マナガツオ再び

マナガツオに似た魚が数種類市場には出ていて、その中の一つである色が黒っぽいのはBlack Pomfretでこの魚は「アジ科」の魚で形も身の色も違うのですぐわかる。

1 Black Pomfret Bawal Hitam / 黑昌
2 Chinese Pomfret Bawal Tambak (Bawal Chinaとも呼ばれる)/ 斗昌
3 Golden Pomfret Bawal Emas / 金昌
4 White Pomfret Bawal Putih / 白昌

昨日スーパーに行きました時にこれらがうまい具合に並んでおりまして、一番高いのがChinese Pomfretでキロ90リンギ以上。そしてGoldは60台。

隣に並んでいて、こうやって比べるとまるで形が違うのがわかりますね。

Chinese Pomfret Bawal Tambak (Bawal Chinaとも呼ばれる)/ 斗昌

Golden Pomfret Bawal Emas / 金昌

Chinese Pomfret(シナマナガツオ)は見た目が薄汚いのですぐわかりますが、その汚いもの(鱗)を取ると真っ白になるんですね。こうなるとWhiteと区別がつかないと思っていました。また読者の方から「その区別は慣れないと難しいを言われている」というのを教えてもらいました。

Goldはまさに色が黄色っぽいのですぐにわかりますが(形はWhiteとそっくり)、Chinese Pomfretとこれほど違うとは今まで気が付きませんでした。並べるとすぐわかりますね。背中の肉の付き方、目の大きさがまるで違う。

さぁて、これでもう間違えないでわかるようになったかな。それぞれ色の違い、形の違いがはっきりしてきましたね。

ところがね~、店によってはおかしいと疑いたくなるような標記をしているところもあるのね。そんなことはどうでもいいと思うかもしれませんが、それぞれ「価格がまるで違う」のですから、区別がつかないとうまくないんですね。

 
 
 

No tags for this post.