。病院の広報は、患者のプライバシー保護のため、これ以上の詳細な情報は公表できないと述べている。

MIS-Cの原因はまだ医学研究者でもわかっていないが、新型コロナに感染したか、または感染者と接触した子供が発症している。

米疾病予防管理センター(CDC)には全米で1288件の症例が報告され、心臓、肺、腎臓、脳、皮膚、眼球、胃腸など全身の様々な部位が炎症を起こす。

老い先短い年寄りがコロナに罹ると危ないのはそれなりに理解が出来るとしても、子どもたちまでとなると随分、話は変わってくると思います。

この子どもたちにも「持病があった」にしても、コロナがトリガーになったのは間違いがない様子。

彼らにコロナを移した責任をやっぱり考えるべきで、アメリカでは「マスクはしない」「ロックダウンもしない」フロリダみたいな場所もあるようだけれど、それを容認するべきなんですかね。

私がそういう子供の親だとしたら、子供は「コロナを軽く考える人達に殺された」と思うはず。また移したのはその子供の親かもしれない。これじゃ、親も生きてはいけないところまで追い込まれるんでしょう。

経済や個人の権利・自由と他人の命とどちらが大切なのか・・・。

経済が落ち込むと自殺者も増えるという論者は多いけれど、私はそれを重視するべきじゃないというのが持論。「経済を停滞させても良い」という意味ではなくて、それと自殺をつなげるべきじゃないという考え方です。

自殺者は「自らの意思で死ぬ」のは間違いがなくて、それは自分でどうにかコントール出来るはずだと思うんですよ。「死のうと思ったことがある」なんて人は実際の自殺者の多分、数百倍はいるはずで、「なぜその人達は死ななかったのか」を重視するべきで、単に数字だけで「自殺者が増えるから経済を停滞させるな」というのは私は間違えていると思う。

もしそれを重視するなら、「お金がなくて自殺を考える人」には「お金を与えるべきだ」というのと同じだと思う。

専門家にも「経済を重視しないと自殺者が増える。だから経済を停滞させてはならない」という論者は多いけれど、個別にそういう人たちを見ていると「この人は自殺しようなんて考えたこともないんだろうな」と思ったり。つまり彼らは数字から読める関連性を言っているだけで、「なぜ人は自殺を考えるのかを知らない」んじゃないかと思う。

私は「お金がなくて自殺する人は少ない」と思っていて、お金はキッカケにはなるにしても、直接の原因じゃないと思う。自殺するのは「生きる希望がなくなる」からであって、孤独に耐えられないとか、愛する人との別れであったり、自尊心をコントール出来ないからじゃないですかね。そして自殺する人は【ちゃんと生きたいという願望が強いからこそ自殺する】という事実を知るべきで、本当に自分の命を投げ出しても良いと考えたら「どうにでも生きていけるのが人間」のはず。そしてお金がなくても、たとえ破産しても幸せに生きる人達はいくらでもいるのを忘れてはならないと思う。

話は戻って、コロナで死ぬ子どもたちを救うにはどうするべきなんですかね。

年寄りはどうせ先が長いわけじゃないから良いにしても、子供は絶対に助けないと・・・。子供は人類の希望、将来そのものだと思う。他人の子供も同じ。

そのためには、打ちたくないワクチンでも、たとえそれが中国製だろうと、「ワクチンは他人を助けるためにある」と考えて【積極的に接種する】のは大事なんだろうと思う。

もし今、「全世界の人が1ヶ月間だけ【完全な自己隔離】をしたら、コロナはどうなるんだろう」、そんなことが気になったり。

コロナって人類に与えられた試練なのは間違いがなさそう。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ