MM2Hで就労

MM2H保持者は週20時間の就労が可能であると聞いています。毎日4時間で週5日働ける。これって結構面白いと思ってました。

でも簡単じゃないみたいですね、この許可をもらうのは。私はMM2Hを持っていれば自動的にその就労権利を与えられるのかと思っていました。でも実際には当局に申請を出し、それが認められた場合に限るということになっている。

パートタイム就労‐マレーシア・マイセカンドホーム・プログラム   ←クリック

どんな感じなのか調べてみたら、かなり専門的な仕事、あるいはマレーシアが望んでいる仕事で無い限り難しいとジャランジャランに書いてありました。なんでもできるわけじゃないんですね。

ま、それはそれで納得なのですが、ジャランジャランを読んでいてびっくりしました。

こういう規則だというのを知っているのに、アルバイトをしている人がいるんですね。たとえば料理教室を有料で開いていたり。これって法律違反そのもので、将来的にややこしいことになる可能性があるということを考えないんですかね。

しかしジャランジャランもわけわからん人がいると思うのは、そういう不法就労者を密告しようという人もいれば、これは必要悪だ、構わないと言う人もいる。中には不法就労しているのはミャンマー人とか他国の人もいるんだからそういう人にも文句を言えと、問題のすり替えをする人もいる。

私としてはこれが同じ日本人かと思うほどびっくりしました。

密告するぞという人も随分暇だと思うけれど、法律違反は法律違反だということさえわからない人がいるなんて想像もしませんでした。コンビニへ行って10万盗んだら犯罪だけれど、ガムぐらいもってきても構わない的な発想をする人がいるんですね。またそういう人はビザとは何かって意識をまるで持っていないんだろうとも思いました。

まぁ違反するのは勝手ですが、ビザに関することって簡単に考えない方が良いと私は思うんですよ。どこの国でも不法就労は五月蝿いし、それが検挙されるかされないかは別にして、検挙される可能性は低くはないし、多くは強制送還になりますよねぇ。始末書で済む場合もあるのかもしれないけれど、始末書で済むならやっちまえって理屈も通らないでしょう。

料理教室ぐらいボランティアでやりゃぁいいじゃないですかね。実費を取れば良いだけのこと。まさかその収入をあてにしてる訳じゃあるまいに。中には有料でないと頼みづらいから有料で良いなんていう生徒さんもいた(笑)。お礼をしたいのなら違う形でお礼はどうにでもできるでしょうに。

しかしどうも日本語教室しかり、またMM2Hではなくて観光ビザで仕事をしている日本人も結構いるみたいですね。私はマレーシアのビザのことはよく知りませんが、何かの売り込みに来たり、会合、修理、クレーム処理等に来る場合には就労ビザでなくてもOKのはず。ただ、それの対価をマレーシアで受け取ると駄目なんでしょう。その辺のグレーゾーンとでも言うのでしょうか。給料は日本でもらい、しかし仕事のほとんどはマレーシアでという人も多いらしい。国外に出たり入ったりしてやり過ごしている。日系の大手企業もそんなことをやっていて、チクられて大量に国外追放になったこともあったと書いてありました。

ま、いろいろあるんだろうとは思いますが、退職者用のMM2Hなんだからあくまで退職者であって就労はしないという大前提で良いと思うんですがねぇ。仕事をしたいのなら正規にMM2Hでの就労を申請するなり、就労ビザを申請すれば良いだけのこと。もしも料理教室だとしても日本文化を広めるため、あるいはマレーシア料理の研究、文化交流とかいろいろ風呂敷を広げれば週20時間の就労許可がでるかもしれませんよね。私だったらダメ元でやってみます。

こういう事を簡単に考える人がいるのはきっとMM2Hが簡単に取れちゃうってこともあるんだろうと思いました。まぁ、MM2Hは長期観光ビザと同じだとしか私は考えていませんが、就労、そしてその為のビザを取るって本来大変なことなんですよね。誰でもどんな職業でもOKだなんて国はどこにもありゃしない。みんなそれを取るのに苦労してるし、国はなかなかそれを出さない。

ああ、簡単に就労ビザを出す国もあるか。日本がそうですね。500万円投資すればたとえ風俗でも投資ビザが取れちゃう。世界中で一番楽勝の投資ビザじゃないでしょうか。マレーシアの方が就労ビザを取るのははるかに難しいはず。

まぁ、世の中いろんな人がいるもんだとあらためて確認しました。

—————————-

世の中には星の数ほどブログがありますが、意外に皆さん心の中は書かないようで、一体何があったのかはわかっても何を考えているのか、何を感じているのかがわからなくて読み手としては気になることがあります。

本音という意味では2chがありますが、まぁ、あれは極端だとしてもジャランジャランのような無記名のところでは普段口には出さない、文字にしない本音の部分が見え隠れして面白いと思います。

ただ、近年思うのは、やっぱり日本人の心は廃れているなってこと。

貧すれば鈍するというのを感じるケースが結構多いです。例えばMM2Hを取った退職者の中でも、多少の違反行為は構わないとか、脱税行為もそうですが、見つからなければわからないなんてことを平気で発言する人がいるのはびっくりします。

情報発信で結構凄いなぁと思う人のブログがあるのですが、ある時、これは定かな情報じゃないので見つからないようにうまくやりましょう、なんて書いてあってぶったまげたことがあります。泥棒の情報交換と同じだと思いました。

私は日本人の特徴として曲がったことはしないという潔癖症的なところが良いと思っていまして、落としたサイフが戻ってくる世界的にも珍しい国、国民性というのを将来的にも大事にしたいと思うんです。日本には悪い外人も入り込んで随分変わってきたようですが、日本人も変わりつつあるのを感じています。貧しい国になってしまったんでしょうか。

人生のゲームって汚いことをしないから勝ちに意義があるのであって、インチキして勝って満足感があるんですかね。またインチキで勝つことを覚えた人はまたその手を使えば良いと思うから、ルールの中でどう勝つのかを考えなくなっちゃう。これじゃ良い事って無いと思うんですよ。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ