日本の「給付金」など「コロナ対策費」が30兆円も余ってるって?

給付金なりコロナ対策の【原資は潤沢にある】と説明を受けてきました。

でも巷では「遅い」「申請方法がわからない」とか、そんな声が大きい。「病床が足りない」というのも【病床を増やすことが可能な資金も十分に用意した】と言われているのに、病床が大幅に増えたり、前線で頑張る医療従事者の待遇が良くなったなんてことも聞かない。

私達は「コロナと戦争をしている」わけで、そのための軍資金が十分にあっても、それがちゃんと使われていないなんて、こんな馬鹿な話があるんですかね。

予算が30兆円も使われずに【繰越】になっているらしい。(ただし【融資】も含む)

そこをあの高橋教授が暴露しています。あまりにも情けない日本の実情がある様子。

 

それともう一つ私ががっかりしていることがあります。

それは政府。一体、何をやっているのかと思いますよね。

そんな時に、あのガースーの精気もなくトロンとした目を見ると、まぁ腹が立つこと、腹が立つこと。

支持率も下がる。当たり前だと思います。

でもねぇ、うまく行かない鬱憤をガースーにぶつけて、「次の首相に期待する」ってそれもなんだかおかしいなぁと思うわけです。あの世界って、「全ての政治家は首相になりたいと思っている」と言っても良い世界で、チャンスがあれば「俺が、俺が」と出てくる世界。派閥も他の政党も同じで、チャンスさえあれば「俺にやらせろ」と出てくる。

私達はそれに乗せられちゃってよいのか?とも思うんですよ。

ガースーを引きずり落とせば済む話じゃない。これは今回の30兆円の話も同じじゃないですかね。

では次の総理は?となると、日テレの世論調査で出てくる人たちの名はこんな。

ふ~~~ん。日本の国民はこういう人たちに首相になってもらいたいんだ?

というか、じゃ、他に誰がいるの?ってことなんだろうと思うし、良い候補が胸の内にはいても、その人が総裁選に出てくるようなことは【構造的に絶対に無理】なのもわかるんですよね。

小選挙区制も含めて、官僚機構の問題も大きいと思うし、【日本の病巣はかなり深い】と思う私。

「日本の舵取りは有能な官僚に任せておけば良いんだよ」という時代もあったと思うんです。でもそれはもうとっくに通用しなくなったと私は思っていて、官僚こそが「日本の行く手を阻んでいる」様にさえ思っています。

今日のこの高橋教授の話からもそれを感じます。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ