【陽性者と間違われた】件に関して

7月20日に「同じコンドからごっそり感染者が出た・・・ (┰_┰)」という日記を書きました。

何人か感染者が出た中で、「同じブロック」からは3例。

こりゃ大変だと思ったものの、その内の1例は我が家なのは間違いがなさそうです。

私達が住んでいるコンドは、「コンド住人の感染状況」を逐一「エレベータの中の張り紙」や「スマホのアプリ」で住民に伝えています。7月23日に「19日に貴方は感染したと連絡をくれましたよね?」というマネージメントオフィスからの電話がありましたが、私達はそれを否定したわけです。「感染したという連絡なんかしていませんよ」、と。

その直後の「エレベータの中に張り紙」や「スマホのアプリ」を見たところ、「7月19日に感染」がわかった人が「7月23日はネガティブとなった」と出ています。

まさにこれは、マネージメントオフィス私達とのやりとりと同じ日付。だからやっぱり私達のことだったのは間違いないと思う。

でもそんなことは私達は全く知らなかったわけで、普通に生活していましたし、コンドから車で出て買い物に行ったり、地下のミニショップにも何度か行っていたわけです。

当然、それを止められるなんてこともなければ、行くところ行くところ、「携帯でチェックイン」するわけですが(地下のミニショップも同じ)、携帯では「危険性はLess」といういつもの表示でした。

ただですね、おかしなことが一度だけありました。

我が家の野菜は、モントキアラやサウジャナで販売しているショップカー(Mr. Low)から買っています。でもショップカーには行ったことはなくて、いつもWhatsappで注文し、それを配達(ユニットまで)してもらい、お金のやり取りも配達時です。Mr.Lowの野菜は(結構高いと思うけれど)、物はスーパー(B.I.G.、ビレッジグローサー)より良いとヨメさんは喜んでいます。

ある日のこと、いつものように注文した野菜が配達されたのですが、セキュリティーからの電話の後、数分後に「ピンポーン」とドアチャイムがあり、ドアを開けてみると「そこに野菜が置いてあるだけ」だったんですよ。こういうことって、郵便でも通販の宅配でもほとんど経験がなくて、「手渡し」が普通。

ましてやお金を払っていないのに、野菜だけ置いていくなんてとても不思議。

ですから、Whatsappでショップカーに連絡を入れたんですよ。「お金を払っていませんが・・・」と。

すると配達した本人に確かめたのでしょう。こういう返事が来ました。

【ゲートを通る時、セキュリティガードに、部屋のドアの前に荷物は置いて帰るように】と言われたと。

へーー、不思議だなと思ったんですよ。そんなのは初めてですから。

でもハタと気がついた。もしかしたら「感染者へのデリバリはそういう決まりになっているんじゃないか」と。

多分、間違いがないと思う。

また、野菜の代金ですが、「配達時にはなかった野菜が今はあるので、それを配達しましょうか?代金の総額はその時にお支払いください」との連絡がWhasappにありました。(彼らはなんで「ドアの前に荷物は置いて帰れ」と言われたのかは考えていない様子)

で、また同じことが起きたら意味はないと、マネージメントオフィスに電話をし、もしゲートのガードマンに「感染した」と連絡を入れてあるのなら、それをすぐに訂正して欲しいとお願いしました。

そして数時間後、いつもの配達の女性が来て、足りなかった野菜を受け取り、代金もいつも通りに支払い、めでたし、めでたし。

このことで、「感染して自宅隔離の場合はどうなるのだろう」という疑問の答えはわかりました。

感染してもデリバリは普通に頼めるんですね。でもドアまでで、人と人の相対はない。

なるほどね~、そういう風になっているのかとは思ったものの、私達が車で外出したり、地下のミニショップに買い物に行くのはノーチェック。

感染者が出ると「きっちり消毒しました」なんてあちこちを消毒している写真がすぐに出ますが、それっと「ちゃんとやってます」というアピールだけなんだろうな、と思ったり。

しかし、7月19日にマネージメントオフィスに「感染しました」と電話を入れたのは一体誰で、今はどうなっているのか全くわからず。きっと本人は、「すでにマネージメントオフィスはわかっている」と思っているんでしょうねぇ。そして彼らは、私達がそうであったようにコンドの内外で自由に行動しているのかも知れない。デリバリも相対で。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ