10MK、11MK、MK28、Seni、Kiaramas Danaiを見てきた

朝から夕方まで長期で借りるためのコンドを見てきました。

10 Mont Kiara
11 Mont Kiara
MK28
Kiaramas Danai

この4ヶ所はそのコンド自体にも初めて足を踏み入れたコンド。事前にフロアプランやレントの相場を調べていましたが、10MK、11MKは我々には「全く」合うコンドだとは思っていませんでした。でもモントキアラではトップクラスなので一応見てみませんか?ということで・・・・。

確かに噂通りのハイエンドなんでしょうが、なんか我々にはしっくりこないものを感じました。でも10MKは近くに工事現場はあるものの、雰囲気も良くて良いコンドだと思った。そしてついでにということでMK28も見てみた。ただ我々の欲しい広さのユニットは全部ハイウェイ向きで、五月蝿さには鈍感な我々でもちと厳しいかと。

良いと薦められていたKiaramas Danaiですが、まだ新しいしあちこちが綺麗。そしてこじんまりしているもののクオリティの高さを感じました。でも二棟のうち、広さや向きを考えますと、A棟の東サイド、それも28階以上でないと隣のコンドが目の前だったりでアウト。コンドのレイアウトを調べたら、「ここは良い」と思われるユニットは全部で4,5しかない。(笑)

それが賃貸市場に出ていて、なおかつリーズナブルな価格で、内装もそれなりのを探すなんて、まず無理でしょう。

これはどこのコンドも同じで、どの棟か、向き、階層によっては同じ広さ、同じレイアウトの部屋でも全く違うんですね。

当たり前といえば当たり前ですが、こういうコンド探しなんてまともにしたことのない我々はコンド探しの難しさを感じました。

そしてSeniですが、このコンドだけはAirbnbで泊まりましたし、SeniにあるHubba Hubbaというレストランも気に入っているし、通ったし、顔にもなっちゃいまして、非常に親近感を持っています。

でもSeniも棟によってはまるで違って、低階層ですとお互い向き合った部屋の中が丸見え。ですから自ずと高い棟の方で、背の低い棟より上の階層の方が良い。そしてその高さが十分にあるとKLCC方面の眺望が広がっていて、近くのハイウェイの騒音は背の低い棟が防音壁になっている(我々がAirbnbで泊まったユニットはこちら側)。

でもねえ、そんな都合の良い部屋がレント市場に出ているのか?って話。当然、内装や賃料が我々に合う物件じゃないと意味がないわけだし。

こういう探し方をしていると、同じコンドでも借りたい部屋って数室しか該当しないなんてこともわかってきて、満足する部屋に当たる確率なんてほぼゼロに近いんじゃないか、みたいな気がしてきます。

でもSeniのあるユニットは私に言わせると完璧でした。全く文句なし。こういうユニットを私は探していたと言いたいような物件。

ところがですねぇ。ヨメさんも長男も何か気に入らない様子。(T_T)

掃除をするのはヨメさんじゃないのに、広すぎると文句を言う。長男は長男で、無駄に広いだけで個別の部屋は広くないと言う。彼にしてみれば、自分は一番狭い部屋が割り当てられると思っているから、小さい部屋があると危険を感じる様子。(笑)

あんなところはそうそう無いと思うよ、なんて私が言ってもそれが彼らにはわからないのね。そういう良い部屋があったということは、他のコンドにもいろいろあるだろうと思ってしまう様子。

どうなることやら・・・。

でも今日わかったことは、巷の噂と実物は全く違うということ。でもどう違うかの詳しい話は割愛します。石が飛んで来るかもしれませんから。(笑)

ただ、感性の違い、相性っていうしかないんでしょうね~~~~。

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ