「PCR検査で陽性だったんですよね」とコンドのマネージメントから電話

おかしな電話がコンドのマネージメントから掛かってきました。

「次のPCR検査はいつ受けるんですか?」ですと。

こちらにしてみれば「?????」なわけで、「どうして私達がPCR検査を受けないとならないんですか?」と聞いたんですよ。

すると、「7月19日に家族が陽性になりましたと連絡をくれましたよね?」ですと。( ̄口 ̄∥)

「えええーー?そんな電話はしていませんよ。ユニットナンバーを確認してください」と言ったところ、私達のユニット番号を言う。

おかしいですねぇ。

他のユニットからの電話で、ユニット番号を間違えているんじゃないかと思うのですが、「私の聞き間違いだとは思わない」とそのスタッフは言う。では電話をした人が自分のユニット番号を間違えて伝えたのか?そんなアホがいるのかなぁ。

でも私達からは電話をしていませんから、「何かの間違いです」と言ったら、「はい、わかりました」と。それで終わったのですが、その終わり方も簡単過ぎるような気がしないでもない。

実は同じ電話が息子にも掛かっていました。

不思議だ・・・。

まさかイタズラ電話がマネージメントオフィスに入ったとは思わないけれど、ユニット番号を間違えているとしたら、消毒を含めてどうなっちゃうんですかね。

7月20日のブログに「同じコンドからごっそり感染者が出た・・・ (┰_┰)」「同じブロックから3ケース」という日記を書きましたが、この内の1ケースは我が家だったりして。

でもおかしいなぁ。

もし本当に我が家から陽性者が出たと19日にわかって、そして今日の23日まで何の連絡もせずに、「次の検査はいつですか?」なんて聞くっておかしくないか?

また感染者が感染したとマネージメントに連絡をしなければ、何もわからないってこと?

本来なら、私達のユニットなり、エレベータホールなり、共有のユーティリティースペースを消毒とかするでしょうに。また、当局からマネージメントに「XXXの誰々が陽性となった」という連絡は無いんですかね。

でもそういう動きは全く無くて、「次の検査は?」と聞くだけって、【マネージメントオフィスは何もしていない】のと同じじゃないですかね。

このコンドのマネージメントってそこそこ良いんじゃないかと思ってましたが、ただの勘違いか・・・。

陽性になったのに、マネージメントがその本人を正確に把握していないってことですよね。彼らは私達が陽性になったと思っていたわけだから、本当の陽性者は別にいるのかもしれない。

ただし、陽性者が出て自宅隔離になったとしても、「それが他の住人にはわからないようする」のは間違いがなさそう。

だって、「陽性者が出た」場合、その人が住むブロック番号は公表されるけれど、どのユニットかは公表しない。これは「個人情報」だし、公表することによって嫌がらせなどが起きるとまずいからかな?

当然、ユニットやエレベータホールも消毒だなんてやっていると、誰が感染したのか周りの住人にバレるから、そういうことはせずに「公共の場のみ消毒する」のかもしれない。

19日から今日まで、マネージメントは私達が感染者だと思っていたわけだけれど、それまでに私達は「車で外出」もしたし、地下のミニマートにも買い物にも行った。つまり「自宅隔離」としての行動制限は全く無かったということ。

もし本当に感染していたら、当局からああせいこうせいと指導は出るのだろうけれど、本人がそれを守らなかった場合、一切、わからないってことでもありますね。コンドのマネージメントは一切、関知しない。

そういうことなのね。

全ては自己責任か・・・。

マネージメントオフィスも「決まったことをやるだけ」でしかなくて、「もしこのコンドで感染者が出たらどうするべきか」なんて考えていないような気がする。

「X-YY-ZZZのユニットから感染者は出ていないようです」で終わるんだろうねぇ。

これもまた、マレーシアあるあるか・・・。

実はですね、このコンドから感染者が初めて出た時も思ったんですよ。その人は入院したのか自宅隔離なのかもわからないわけだけれど、自宅に住んだままだとしたら「買い物」はどうするんだろうかって。本来なら「デリバリを頼むのも駄目」だと思うのだけれど、そういう決まりがあるのを聞いたことはない。

でもデリバリも駄目だとしたら・・・、どうするんだろうか。

「はい、わかりました」と返事をすればそれでオッケイ、みたいな気がしないでもない。そしてこの数日間、私達がそうであったように、車ででかけたり、ミニマートに行ったり、毎日のようにデリバリが来る、なんてのも問題にならないのかもね。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ