初めて「マレーシアの【TA-Q-BIN(宅急便)】を受け取った

日本のヤマト運輸がやっている「宅急便」ですが、マレーシアに進出しているのは聞いていました。でも受け取ったこともなければ荷物を出したこともない。

今回、マレーシア国内の「カメラ屋(Shashinki)」からいくつか小物を買ったのですが、それがTa-Q-Binで送られてきました。

何か普通と変わったことがあるのかというと、そんなこともなさそう。でも「次の日配達」だったのは間違いがない。

ただTa-Q-Binのサイトでトラッキングをすると、なんだか情報が少なくてすっきりしない感じがしないでもない。「日時」の欄には「日」しかなくて「時間」がないのが気になりました。その点、EMSとは全く違いますね。

どうせコンピュータで管理しているんだから、正確な時間も表示させれば良いのになぁ。って、だからといって何が変わるわけでもないんでしょうが。

トラッキングの表示はこんなかんじ。

なんとなく物足りない感じがします。

しかしマレーシア国内で通販を利用した時に、販売元は「送付しました」と言ってきても「いつ到着するのがわからない」場合が多く、今回は販売元が「発送しました。明日デリバリーされる予定」と書いていたのは、Ta-Q-Binならではのことかもしれませんね。

あとは「紛失」とか「扱いが悪い」とか、【そういうことはない】【あっても対応が良い】というアドバンテージがあれば良いなぁ。

Ta-Q-Bin、頑張れ!!!

 
 
 

No tags for this post.