博多風豚足を作った

先日買ってきて圧力鍋で茹でた豚骨ですが、4つポーションがあった内、やっぱりその日の夜中に3つ食べてしまいました。酢味噌です。美味しかった~~。

で、残った一つをヨメさんが博多風に・・・。

冷蔵庫で冷えたままの状態で、オーブンで一気に焼きました。塩コショウしただけ。それをポン酢と和芥子で。

外はパリパリ、中はトロッて感じで、博多を思い出しました。やっぱりキャベツがあってこそで、かなり美味しかったです。

RX1R-05123

前回買ったのは二本だけで、それを半分に割ったわけですが、やっぱり豚足そのものが小さいのでしょう。しっかり食べた印象がありません。また小さいということは常に骨が邪魔に感じるわけで、次回は茹でた後、骨を外してみようと考えています。

今日、早速4本ぐらい買ってこようか・・・。

ああああ、肉骨茶にしてみましょうかね。

前回は買ってきた豚足を二度ばかし茹でこぼしをしてから圧力鍋へ。そこで30分圧を掛けたのですがこれは茹で過ぎだと感じました。豚足はトロトロでスープもしっかり出ていましたが、出過ぎとも言える。しかし豚足の茹で汁をどう使うかってのも引っ掛かるものがありますし、塩コショウだけでちょっとだけ茹で汁を飲んでみましたが美味しいとは思いませんでした。でもコラーゲンたっぷりのスープで、肉骨茶風に香辛料が多ければ美味しいかも。

圧力鍋は15分ぐらいにして、それを素材として肉骨茶を作って1時間ぐらい煮込むとか?

九州女のヨメさんは、「スープは取っておいてね」と言いますので、タッパに入れて冷蔵庫に入れておきましたが、何に使うんでしょうね。きっと豚骨ラーメンだ。(笑)

豚骨ラーメンもいろいろあって、ヨメさんの故郷である福岡の浮羽で食べたのが忘れられません。ヨメさんの幼なじみの家がやっていた店なんですが、店に入った瞬間、もの凄い「獣臭」。思わず、店を出たくなったぐらい。当然、豚骨ラーメンもその系統で・・・。ドロドロ系は好きなんですが、獣臭が強いのはね~~~。

今回の豚足のスープもその獣臭が若干するわけですが、ヨメさんはそれに郷愁を感じるのかもしれない・・。恐ろしいやつだ・・・・。

「豚足だけは作らないでね。作ったら私は家を出て行くから」なんて言っていたのは誰だ?

 
 
 

No tags for this post.