新たな変異株「デルタクロン」(デルタ+オミクロン)はどんな特徴があるのか

早速、新たな変異株が発見された様子。

それもデルタ株とオミクロン株が結合した変異株だとのこと。

世界ではデルタ株に置き換わってオミクロン株が広がっていますが、その二つが「人体の中で出会って新たな変異株となった」らしい。

「この結合変異はデルタ誘電体に、オミクロン株と類似した遺伝子の特徴を持っている」

「まだデルタクロンの感染力、ワクチン回避力、致命率など具体的な特性は明らかになっていない」

まさかオミクロンの感染力とデルタの強毒性を兼ね揃えていたら恐ろしいことになりますね。

「今後デルタクロンがさらに伝染性が強いのか、またはデルタ株やオミクロン株に勝てるかを見守る予定」と話した。一方で「個人的な見解では、デルタクロンは伝染性の強いオミクロン株に代替されると考える」と見通した。デルタより感染力が2~3倍強いオミクロン株は全世界の所々でデルタを抜いて優勢株になっている。デルタとオミクロン株の結合変異もオミクロン株を凌駕できない可能性もある」と。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ