コロナウィルスの存在そのものが証明されていない?マジ?

世の中にはおかしな人はいくらでもいますが、たまに入ってくるニュースで、「コロナウィルスなんて存在していない。私達を騙すな」と主張する人たちのデモ行動を見たことがあります。

私としては、ま、世の中いろんなひとがいるなぁ、ぐらいにしか思わず、「コロナウィルスが存在していない」なんて考えもしませんでした。

ところがですねぇ、「もしかしたら・・」と思う人もいて、コロナウィルスの存在を確かめようとした人も出てくるのね。

で、厚労省に電話をして聞いてみた、と。その会話が録音されてネットに出回っているのですが、確かにその厚労省の窓口の人も「コロナウィルスが存在する証拠は無い」と言っているんですよ。

ここでいうコロナウィルスとは、今、世の中で猛威を奮っているCOVID-19のことね。

ええ~~?と思うじゃないですか。世の中にはウィルスの写真もあれば、スパイクがどうのこうのと構造図も詳しく出て、その働きもかなり細かく詳しく説明されていますから。

でも「コロナウィルスが存在する」という証拠はないんですと。でも「存在するという前提で動いています」と厚労省の窓口の人は言う。

おかしいなぁと思って調べてみると、国会答弁の中にも似たようなやりとりがあるのね。

この辺の詳しい話をご存じの方、そんなのはまさに陰謀説だとおっしゃる方はその証拠になるものなど、教えていただけませんでしょうか。

ワクチンに関しても、皆さんが大好きなファイザー社の副社長が「危険性を公表」してクビになったらしいじゃないですか。

この手の話は、私もそして皆さんも「デマに決まっている」と思うだろうし、当然、マスコミは報道しない。ユーチューブの動画にも出てこない。ま、ユーチューブには厳しい「検閲」があってその手の話は一切できないし、出してもすぐ削除対象となりますから、なかなか私達の目には触れない。

でもこのブログがそうであるように、自由闊達な意見が交換される場はあって、その中では上に書いたような話がなされているのね。

例えば、厚労省に電話した人の記録は、ユーチューブのような検閲がないサイトにあります。

 

この時に電話をした女性があるユーチューバーとの対談に出ています。ただし、ユーチューブは言葉にも気をつけないと削除対象となりますので、「わざとはっきり言わない」ケースが多いので、その辺は理解しながら聞く必要があります。

 

ワクチンの危険性にしても、私にはそれがはっきりわからないものの「危険はないと決めた」国や自治体、専門家の【方針がある】のは間違いがない。ワクチンによる死亡も不妊になるのも「証拠はない。科学的根拠はない」と言われていますが、それも調べてみると「ワクチンが原因」と断定するにはそれなりの証拠が必要で、それがなければ「不明」としかならないのね。ま、それは当たり前だと思います。

でも「可能性が排除されたわけじゃない」と私は思っています。そしてmRNAワクチンの開発の歴史はあるものの、いまだかつてそれが認可されたこともなく、今回は「緊急時だから」ということで「超法規的に接種を始めた」んですよね。当然、十分な治験はなされておらず、世界中で接種を進めながら経験とデータを積み上げる「人体実験」が行われているのは間違いがない。これはどの医者も認めることでしょ。

私にわかる確かなことはたった一つなんですよ。「危険なのかどうなのか、接種するべきか否かも私にはわからない」ということだけ。

私がこういうことを書くと、「素人のくせに何を言うんだ」と言う人がかならず出てくるのね。「お前に何がわかるんだ?」と。

でもそれは大間違いなのね。

私達は素人だからこそ、頓珍漢な内容も含めた不安があって当然。でもそれに対し「その心配はありません。その理由はこうこうしかじかで」と説明するのが専門家の役目じゃないんですかね。「黙れ」というのは中国共産党と全く同じじゃないですか。そういうふうに言いたい心境はよくわかりますが。

ファイザー社の副社長の件は私も聞いてはいましたが、彼の話そのものを聞いたことはありませんでした。

でもこれをキッカケに聞いてみようかと。

元ファイザー副社長、マイケル・イードン氏「私は阻止する」

 

元ファイザー副社長、マイケル・イードン氏「私を信じてください」

 

元ファイザー副社長、マイケル・イードン氏「彼らは嘘をついています」

 

元ファイザー副社長、マイケル・イードン氏「普通の社会に戻せるんです」

 

ちなみに、私はこの人の主張も信用しません。ただ一つの情報として頭にインプットしておくだけ。それの利用価値があるかどうかもわかりませんが、頭には入れておきます。

かつては陰謀説とバカにされた「新型コロナウィルスの武漢研究所からの漏洩説(人工ウィルス)」ですが、はっきり証拠が今、提示されたわけではないけれど、ファウチ氏や関係者が「関係ないわけではない」のは見えてきて、左翼メディアもその方向で動いているし、フェイスブックもかつてはその件は「書いてはいけない内容」だったのに、それが解禁された。また、バイデン氏も「解明せよ」と支持を出した。

そしてその変化の背後にあるのが「中国のある高官の亡命」があったと言われていて、この人が3ヶ月に渡って中国の生物兵器、その開発に関してかなり重要な情報を出したとのこと。

ま、こういう話も陰謀説で終わるのが普通で、「どこの誰がどういうことを話しました」なんてことが証拠とともに公になることは絶対に無い。

陰謀と呼ぼうと策略と呼ぼうと、単なる計画、建前と呼ぼうと、私は私達はそういう中で生きていると思うのです。これは会社でもそうだし、家庭でも同じで、「こういうことにしよう」と決めて、それが唯一の真実として動いていくのは経験則として誰しもわかるわけで、ましてや政治の世界、巨額のお金が動く産業界、金融・証券界、既得利権の取り合いもあるなかで、皆が真面目で誠意に基づいて行動し、嘘はつかない、なんてことは絶対にありえない。

じゃ、誰を信じればよいのかとなりますが、そもそも「信用する、信用しない」という考え方が間違えていると私は思うんですよ。そもそも話を聞く相手だって真実、全貌を理解しているわけでもなく、そして「真実でもそれの観測者に寄って見方は変わる」じゃないですか。7人の盲目の人達がゾウを触り、ゾウとはこういう生き物だと説明した時に、すべての人の内容がまるで違うというたとえがありますが、「捉え方はみな違う」ということのみが真実かもしれませんね。

私は、我々みたいな末端が真実を知ることは不可能だと最初から諦めています。でも権威ある人とかの話は信用するなんて、そんな恐ろしいことも絶対にしませんし、全てを怪しむのが私の日常です。

「この投資案件は間違いないですよ。いかがですか?」という話と同じ。

では何を頼りにするのか。

私にははっきりしたその答えはないのですが、あらゆる情報を情報として頭の中に放り込んでおくと、ある日ある時、それらの点と点がつながることがあるのね。それとてはっきりわかるわけじゃありませんが、私はその情報管理をする自分の脳みその並列処理の能力に期待するしか無いと思っています。その答えは「勘」という形で根拠がないものであることも多いのだけれど、私は何よりもそれを大事にしようと思うタイプ。情報を選ぶこと無く頭に放り込んだ後は、「勘に任せる」と言っても良いくらい。(笑)

いつの日かコロナのこともワクチンのことも全てが明らかになる日が来るかもしれないし、建前だけが独り歩きするだけかもしれないし、それはわかるわけもありませんが、常に疑いながら情報に接するという気持ちだけは捨てたくないと思っています。

余談ですが、ネットのニュース番組の虎ノ門ニュースってありますよね。それの6月11日放送分ですが、武田教授がいろいろと興味ある話をしています。

私は武田教授を尊敬しています。彼は間違いのない変人で、彼の話すことが全て真実だとは私は考えていないのですが、私は彼に「物の見方、考え方」を教わりました。それは私の人生において非常に重要であって、それに関しては本当に武田教授に感謝しています。

巷では彼をクソミソにいう人達が非常に多い。そりゃあの彼の話し方じゃ当然だと思います。そして彼が本当に正しいかというと私もそれは疑問に思います。でも彼のような「考え方の基本、物事に対するアプローチの仕方」は非常に大事で、それなくしては世の中はめちゃくちゃになると思うんです。言葉を変えれば「常識を常に疑え」ということでもあると思います。

ですから、この彼の話も、真実かどうかという見方ではなくて、問題に対するアプローチの仕方を解説していると考えて聞いてみたら良いんじゃないかと思っています。結論は人それぞれ違うでしょうが、それはそれで全く構わないわけです。同じな方がおかしい。

 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ